2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/04/29 (Sat) 6話(10月7日19時 クロン)

酒場(夜)人物アリ800×600
6話(10月7日19時 クロン)




クロン立ち絵01

クロン
「・・・・・・・・・!!!!」



ガタン。






あれからまた数日。
私はず~~と研究をしていて。
シェクスピアは夜間は休憩と称して、私を酒場に誘う。
そんなゆるやかで。
そして、のんびりとした研究の日々を過ごしていた。



まあ、魔王が政治をさぼってもいいのか。
・・・というツッコミはやってきそうだが。

そこはアンリなど他の魔王秘書に任せて、政治を任せている。

実際問題。
私はそこまで政治には関与していなくて。
他の魔王秘書がどうにかしてくれている。
なので、魔王は特別に困った事案が出てこない限りは。
あまり政治に関与することはないのだ。
国防にも。









・・・それはともかく不意に。
嫌な予感が走った。
いや、予感ではない。確定事項に近い。



シェクスピア立ち絵01


シェクスピア
「・・・ん?どったの?」


シェクスピアは。
・・・・全く気付いていない

それはそうだろう。
彼女は予知も予言もできない。
その点に関しては普通の女性と変わりない。






客が動揺している。
私が急に立ち上がったのだ。















酒場(夜)人物アリ800×600


クロン
「勘定。」



予感が当たったとして。
私の場所を知っている人がどれだけいるか。
ここにいるシェクスピアしかいないだろう。
他の愛人であるルネもこの店にいることを知らないだろう。





だったら、戻るしかない。





シェクスピア
「どったの?」


クロン
「研究所が面白いことになっている。たぶんな。」























シェクスピア
「・・・・・・・へ。」




面白いこと。
それは愉快なことではないだろう。
私の言う愉快なことは楽しいことではないのは間違いない。





私の予感が正しければ。
・・・・研究所に何か起こっている。
























シェクスピア
「根拠は?」


クロン
「一応な。リース・ガザルベルクの研究を
 私がやっているということもあってな。

 静かに研究をしたいというのもあったから結界を張ってあった。
 それに歪みが生じている。

 結界の魔法をかけたのは私だ。
 だから、その結界にほころびが生じたら分かるようになっている。」











シェクスピア
「研究員がお遊びでやったとか。」


クロン
「それなら有望な魔法使いとして私がスカウトするとしよう。」



シェクスピア
「思ったよりヤバい?」



クロン
「たぶんな。」



シェクスピアの言う通り。
私の結界を壊すぐらいの魔法使いがいるならスカウトするだけの話だ。
まあ、それに応じるかどうかはともかくとして。



他国のスパイがやってきた~~~。
・・・というのもあまり考えられない。

ここは天下のフェルト国家。
西の大国である。あまり他国のスパイがここまでやってくるとは思えない。


フェルト国家が茶々を入れてきているとは思えない。
フェルト国家との同盟関係は良好だし。
それに隣にその国王の娘であるシェクスピアもいる。
わざわざそれをぶっ壊したりする勢力が・・・・
いないわけではない。


現在の国王に反対する勢力が攻めてきた。
・・・なんてことも想像できないわけではないが。


それ以外に考えられることがある。





・・・・。







・・・・・・・・・・・。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。








考えるより行くか。





スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<7話(10月7日19時 クロン) | TOP | 2章「強襲」その1>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2952-575f3f66

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード