FC2ブログ
2020・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2010/05/21 (Fri) 11話『暗躍し続けろ。魔王の価値は戦うことではない。暗躍することにあるのだ。』

krmahoujin_convert_20100507163756.jpg


クロン「ガキは楽でいい。
    チェスのように動いてくれる。
    唆せば、そのとおりに動いてくれる。
    戦争ではチェスのように動く駒が必要だ。
    そして、その効果もな。」

クロンは状況をみて、ほくそ笑んだ。
確かにここまで考慮に入れて動いていたわけではない。
計算に計算を重ねたわけでもない。






自軍の戦力を利用して、叩く予定であった。
その戦力でアイアトーネ市の戦力を潰せるだけの勝算はあった。

まだ見せていないモンスター部隊もいる。
正規部隊のエルフの重歩兵部隊もいる。
そのほかにも様々な戦力がクロノス自治区にはある。

それを駆使すれば、アイアトーネ市は叩ける。
それだけの計算をしていた。






それを変えたのは言うまでもなくレイビアの鬼部隊。
鬼の召還はこちらの戦力を一つも減らさない。
レイビアだって、死ぬ気では戦わない。
危険を感じたら撤退するだろう。
それまではギリギリまで使う。


クラッシュ ソードが迫っている段階で兵力の無駄遣いなどしない。
そんなことをするよりも、レイビアを唆している方が簡単で確実だ。
何より、危険度が少ない。






少年少女は純朴に戦っていればいい。
クロンはクロンで、その信念をも計算に入れて戦略を練ればいい。
それが大人なのだから。








クロン「大丈夫だ。これで勝てる。」

苦労は重ねている。
いらないペナルティも喰らった。
だが、それを乗り越えて、龍も鬼もクロンの思い通りに動かしている。
この戦争という極限状況で。

その姿はやはり誰が見ても魔王だった。






クロン「アズクウェイド。時間は。」

アズクウェイド「後、10分だ。」



チェスは詰めに入っている。
後は、カレンを排除して隕石落としを敢行するだけの状況を作る。
そして、脅しをかける。


マユルもカレンを倒すために動いてくれている。

第一次魔王侵攻。
その終局が近づいている。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<12話『屠られるは人か。それとも竜か。』 | TOP | その4>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/299-7a10fb71

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード