2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2017/05/06 (Sat) 11話(10月8日0時 クロン)

ハチモンスター効果線あり
11話(10月8日0時 クロン)





市民
「キャアアアアアアアアア!!!!」







クロンイラスト01


カチン。



バアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!




私の魔鎌アモンファスがさく裂する。
そして、ガザルベルクの殺戮兵器は破裂する。



ふう。
昔取った杵柄。
・・・とでも言えばいいのか。
使い勝手は慣れているが。
そもそもこの武器はこんな小さい敵を倒すためのものでないからな。
エネルギー係数が違い過ぎる。



この町をそのまま吹き飛ばすエネルギー係数がある。
それをワッスプ級を倒すことに使っている。

結構無駄使いも甚だしい。




ま、全体効果系の攻撃をしている。
複数のあの蜂型モンスターを標準に入れて。
そして、魔鎌アモンファスのエネルギーをぶつけている。
ワッスプ級の敵は防御力が低いから、私のこの攻撃だけで完全消滅する。


完全に魔力頼みの攻撃であるのは間違いないのだが。
まあ、使い方は誤っていない。





ガザルベルクの殺戮兵器。
特にワッスプ級には効果的だ。


この階級の殺戮兵器は防御力が低い。
そして当たってしまえば、内部爆発をする。



要するに一発当てるだけで破壊することができる。
















この階級の敵にはうってつけの武器ではない。
人を撃ち殺す時にも有効なのは実証できたが。




もっとも。
ガザルベルクの殺戮兵器はこの階級だけではない。
そのことはガザルベルクの遺産の資料を見れば分かるし。
ワッスプ級は数だけで攻めてくるいわゆる雑魚だ。
もっと階級の高い兵器が攻め込まれてくることを念頭に置いているのが魔鎌アモンファスだ。




このアモンファスも随分とガタがきているからな。
メンテナンスなんて10年ぐらいはしていない。

改良をしつつ、現在の戦いに則したチューニングをしておいた方がよさそうだ。





セントラル(夜)人物ナシ800600




クロン
「建物の中に逃げろ。この辺りも危険だ。」

市民
「は、、、はい!!ありがとうございます。」




しかし、外に出た怪物も見境なしだな。
・・・いや、見境はあるか・・・・。


建築物の破壊は極めて少ない。。。
最小限にとどめている。
そして、犬やペットは殺されていない。
それよりもヒトという生命体をピンポイントに攻めていることが分かる。。。



ひょっとして、この怪物。。。。
ヒトという知的生命体のみを狙っているのか?
破壊全般ではなくて、ヒトの生命体のみを狙って。




・・・・・。






・・・・・・・・・。







・・・・・・・・・・・・・・・。









そういえば。
ガザルベルクの資料の中で。
このような殺戮兵器が登場した話があった。
その時は知的生命体を殺戮することを本能に埋め込まれてある。
・・・という推測があった文献があったことを思い出した。




建築物を壊すことも。
ペットなどの獣を殺すことも。
それら他のことにも全く興味関心を示さず。

ただただ知的生命体を殺戮するという本能のみに従って動いているということか?






リースイラスト




クロン
「ガザルベルクも厄介な兵器を開発してくれたな。」



全体効果系の魔法を使ってもいいのだが。
それだと街ごと吹っ飛ばしてしまう。
そして、市民も吹っ飛ばしてしまう。

そんなことできるわけもない。




物量で街に攻め込まれると・・・。
これは厄介だな。。。





こうやって地道に索敵しながら、敵を発見、破壊していくしかないか。






スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<12話(10月8日0時 クロン) | TOP | 2章「強襲」その2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2958-dee04000

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード