2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2017/04/29 (Sat) 9話(10月7日19時 クロン)

シェクスピアイラスト
9話(10月7日19時 クロン)






「桜が舞い散るように。
 血しぶきが舞い踊れ。
 その血しぶきによって、この銃器は成り立つ。
 舞い踊れ。血の飛沫を。
 そして、血の宴をこの銃の名前のもとに魅せよ。」




標準を合わせる。


1匹・・・・2匹・・・・3匹・・・・・。



フウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!





標準十分。
威力分散十分。




クロン
「いいぞ。やれ!!」




10_20170410210719244.jpg



ドギュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!






吹き荒れる閃光。
光の矢が渦のように舞って降り注ぐように殺戮兵器へ向かっていく。






ドドドドドドドドドドドドド!!!!!!








ガザルベルクの殺戮兵器。
ワッスプ級。


それに光の矢が突き刺さる。
突き刺さった瞬間、血しぶきのように舞い散る。





赤色のワッスプ級。
やはり血のように舞うのは必定か・・・・・。







たった一発。
ブライシュ・エーカシャの一発で20匹の殺戮兵器に突き刺さる。



シェクスピア立ち絵02



シェクスピア
「・・・・・すご。

 この一発でこれだけ叩けるなんて。
 すごい精密兵器にもなるのね・・・。」





もとより。
シェクスピアが本来の戦闘訓練があれば。
私が標準を合わせるまでもなくても、この技はできるのだが。



まあ、シェクスピアは王様の娘だし。
そして、外交官でもある。

戦闘訓練は護身でしかない。
そのシェクスピアに求めても仕方ないし。
そのフォローを私がすればいいことだ。









クロン
「この調子でやるぞ。」


シェクスピア
「OK。ストレス発散には良さそう。
 私はありったけの魔力を込めればいいんだから!!」




・・・・標準を合わせるなんていう。
面倒くさいことは私がやるんだがな。




スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<10話(10月7日22時 クロン) | TOP | 8話(10月7日19時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2955-61b4998f

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード