2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2017/04/29 (Sat) 10話(10月7日22時 クロン)

職場(夜)人物ナシ800×600
10話(10月7日22時 クロン)





カチン。



フーーーーーーーーーーーーー。






クロン立ち絵02



煙草を吸う。
一息つくぐらいの状況にはなった。

一息であって。。。
それ以上休まることはできない状況であるのは変わりない。





その後。
シェクスピアはありったけの魔力をつぎ込んで撃ちまくり。
私は標準を合わせる。

その作業的なことを続けるうちに。



ガザルベルクの殺戮兵器は姿を消した。





所長
「た・・・助かった。
 いや、命が惜しいわけじゃないがの。。。


 流石に怪物に殺されるのは勘弁じゃからな。」



クロン
「戦いはまだだ。
 所長。貴重な資料・・・・いややっぱりやめた。」




考えなければならないことは山積みなのだが。
それはそれとして。





所長に命令することもあるのだが。



貴重な資料。
それを保管してくれ・・・といったところで。
ガザルベルクの遺産を理解していない所長がどれが貴重な資料で
どれが貴重な資料でないかなど判別がつくわけがなく。

これを判別できるとしたら、私しかいないわけであり。


結局のところ。
言うことは決まっていた。






クロン
「所長は私の張った結界の補修をしてくれ。
 補修ぐらいなら時間をかければできるはずだ。」



所長
「ふうむ。若いモノと一緒にやろう。」

クロン
「何人いる?」


所長
「若いのが二人死んだ。その処理もしないといけないのお。
 補修に入れるのはワシを含めて3人ぐらいじゃろう。」





私の張った結界の補修ぐらいだろう。
あの結界を張っていれば、1時間は耐久できるだろう。


ガザルベルクの殺戮兵器がまた襲来したとしても。
それだけの時間があれば、また私も援助に来れる。


私が駆けつけるのも遅れたからな。。。。
不毛に若い奴の命を亡くしてしまったな。。。。



まあ。
私が来なかったらもっと死んでいたと思うが。。。
前途がある若者が亡くなるのを見るのも嫌だな・・・・。





職場(夜)人物ナシ800×600



クロン
「シェクスピアは外に出るぞ。
 外にもまだガザルベルクの殺戮兵器がいる。


 ・・・・退治するぞ。」



シェクスピア
「へ!!私、魔力使い切ったわよ!!」



・・・・馬鹿なんだろうか。
馬鹿なのか。



そうだったそうだった。
シェクスピアはバカだった。
それを失念しているとは魔王もまだまだ未熟ということか。





まあいい。
後はガザルベルクの殺戮兵器がやってくる方向は決まってくる。

結界の穴の開いたところにシェクスピアがショットガンをぶち込めばいい
それ自体は単純だから問題ないか。




クロン
「じゃあ、外に出るのはいいから。
 結界の穴から襲い掛かってくる怪物がいたら、
 ショットガンでぶちかましてくれ。」



シェクスピア
「ハ~~~~イ。」





・・・・さて。
外に出て戦うとするか。






シェクスピア
「珍しいわね。」


クロン
「何が?」



シェクスピア
「クロンが世の為、人のために戦っているのが。」










クロンイラスト03



クロン
「人を滅ぼすのは人でなければならない。
 怪物でも神様であってはならない。

 ましてや、死んだ奴の。
 ガザルベルクの殺戮兵器などに滅ぼされるなどあってはならないのだ。


 そして。
 人類はそんな危機だって乗り越えられる。
 可能性ある生命体であることを証明したいだけさ。」





カチン。


フーーーーーーーーーー。




ガザルベルクの殺戮兵器はすべて破壊する。
全てを破滅し尽す。




そして、人類は可能性のある生き物だと証明させたい。



それは私の。
魔王クロン・ウェスターノの唯一の役目であり、生き様だ。




スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(14) |


<<2章「強襲」その2 | TOP | 9話(10月7日19時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

ただの一発で20匹も退治できる
威力もさることながら恐ろしい武器ですね
しかし、肝心の装備してる人が(笑)
これをもし一人で使っていたらと思うと・・・被害はもっと出ていた
可能性もなきにしもあらずなのが恐ろしい><

のんきな反応のかわいさと魔力の高さとのギャップが
また魅力ですね♪

2017/04/29 07:01 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

モンスターが あらわれた!!

攻撃力の超強化された蜂……
ただでさえ小さくて素早いのでこちらの攻撃が当たりにくいでしょうに。おまけに数もたくさんで、こちらは建物や味方への被害も計算に入れなくてはならないとなると……

めんどくさい相手ですね!! 大火力の全体攻撃ぶっぱなしまくって一掃したいところです。

クロンさんにツッコまれまくるシェクスピアが可愛かったです。
しかしこの攻撃を仕掛けたのはやっぱり……でしょうね。対決が待たれます。

2017/04/29 16:44 | 椿 [ 編集 ]


いよいよですね。 

リースさんの負の遺産
殺戮兵器がいよいよ襲ってきましたね。
まずは、拙攻の蜂さんですか?
雑魚モンスターっぽいのに、もう犠牲者が…
さすがは、リースさんの生物兵器
なんて恐ろしい。
でももっと恐ろしいのは、
すごい魔力と、すごい武器を
訓練もせずに、振り回す
シェクスピアさんのほうだったりして。
どっちも怖いですねー。

2017/04/29 18:14 | TYPE MM04 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

この辺が妙というところですね。
シェクスピアは魔力は高いですし、強い武器は装備しているのですが。
軍人ではないので、技量はないのですよね。
精密射撃はできないので、それを魔王がサポートしている。
・・・ってところですね。

分散射撃すると20匹ぐらいは倒せますから。
シェクスピアと魔王の合体攻撃!!
って感じですね。
呑気と強さが織り交じった攻撃です。


毎度マッハなコメント本当に感謝です。
ありがとうございます!!
(*''ω''*)

2017/04/29 21:18 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

まあ、この辺が物量攻撃の大変さですよね。
小さくて厄介。
そして、攻撃性が高い。
大火力攻撃してもいいけど、建物をぶっ壊すことになるので。
それも難しい。
大量侵攻の厄介さですね。


まあ、まだ序盤なので。
コメディもありつつ、シリアスもある。。。
・・・という感じです。
今回の犯人はまた分かるので、よろしくです。
まあ、予想つきますが。。。

毎度安定感あるコメントありがとうございます。
非常に助かってます。
(゜_゜>)

2017/04/29 21:27 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

負の遺産。。。
まあ、リース・ガザルベルクの存在自体が負なので。
全てが負の遺産になっちゃうのですが。
数で圧倒するのは怖いですよね。
蜂に大量で攻め込まれるとこまる。。。
・・ということを思いついたので、
それを採用してみました。

シェクスピアはああいう人間なので仕方ないです。
軍人ではないですからね。貴族ですからね。
とりあえず、不審者を殺せればいいという装備をしています。
シェクスピアが戦闘用になるのは無理ですからね。

毎度、早目のコメント感謝しております。
助かっております。
( ^^) _U~~

2017/04/29 21:36 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。魔鎌を構えるクロンさんはやはり絵になります…!
ショットガンで戦うシェイクスピアもかっこよかったです!
こういう女性憧れますね~。お互いの長所を活かした二人の
共闘しびれました~!!「人類は可能性のある生き物だと
証明させたい」という信念で戦い続けるクロンさんを
これからも見守っていきますね。

そして緊迫した状況の中、「ナタデココ?」発言や
スパコーーーーーーーン!!!!なやり取り
「シェクスピアはバカだった。」には思わず笑っちゃいました♪

先日は同期の結婚式記事にコメント&労いのお言葉ありがとでした☆
昔は年に1回くらいのペースでご活躍されてたのですね。
当日スピーチはもうドッキドキですね…!!(汗)

それから才条様は他のブログでもご活躍なのですね~ファンと
しては気になる情報です(笑)プリキュアのSS、いつか何かの機会に
明るみになれば良いなぁ…とまったりお祈りしています!
では読んでくださり、ありがとでした☆

2017/04/30 17:57 | 風月時雨 [ 編集 ]


こんばんは^^ 

遂に来ましたね、殺戮兵器!
今回は最弱の『蜂』級兵器による大量強行という事で、軍隊で言うところの『威力偵察』ですね@@
それにしても、シェクスピアが魔力を貯めて、クロンが照準という合わせ技は、面白いですね^^

2017/04/30 19:54 | 大久保直人伍長@三式中戦車『チヌ改』戦車長 [ 編集 ]


 

おお、研究所に殺戮兵器が……。
今回は蜂の形をした兵器でしたが、
他の殺戮兵器と比べて一匹一匹は対処が容易でも、
ここまで数が多いと大変ですよね(><)
それにしても、何故このタイミングで、
出て来たのか気になるところですね。
誰かの意図がありそうですが、
一先ずは、研究所の防衛と外にいる兵器の殲滅が急務ですね(`・ω・´;)

2017/04/30 20:51 | ツバサ [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

とりあえず、戦っているキャラクターが魔王とシェクスピアなので。
そして、敵が弱いということもあって。
コミカルかつシリアスになることになってます。
まあ、この辺は序盤だからあるというのもあり、
後半になるとシリアスにもなっていくと思います。

まあ、私の小説は様々なところでありますので。
探してみると良いかもしれないです。
基本的に2次小説は他のブログで書いています。
ここで書くのは自作小説のみですね。

2017/04/30 21:22 | LandM [ 編集 ]


大久保直人伍長@三式中戦車『チヌ改』戦車長 様へ 

お、流石ですね。
冷静に分析してらっしゃる。
そうなんですよね。
蜂型は単なる威力偵察。
そこまで戦力ではないです。
戦力というよりかは、偵察や牽制が強いですね。

流石の分析力のコメント。
ありがとうございます!!
( ^^) _U~~

2017/04/30 21:25 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

今回の蜂は威力偵察。
いわゆる、偵察型でもあります。
攻撃ということよりかは。
質というよりかは。
物量で攻める。
・・・ことがモットーになっておりますね。

このタイミングで出た理由は・・・。
まあ、そのうち分かります。

今は理由よりも敵を倒すことが寛容ですね。
原因追及は後でできますからね。


毎度安定感あるコメントありがとうございます。
助かっております。
(*ノωノ)

2017/04/30 21:36 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは(*'ω')

遂に敵が攻めてきたんですね~
犠牲者が出てしまったのは残念ですが、
無事に撃退できたようで何よりです。
文章からも戦闘の臨場感を感じるのはさすがです。

今更ですが主人公は魔王なんですね((((;゚Д゚))))

2017/05/03 01:12 | らす [ 編集 ]


らす 様へ 

まあ、誰が主人公でもいいですけどね。
らすさんも誰が主人公としておいても良いですよ。
魔王が主人公って決まっているわけではないので。
出番的には魔王が多いですけど。
場面場面で変わるので。

文字だけでは臨場感が与えられるほど上手くないですけどね。
多分絵も重なって・・・だと思いますので。
戦闘を文章で伝えられたら、絵に頼ってないのですが。。。


毎度、コメントありがとうございます。
そちらのドラクエやプラモを楽しみにしております。
(*ノωノ)

2017/05/03 23:16 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2956-b2fccaec

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード