2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2017/05/20 (Sat) 25話(10月8日8時 クロン)

セントラル(夜)人物ナシ800600
25話(10月8日8時 クロン)










それにしても。
少し疲れたな。
まあ、それはそうか。
今までずっと研究していて。
それでいて今日の襲撃だ。
休まる期間がなかったので余計に疲れている。
少し一服するか。。。



クロン
「シェクスピア。さっきのバーで飲み直すか。」


シェクスピア
「あんたは飲まないでしょうに。
 ・・・・まあ、そりゃ、一服する意味でもいいけど。


 ・・・・じじいはどうする?」


所長
「わしはここが家じゃからのう。
 仮に滅びるときもここにいたいから、ここにおるわ。」




クロン
「わかった。何かあったらすぐにセンサーで教えてくれるから
 その時はすぐに駆けつける。」




今日中に2度も襲撃があるとは思えないが。
・・・・あるとすれば。


ここは急いで対処する必要がある場所ということになる。
もう一度襲撃がやってきたら。。。


まあ、フェルト国家軍人も今はいる。
さっきのようなことにはならないか。。。。




休息も必要だ。
私は休むか。。。。




スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(16) |


<<2章「強襲」その5 | TOP | 24話(10月8日8時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

いくら魔王でもあの数を相手に
町や人を気遣って魔力を調整しながらだと
お疲れになりますよね、常に精神をすり減らしている感じかな

解析解読されると困る連中がいる
王道ですがこういう展開ってわくわくしてきますね
調査を続けつつ敵からの強襲も防ぐ

2017/05/20 07:30 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


ふー 

ひとまず襲撃は、かわせましたね。
今回は、ちょっと心理戦的様相もありますね。
魔王様すらあざむく難敵。
読んでるこちらは、わくわくしますけど
ご本人方は、たいへんですよね。
魔法物でこのような大規模戦闘って
珍しい気がするのですけど
そこの対応のトコとか
ますます楽しみなのです。

2017/05/20 11:07 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

こんにちは。
この研究所は十分狙われる理由があるのですよね……もう襲撃がないといいのですが。

敵はシンゲツさんと思っていましたが、他にも黒幕がいたりするのでしょうか。
その辺りも楽しみに読み進めたいと思います^^

2017/05/20 18:47 | 椿 [ 編集 ]


荒ぶるプリン様へ 

そうですね。
この辺は王道パターンで進んでいます。
まあ、主人公が魔王のあたりが王道ではないのですが。
スタンダートなファンタジーを描きたい。
・・・というのもあったので。


物量を質で倒す。
そういう演出も出来て良かったかなあ。。。
・・・と思っています。

毎度マッハなコメントありがとうございます!!
('◇')ゞ

2017/05/20 22:03 | LandM [ 編集 ]


Re: ふー 

確かに物量戦って結構大変なんですよね。
敵味方識別攻撃が出来ればいいんですけど。
そんな兵器ないですしね。
現実世界では。
ってこの世界はファンタジーか。
それでもあまりリアリティのないのは嫌だったので、
敵味方識別攻撃はなしにしてます。
そこを対応しながら攻撃するのもいいですよね。

毎度着眼点の良いコメントありがとうございます。
(/・ω・)/

2017/05/20 22:08 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

犯人はシンゲツでいいですよ。
今回の話はシンプルなので。
あまり複雑な話にはしたくないので。

襲撃に関しては魔王も対策を考えているので、
そこの辺はまた物語が進んだら・・・ってことですね。

毎度安定感あるコメントありがとうございます。
(*´ω`)

2017/05/20 22:11 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは(*'ω')

なるほど魔王の邪魔をしようとする輩が身近にいるかもしれないんですね。
虫型の敵なので「獅子身中の虫」といったところでしょうか。
楽観できない状況下でもタバコを手にドッシリと構えている魔王様が頼もしいです。

2017/05/21 03:02 | らす [ 編集 ]


 

こんばんは。クロンさん、シェイクスピアさん、そして
年齢不詳(笑)の所長さんも現役でのご活躍お疲れ様です!
滅びるときもここにいたい、という所長さんの強いお気持ちも
素敵で、まだまだ活躍して欲しいです。一般市民を気遣っての
戦闘はやはり大変でしたね。そしてシンゲツさんは相当な
人間ですよね。シリアスな戦闘後でも、いつものクロンさんと
シェイクスピアさんのやり取りは見ていてほっとします。

先日はフルコースな記事にコメントありがとでした☆
スゲーと言って頂け嬉しいです!才条様のお誕生日が気になって
過去記事漁らせて頂きましたが…来月の24日なのですね!
何かリクエストがあったら描きたいので教えて下さいね。
そしてその途中でシェイクスピアさんとミルフィーユさんのやり取りを
見付けて、バツイチのおばさん発言等こっそり笑わせて頂きました~!

今後も私を含め小説更新を楽しみにしているファンの為に無理のない
ペースでご執筆して頂けると幸いです☆粛々と読ませて頂きますね♪
企画思い付きましたら是非教えて下さい!まったり楽しみにしてます☆
そしてお互い体調&五月病にも注意して過ごしましょう!
では読んでくださり、ありがとうございました♪

2017/05/21 18:23 | 風月時雨 [ 編集 ]


こんばんは^^ 

シンゲツさんは、ホープ君と一緒に襲われてたので、少なくとも黒では無いですね^^
・・・て事は、リースの意志を受け継ぐ者が、シンゲツ以外にも居ると@@
色々な事が重なる年なだけに、そういう人物もまた複数出て来ても、おかしくないですね^^;

2017/05/21 20:29 | 空技廠彗星@織田家忍者 [ 編集 ]


 

今回の襲撃を意図的に行って仕向けた敵がいるとなると、
調査も対策もしないといけないので、
これは戦闘以外でも大変な事になりそうですね(><)
誰なのか、組織なのかもわかっていない状態ですが、
臨機応変に対応するしかないですね。
ともかく、今は休息が必要ですね(´∀`)

2017/05/21 21:24 | ツバサ [ 編集 ]


らす 様へ 

おう。
短い文章で的確に意図を捉えてらっしゃる。。。
素晴らしいです。
そうですね。
魔王に逆らう輩が出ているわけですね。
それでもどっしり構えているのは魔王の仕様ですね。
(*´ω`)

毎度コメントありがとうございます。
(/・ω・)/

2017/05/21 21:49 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

まあ、あの3人に安定感がありますからね。
昔から描いている・・・というのもあるのでしょうけど。
人格的にも落ち着いているので。
魔王も所長もシェクスピアも随分長い間出ているキャラクターですからね。
この程度の危機では動転しないということでしょうね。


どっから才条 蓮の誕生日を。。。
まあ、お祝いはとりあえずお断りします。。。
大変申し訳ないのですが。。。
・・・というのも、一応LandMは団体なので、
個人が祝われるのもいささか違うところがありますので。
ご厚意でおっしゃっているのに大変もうしわけございません。。。
<m(__)m>


2017/05/21 21:57 | LandM [ 編集 ]


空技廠彗星@織田家忍者 様へ 

ほほう。
そういう考え方もありますか。
(*´ω`)

とりあえず、単純にシンゲツが犯人でだいじょうぶですよ。
今回のお話ではシンゲツ以外に敵は出てこないので、
大丈夫です。
生憎、複数のキャラクターが出せるほど予算もない。。。

毎度的確な意見をありがとうございます。
(/・ω・)/

2017/05/21 22:00 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

そうなんですよね。
戦闘して、はい、終わり。
ってわけにはいかず。
まだ魔王たちにとっては敵が不透明。
・・・ということなので。
調査も必要という段階ですね。

ツバサさんも的確かつ安定感あるコメントありがとうございます。
(*´ω`)

2017/05/21 22:02 | LandM [ 編集 ]


 

今晩は。
ぷちっとまたまたご無沙汰しています。

リース・ガザルベルクの資料があって不味い人って、身近だとシンゲツしか思い浮かばなかったんですが、内部に彼と繋がっている人間が誰かいるんですかね?
誰だ、誰だ??
ホープ君もシンゲツを疑っている感じあるし、否定したい部分もあるようですが、状況証拠は彼をさしていて、複雑でしょうね。
ポープ君の成長を楽しみにしている反面、彼の力量を試そうとしている節があり、つくずシンゲツって食えない奴だなぁと思った次第です……。

シンゲツの真の狙いは一体何なんですかね?
全てはリース・ガザルベルク復活の為なんでしょうが、ホープ君を育てているのは、自らが死にゆく前に、やっぱり自らが生きた証を、師として弟子に委ね、その形跡を残したかったんですかね?
しかし、それが魔王の息子なんだからつくずく因果なものです。

だとすると、ポープ君を育ててる件については、彼の唯一つの良心だったのかもしれないとも思えてしまうんですが、もしかして、彼はポープ君を育てて、彼に自らの病死ではなく、最大の敵として葬って欲しいとも、思っているのかとも?思えて来てしまう……。

とにかくシンゲツには絶対に目が離せませんね。
犯人にせよ別人しても……。

2017/05/26 01:27 | 涼音 [ 編集 ]


涼音 様へ 

ぷちっとお久しぶりです。
(*´ω`)
まあ、涼音さんはいつでも来てコメントくださったら大丈夫です。


ネタバレをしても全然大丈夫ですし。
多分、シンゲツの真意は明かされないままになってしまうので。
別にいいか。

シンゲツは別に人類全員が滅んだら良いとは考えてないです。
地球のために、人類が減った方がいいとは思っていますけど、
全滅したらいいとまでは考えていないです。
この辺がリース・ガザルベルクの考え方の妙なんですよね。
ですから、ルネやホープのような善人には良くするし、
犯罪者には悪を成す。
・・・と言った感じになってます。

ホープを育てているのは別にシンゲツが特別な感情があるというよりかは、
単純にホープみたいな人にはこういうことをやっているということです。
自分の生き方を最後まで貫いている。
・・・って感じですかね。

どのみち、どういう結末になるのか。
楽しみに読んでくださいませ。
いつも詳しいコメントありがとうございます。
<m(__)m>

2017/05/26 21:00 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2974-a0f5ba7b

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード