2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/05/13 (Sat) 20話(10月8日4時 ホープ)

仕事絵空(夜)
20話(10月8日4時 ホープ)







警察
「あ~~~これもいいや。うん。
 捜査は終わりかな。

 もともと無法者だったからねえ。
 ・・・彼を殺したいという人は多かっただろうね。」




・・・・と。
辻斬りの捜査は呆気なく終わる。

もともと無法者。
あるいは犯罪人であるために、まともな捜査はしない。
それがありありと見えていた。






警察
「もともと辻斬りは犯罪者以外は殺さないんだよなあ。。。
 だから、まともに警察も捜査しないし。。。

 いや、こんなのお嬢ちゃんに話すことじゃないね。」



坊主なのですが。
・・・ということはともかくとして。




シンゲツさんの言った通り。
辻斬りの被害者は全て、犯罪者か無法者。
俗にいえば、ヤクザな連中が多いということになっている。
そのため、どこかの抗争の延長線上で彼らが殺されているのではないか。。。


・・・というのが警察の見方である。





その関係上もあってか。
あまり警察も深くは関与しないようにしているらしい。
うかつに警察もアンダーグラウンドの捜査はしたくないように見える。



セントラル(夜)人物ナシ800600


ホープ
「これ以上捜査しないんですか?」


警察
「そりゃ、カタギ・・・もとい、一般人に被害が及べば真面目に捜査するけどねえ。
 彼らはお天道様を浴びて生きていけない。

 薬物の売買。
 禁止武器の物流。
 売春・・・数え上げたらキリがないぐらいの犯罪行為をやっている連中だ。


 なんらかのトラブルの延長線上で辻斬りに遭遇している・・・。
 ・・・というのが警察の見方だ。


 これ以上、捜査すると警察も危ないんだよ。」





・・・確かに被害者は殺されても仕方ないぐらいの人ばかり。。。
それを考えると、被害にあっても仕方ないトラブルもあるだろう。。。


だが、それでも同じ命なのだ。。。
・・・ということはあまり言えたセリフではない。
少なくとも、私がここで警察に説得したところで、警察が捜査するとは思えない。


そして、私単独で警察の捜査能力を超えることはできない。。。
よって、私一人では辻斬りを逮捕することはできない。。。



・・・という結論になるのだが。










一人。
このような見事な殺人をできる人は知っているが。
それだけで、シンゲツさんを犯人にするのも変な話である。

状況証拠だけでは逮捕はできない。
当たり前の話だ。



それが無法者ばかりを辻斬りしているのであれば、余計な話だ。










・・・・と考えて、歩いていると。
シンゲツさんに遭遇した。




血飛沫1



シンゲツ
「ぐ・・・・・う・・・・・・・。」


ホープ
「シンゲツさん!!??」




相当に顔色が悪い。
いや、それよりも血まみれである。
あ、いや、これは斬られたとかそういうものではない。
吐血・・・というものだ。

しかも大量に血を吐いている。


ここまで血を吐いたら、相当に悪い状態になるだろう。。。




医者・・・。
というか、お母さんに・・・・!!!
お母さんは医者もできる。
ライセンスも持っている。




はやくお母さんを呼ばないと・・・・!!!!!








・・・・。







・・・・・・・・・。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



広場(夜)800×600



ルネ
「・・・・相当疲労が溜まっていますね。
 無理が祟っているのでしょう。

 疲労によって病気が進行していることは間違いないでしょう。」



ホープ
「やはり、私が無理をさせているからでしょうか・・?」



シンゲツ
「何。病気の進行は必然だ。避けることはできるない。
 私の疲労度によって、病気が進行するのは摂理だろう。」





ルネ・・・もとい、お母さんの診断結果だった。


もともと病気持ちだったのだ。
それが疲労によって、余計に病気が進行した。
・・・というのが見方である。



どういう病気かまでは知らないのだが。
確かに、疲労が蓄積すればする程病気も進行する。
それは確かに自然の摂理であろう。。。





・・・・と納得するしかない。





ホープ立ち絵01


ホープ
「もう修行は中止した方がいいのでは?」



シンゲツ立ち絵01


シンゲツ
「どのみち寿命は決まっている。
 寝ることで寿命が延びるよりも。
 あるいは、出来ることをやって死にたいものだ。」



ホープ
「・・・・・・・すいません。」



シンゲツ
「なに、私も同意していることだ。
 気にかけることはない。


 もし、気にかけることがあるとするのならば。
 私の死で何かを感じ取ってくれれば、それが幸いだ。」






・・・シンゲツさんの言う通りだろう。

シンゲツさんは。
残された命の日数でできることをやっている。
私に修行をするということ。
それで、私が必死にやること。
そして、いずれはシンゲツさんは死んでいく。。。
そこから何か自分の道が見つけることが出来れば・・・。
それが幸いなのだが。。。







何を得ることができるのか。
それは分からない。
私がシンゲツさんと一緒に。。。
そして、必死に訓練することによって見つかるものがあるだろう。
・・・と考えるしかない。









・・・・と、同時に。
考えないといけないこともある。






ホープ
「・・・・・・。」



ルネ
「・・・・・・・・・・・ン。
 それでは、シンゲツ様、ゆっくりお休みくださいませ。」



シンゲツ
「ああ、たびたびで申し訳ないな。」




母さんに目配りをして。
母さんは察したようだ。


二人だけで話がある。
シンゲツさんのことについて。
・・・ということが伝わったようで何よりである。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。












・・・・・・・・・・・。











・・・・・。










ルネ立ち絵01


ホープ
「どうなの?シンゲツさんは?」


ルネ
「・・・・・・・・・どうとは?」




どうとでも取れる。
そういう風なスタンスでいる。

どうやら、私が真実に辿り着かない限りは本当のことを話す気はないらしい。
そして、話す必要もないということだろう。


だが、私の言ったことが正しいことであれば。
それは肯定する。そういう姿勢が見て取れた。



ホープ立ち絵01


ホープ
「シンゲツさんの消費は私との訓練だけじゃないはずだ。
 この町で起こっている無法者の辻斬り。
 そして、今回の怪物騒動も関与しているんじゃないかと私は見ている。」



ルネ
「事実だけを言えば。
 貴方の訓練のせいで、シンゲツ様は消費しているわけではありません。
 そこについては安心してくれていいですよ。

 貴方の言った推測に関してですが。
 それはシンゲツ様がどういった人物か調べることができれば。
 自ずと答えは見つかるはずです。

 母さんから言うことではありません。」







シンゲツさんがどういう人物かを調べれば出てくる・・・。
・・・ということなのだろうか。


・・・ということはシンゲツさんはある程度名が知れた人物?
しかも、悪い方向に有名な人物だということになるだろう。









母さんからはそれ以上伝えることはできない。
母さんはそれらを含んで、シンゲツさんの治療を行っている。
どんなにシンゲツさんが悪い人物であろうとも。
私の訓練をやっている限りは礼節を尽くしている。
その姿勢を崩すことはない。
・・・ということでしょう。






ルネイラスト




ルネ
「真実を知って、貴方がシンゲツ様との訓練を辞めるかどうかは任せますが。」


ホープ
「真実を知っても訓練は辞めないよ。
 シンゲツさんだって、命を賭けてやっているんだ。
 
 それに歯向かうようなことはしないよ。」





・・・・・そうだ。


仮に。
シンゲツさんがどれだけの悪徳人物であっても。



私に対して、命を賭けて訓練をしてくれているのは間違いない。
そこに利得は何もないはずだ。


そのシンゲツさんの命を賭けた訓練の意図は汲み取りたいと感じている。









・・・・・・たとえ。
シンゲツさんがどんなに悪人であっても。
もし、今回の悪事に関与しているのであれば。
それを止めるのはやはり弟子である私の仕事である。
そこまでの覚悟はしている。






ただ。
私は真実を知りたいだけだ。
真実を知ることで前に進みたいだけだ。
何も知らない子どもじゃない。
それを証明したい。。。。。





スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<2章「強襲」その4 | TOP | 19話(10月8日2時 ホープ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ホープくんはやはり才能もあるし頭のいい子ですね。
でも目の前で、その上をゆく父親(疎遠)の力を見せつけられるのも複雑でしょうね……

見知らぬ父親。
縁あって出会った師匠の陰。

その人たちとの関わりでホープくんが何を考えどう進んでいくのかも楽しみです。

2017/05/13 14:11 | 椿 [ 編集 ]


椿 様へ 

そうですね。
ホープ君は馬鹿ではないです。
頭は良い子どもですね。
才能にも溢れていると思います。
流石は魔王の子ども!!


彼がどういう風に魔王やシンゲツと関わっていくか。
そこが成長ポイントにもなりそうですよね。

毎度安定感あるコメントありがとうございます。
そして、マッハなコメントありがとうございます!!
(*''ω''*)

2017/05/13 17:01 | LandM [ 編集 ]


はぅー。 

そうですよね。ホープくん魔王様の
お子さんなんですよね。
すごい魔力を秘めてたんですね。
それを上回る魔王様の魔力。
凄すぎカッコいいー。
そしてシンゲツさんの怪しい行動。
ホープくんの決意もしっかり
してますけどいつかお別れと
真実が待ってますね。
それがどうなるか、かなり楽しみです。
また次回読ませていただきますね。

2017/05/13 18:34 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

こんばんは

勇者のような戦い方に体に流れる魔王の血
今はまだ上手く立ち回れなかったり
自分の中の才覚を使いこなせなかったり
気づかなかったりしそうですが
着実にシンゲツさんとの訓練は
身を結んでいる雰囲気ですね

ホープ君のこれから待ち受けるものは
強さだけじゃなくこうした
対人関係も大きくなってくるでしょうね

2017/05/13 18:36 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

とりあえず、魔王の子ども設定。
そのため潜在能力は高いようになっているんですよね。
すごくはないですけど、標準よりも高い能力を持ってます。
シンゲツほど強くないですからね。
シンゲツとホープがこれからどうなるか。。。
また楽しみにして読んでくださいませ。
毎回コメントありがとうございます。
(*´ω`)

2017/05/13 18:54 | LandM [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

確かに魔王の血があるからこそ生きていける。。。
・・・というところもあるんですよね。
まだまだホープは未熟!!
才能だけで戦っている状況なので。
徐々に強くなっていく・・・はず。


ホープに待ち受ける運命は何なのか!?
そして成長していくのか!!??
見どころですね。
(/・ω・)/

毎度マッハなコメントありがとうございます。
('◇')ゞ

2017/05/13 18:57 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。今回のお話・メインは大好きなホープ君!!
個人的に1人称が「私」なのもお気に入りです!
見た目は中性的で、警察さんにお嬢ちゃんと呼ばれてましたが…
戦う姿はかっこいい男の子!緊迫した空気の中でお金の事を
考えてしまう部分は笑っちゃいましたね。「魔王」は自分の中では
「悪魔の王様」のイメージだったのですが(笑)、「魔法の王様」…
さすが魔王・クロンさんですね!

ルネさんは医者のライセンスも持っていてさすがです。また
残された命をホープ君の修行にあてるシンゲツさんはやはり
素敵ですね!そして…気付いてしまったホープ君。覚悟を決めた
ホープ君とシンゲツさん、二人の今後にドキドキです…!

先日はお誕生日のお祝いコメントありがとでした!とっても
嬉しかったです♪今後もお互い、楽しみながら頑張りましょうね~!
才条様はこちらのブログでは1次、他の所で2次、と
しっかり分けられてるのですよね。知ってるジャンルの作品を
どこかでお見掛けした時は楽しませて頂きますね!たくさんの作品を
発表されていて凄いです~!私の所でプリキュアの2次小説…
わわわっそれは大歓迎ですよー!シリーズによっては
詳しかったり詳しくなかったり知識にムラがありますが、
その時は喜んで、頂き物記事の所に置かせて頂きたいですね。
お忙しい中だと思いますので、お時間のある時にその件のお話、
詳しくして頂けると嬉しいです。ご無理はなさらずですよ…!
では読んでくださり、ありがとでした☆

2017/05/13 21:56 | 風月時雨 [ 編集 ]


こんばんは^^ 

今更ながらに知ったのですが、『ガンブレード』って『銃剣』の事だったんですねぇ・・・
魔王の魔力が、ホープ君の目前の敵にも・・・凄い威力ですね@@
ホープ君も魔力を一気に出すことは無く、状況分析で徐々に出す事に・・・判断力もさることながら、思いっきり疲れそうですね><

自分の死で、何かを感じ取ってくれれば・・・悲しいですが、それがシンゲツさんの覚悟なんですねぇTT
ホープ君も、それに報いられる様、頑張らないとね^^

2017/05/14 19:03 | 大久保直人伍長@三式中戦車『チヌ改』戦車長 [ 編集 ]


 

ガンブレードは勇者から貰ったものなんですね~。
ホープ君自身は魔王の子供ですが、
戦い方や生き方も含めて、
シンゲツや他の人からも色々と学んで、
成長して欲しいところですが、
シンゲツ自体はもう長くなさそうなのが残念ですね(><)
そして、辻斬りの犯人かもしれないとホープ君は疑い始めていますが、
どうその真実と向き合うのか気になりますね|・ω・`)

2017/05/14 21:27 | ツバサ [ 編集 ]


風月時雨様へ 

やっぱり、ホープ君は女性陣には人気がありますからね。
安定感がありますね。
私という一人称だったり、色々気を遣っているキャラクターではあります。
あれはあれで魔王の子どもでね。
やはり金のことはいつも考えています。
弁償金額や破損金額。
破壊の金額など色々考えているのは魔王の子どもならではの考え方ですね(笑)。


・・・ルネが医者のライセンスを持っているのは色々な経過があったのですが。
まあ、それはどうでもいいか。
割愛で。考えてみると、色々なところで設定が絡んでいるなあ。。。
今後がどうなるか。
まあ、またご覧なってくださいませ。



2次小説はまたゆとりがあれば書きますね。
問題はプリキュアを見直す時間があるかどうかだな。。。
(-_-メ)

2017/05/14 22:14 | LandM [ 編集 ]


大久保直人伍長@三式中戦車『チヌ改』戦車長 様へ 

銃剣ですね。
形式は色々あると思うのですけど。
とりあえずファンタジーらしいデザインにしてます。
後はホープに合うように。
案外ね。ホープも判断力は機敏さはありますからね。
むしろ魔王よりその辺は高いと思います。
魔王より勇者の筋金が入っていますからね。

シンゲツの生き方はあれで完成されているので、
それ以上に言えることはないな。。。

毎度安定したコメントありがとうございます。
(*´ω`)

2017/05/14 22:17 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

そうですね。
あのガンブレードは聖剣の欠片。
聖剣グラストの欠片で作られた武器・・・もとい兵器になります。
そのため、威力は折り紙付きですし。
適応性の問題もありますけど。

まあ、ホープはまだまだ伸びしろがあるので。
どこまで成長していくかご覧になってください。
伸びしろはあるけど、この物語が終わるころに成長するかは知らない(笑)。

毎度忙しい中コメントあざ~~す!!
(/・ω・)/

2017/05/14 22:27 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2968-ea75d152

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード