2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/05/06 (Sat) 15話(10月8日0時 クロン)

セントラル(夜)人物ナシ800600
15話(10月8日0時 クロン)






フェルト国家軍人
「敵は粉砕した模様です」


クロン
「あいわかった。おって、フェルト国王から名誉が轟くことでしょう。」



・・・多分。
の話であるのだが。


まあ、そんな話をしても仕方ない。
フェルト国王が彼らに恩賞が与えられるかどうか。
それは国王次第なので知らない。




魔王秘書として。
魔王として。
他国の恩賞云々は知ったことではないので。
その辺は任せるが。





クロン立ち絵02



クロン
「相手は本能で人を殺戮する兵器だ。
 十分にいないことを確認した上で撤収してくれ・・・と魔王のお達しだ。」


フェルト国家軍人
「ハ!!」




まあ、これで大丈夫か。
あるいは大丈夫でないのか。

それはフェルト国家の問題であって。
魔王の問題でないのでいいか。




・・・・ということで済ませていいか。
問題はあるのだが。


その辺まで追求できないのが魔王だ。
というか、他国が干渉することではないからな。
する気もない。






まあ、それはともかく。
後はフェルト国家の問題だな。






あと残った数といってもたかが知れているだろうし。
それで壊滅されることもない。






・・・・さて。
後は研究所に戻って考え直してみるか。
思案のしどころだな。。。。
スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(16) |


<<2章「強襲」その3 | TOP | 14話(10月8日0時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

きっと力自体はそれほど強くない分
たとえ体をバラバラにしても、絶えず知的生命体を
殺そうと数で物量で攻めてくるんでしょうね

コレだと今回のように動けなくしてから
一気に攻めたりしないと大変な重労働ですよね
ただ、全体効果をかなりのレベルで使えるものが
世界でも限られているから生命体にとってはやはり
弱くても脅威ですね

2017/05/06 07:56 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


おおっ 

コレは、読みごたえ有りました。
緊迫の戦闘シーン緊張しちゃいました。
物量作戦でくる敵なかなか手強いですねー。
一般兵でもギリ倒せる強さがまた…
それにしても魔王様カッコいいー。
完全にスーパーヒーロー。
そうか魔法使いの王様。
MMは、なんか悪いイメージしかなったけど
魔王様ってそゆコトだったのですね。

2017/05/06 09:19 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

ぷちっとご無沙汰してます。
「強襲」一気に読めたことで、爽快感半端ない。スッキリ♪

知的生命のみを抹殺しようとする兵器とか、凄いですね。何か人類だけを滅亡させようというリース・ガザルベルクの執念をここに見た気がします。
しかし、ここは魔王の魔王たる所以。
凍らせて粉砕する!とか、成程あっぱれ^^
確かにそれが一番楽そうですね。
粉砕するのは別の者でも良いわけだしね。
魔王らしい^^

しかし、ここは第一陣を倒したにすぎませんよね。
続く第2陣が攻めて来るまで、どれくらいの猶予が残されているのか?
魔王様、大忙し(笑)

そして息子君、飲み込み早いようだし、近い内シンゲツに鍛えられて、良い戦力なりそうですね。
親子の再会はあるのか?
もしあっても、何か感動的な親子の対面とか全然無さそうで魔王至って普通のイメージがあるんだけど、そこの所如何なんだろうか?と、プチッと妄想中。

シンゲツは、今まで色々あった彼ですが、最後の最後で宗旨替えして魔王に協力してくれないかな~と考えてるんだけどなぁ。
ただ息子君に出会ったことで彼の中の何かに変化が起きた事も事実。彼を助けたりはしないんだろうか?
シンゲツ、かなりその行動がこの先、気になるキャラの一人です。

魔王が今後どうやって解決に導いていくのか。
彼を……、息子を取り巻く人間模様が凄く気になっている所です。

2017/05/06 14:15 | 涼音 [ 編集 ]


 

こんばんは。
クロンさんカッコいい(^O^)
そして知らないところで勝手に有名にされていくアンリさん哀れ(笑)

しかしこれが序の口とは、これからが思いやられますね。
次にはどんな敵が放たれるのかと思うと恐ろしいです(^-^;

2017/05/06 19:33 | 椿 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

まさに物量作戦。
そして、本能で知的生命体のみを殺す。
・・・その生態が厄介なんですよね。
これぞ兵器ってわけです。

今回のように物量で攻められると、
全体効果の攻撃が求められる。
弱くても厄介なんですよね。
数に勝るものもないってことですね。

毎度マッハなコメントありがとうございます!!
(*´ω`)

2017/05/06 19:40 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

お、読み応えがあったみたいで何よりです。
やはり今回の小説の花形はバトルですからね。
そこを演出したいなあ~~というのはあったので。
まあ、それでもなかなか小説で戦闘を表すのは難しい・・・ということですけど。

魔王がカッコイイ!!
・・・・良いことですね。
うん。ヒーローです。
彼には別方面でカッコよさを見せてほしいのですが。
個人的に。
まあ、こういうヒーローも良いですね。
魔王というのは魔法の王様で魔王です。
今回の魔王では、という話ですが。

毎度、お褒め頂きまこと感謝です。
コメントありがとうございます!!
(ノД`)・゜・。

2017/05/06 19:47 | LandM [ 編集 ]


涼音 様へ 

まあ、涼音さんは忙しいですからね。
さらっとまとめて読んでくだされば大丈夫ですよ。
涼音さんのように古参の方からコメント頂くのは非常に
嬉しいですからね。

確かにここで読み終わると爽快ですね。
敵が現れて魔王が倒す!!
物量作戦をまとめて、凍らせて、一般兵士に倒させる。
まさに魔王の戦い方ですね。


いやあ、あの魔王が子どもに対して愛情もっているわけないじゃないですか(笑)。
そこら辺はドライですよ。たぶん。


シンゲツに関しては流石というか涼音さんらしい感想ですよね。
私にはまったくその発想がなかったので、「なるほど」
・・・と思ってしまった。

人間関係色々大変ですが、解決していってほしいですね。
(すげえ他人事だな。。。)


最初に述べたとおり、涼音さんからのコメントはとてもうれしいです。
誠感謝です!!
(ノД`)・゜・。

2017/05/06 19:55 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

まあ、アンリはあんな役割なので。
別にいいです。いや、良くないのだろうけど(笑)。

そうですね。
ワップス級。。。ハチ型はまだ序の口ですね。
大型の怪物がいますからね。

毎度安定したコメントありがとうございます。
非常に助かっております。
(*´ω`)

2017/05/06 20:20 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。今回のクロンさん、魔王の嗜みの氷の魔法・
永久粉凍砕土、美しかっこよかったです!!回想の中で
「魔王たるもの誰にも正体を知られたらいけないのです!!」…と
魔王美学を語るミルフィーユさんに和みましたね。
そして礼儀正しいポーズ、上品な燕尾服、眼鏡…The☆執事!な感じの
容姿の秘書なアンリさん、めちゃくちゃかっこよくて好みです(笑)

昨日&本日はコメントありがとでした☆好きな作品のフィギュアは…
高い物は諦めますが安い物はついつい買っちゃいます(笑)
保管場所も困りますよね~私は増えたら姉の部屋に置いてます(笑)
サインもイラストも持っているので大切にしたいです!

そしてこちらの小説はまさに大合作!…だと思います!
このような合作は時期的な事を合わせたりも大変だと思いますし
しっかりスケジュール管理されていてすごいなぁと改めて感じます。
キャラの誕生日は…私は一部は一応何月くらい~というのはあるのですが、
ほとんど決めてないです(汗)ややこしいことになるからですか~
私は単純に面倒だからです(苦笑)季節ごとの挨拶イラスト!
暑中見舞いや元旦挨拶素敵ですね♪ 暑中見舞いは…最近ほとんど
書いてないですね~小学生くらいの時は担任宛に書いていた気がします…!
では読んでくださり、ありがとでした☆

2017/05/06 22:05 | 風月時雨 [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

意外に・・・というか。
見せ場だからというか。
魔王の魔法のところはやはり人気が高いですね。
あまり自分では意識してなかったのですが。
魔王が自分の姿のさらさないのは性格上もありますけど、
ミルミルの意向も強いです。
この辺は魔王美学みたいなのが働いています。
アンリはたしかに女性に人気高いですよね。
設計自体が女性がしたものですからね。
その辺はあるのかもしれませんね。


このグッゲンハイムは確かに合作ですね。
何人絡んでいるんだろう。。。
って話ですね。
まあ、それはともかく。
元旦挨拶や暑中見舞いはまた描いてほしいですね~~。
・・・まあ、それもどっかで依頼かけたいな。。。


毎度細かいところや女性視点のコメントありがとうございます!!
(*´ω`)

2017/05/07 20:22 | LandM [ 編集 ]


 

防御力が低いとはいえ、
一般兵士と互角というのは、
なかなかに相手にしにくい敵ですね。
一般兵士が戦うとしても一方的に倒す事が出来ないので、
ちゃんと木端微塵にしておかないと、
逆に自分がやられかねないですしね(><)
取り敢えず、凍らせた事でひと段落ですね。

2017/05/07 20:58 | ツバサ [ 編集 ]


こんにちは^^ 

魔鎌の力に比べれば、蜂級などは取るに足らない・・・
とは言え、敵は数で押してくるので、手加減してやる道理も無いですね^^
でもだからと言って、本気を出すと町全体が吹っ飛ぶのが、却って扱いにくい敵ですね^^;
こんな蜂級の兵器ですが、能力的には一般兵士と互角というところが、まだまだ油断できない兵器ではあります^^;

2017/05/08 16:36 | 大久保直人伍長@三式中戦車『チヌ改』戦車長 [ 編集 ]


ツバサ様へ 

なかなか厄介というわけですね。
一般兵士と同等のレベルですからね。
これが物量で現れると厄介なのが良く分かります
それに木端微塵にしないといけないというのもネックですね。
まあ、この辺は魔王や勇者クラスなどがいないとなかなか楽には勝たせてくれない。
戦いの厳しさがありますね。

毎度安定したコメントありがとうございます。
旅行お疲れ様でした。
(*´ω`)

2017/05/08 22:16 | LandM [ 編集 ]


大久保直人伍長@三式中戦車『チヌ改』戦車長様へ 

魔鎌の力を全開にすれば一瞬で決着はつくのですが。
それだと街が吹き飛ぶので(笑)。
エネルギー係数が滅茶苦茶に高いので。
それを分散する技量が必要ということですね。
まあ、こういう戦い方は勇者ではできないです。
魔王ならでわの戦いですね。
勇者だちブチ切れます。

毎度着眼点の良いコメントをありがとうございます!!
(ノД`)・゜・。

2017/05/08 22:21 | LandM [ 編集 ]


 

クロンだけならず、ミルフィールの美学にまで巻き込まれていくアンリをみて、思わず「かわいそうに」と呟いてしまいました……(笑)

しかし、魔王なのに真面目に正義の味方のようになっていますね。これもある種、妻であるミルフィールの影響もあるのでしょうか。

しかし、生存本能よりも知的生命体殲滅の理性を優先するあたり、流石兵器ですね。人間には感情があるから、それゆえ本能としてできないことですよね……
理解が及ばないから恐ろしい……
ワップス級は数で攻めてきますし、感情の存在しないネットワークで以て効率最優先に国を超えて広範囲へ配置されたら、真面目に状況がまずそうです。

やっぱり戦闘がかっこよくて痺れました。
まだ牽制段階であればこのさきはもっと強い敵が出るでしょうし、この先も楽しみにしております。

2017/05/09 16:07 | 有里 馨 [ 編集 ]


有里 馨 様へ 

そうですね。
アンリはかなり振り回されっぱなしですね。
仕様なので仕方ありません。

魔王が真面目なのは仕様?・・・というか意欲の問題です。
敵がいれば一途に倒す。
その信念は潔しです。
まあ、一応主人公なので。

ガザルベルクの殺戮兵器の厄介ですよね。
本能で人類を駆逐する。
それを考えると、ものすごい兵器設定ですね。
自分でつくっておいてアレですが。

戦闘が気に入ってくれて何よりです。
個人的にはあまり上手ではない・・・と思っているのですが。。。

いつもコメントありがとうございます。
毎度手伝っていただいて何よりです。
(ノД`)・゜・。

2017/05/09 22:40 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2962-3037f989

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード