2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/06/10 (Sat) 9話(10月11日18時 クロン)

図書館_夜_修正分1
9話(10月11日18時 クロン)








所長
「まあ、それはともかく。
 解明したことはあるのかのう。


 あの~~~研究所にも現れた・・・・・。」



クロン
「ガザルベルクの殺戮兵器か。」




フェルト国家の研究所でも現れた。
私とシェクスピア。
そしてフェルト国家軍人で倒した敵





その解明が進んでいるかの話だ。
まあ、戦ったことも踏まえての解析だから進んでいるところもあるが。






大群の森


クロン
「やはりアレは怪物というよりかは兵器に近い。」


所長
「兵器というとあれか。。。
 知的生命体を殺戮するという本能を埋め込まれたという仮説を立てていたが・・・。」



クロン
「アレはは事実だ。ガザルベルクの資料も見当をつけて調べたらが・・・。
 正しい情報だ。あの怪物は知的生命体を殺戮するという本能をインプットした兵器だ。」



所長
「何のために。」


クロン
「増えすぎた知的生命体を少しでも減らすために。
 他の生命体が少しでも謳歌するために。」



所長
「要するに。知的生命体は他の生命体を絶滅させるようなことをやっているから。
 それを食い止めるために開発された星の免疫抗体というわけか。」



クロン
「知的生命体は星にとって害虫。」


所長
「その害虫退治に開発されたのが・・・。」



クロン
「これってわけだ。」






ガザルベルクの殺戮兵器。
ワッスプ級の画像を提示した。






クロン
「もちろん、この階級だけがすべてではない。
 他にも強い階級もいるだろう。


 このワッスプ級の階級は数は沢山用意できる。
 そして、登場もさせやすいということだろう。


 もっと強い階級を呼び出すことも・・・可能だろう。」


所長
「今回の研究所の襲撃は小手調べと言うわけかのう。」



クロン
「まあな。
 後はそれだけ強いレベルの殺戮兵器を用意する余裕がなかったのかもしれない。」




当たり前だが。
先日戦った種類だけが全てではないだろう。
もっと強い階級はいるだろうし。
汎用性は高い怪物もいるだろう。



それが今回登場しなかった理由。。。



それはやはりコストが高いということしか考えられない。




滅茶苦茶強い階級が無限大に召喚できるのだとすれば。
それを召喚して襲撃して、知的生命体を殺戮すればいいのだ。



それをしない。
・・・いや。
それができないのは、やはりコストがかかりすぎるからだろう。
上限がある?・・と考えるのが妥当か。








まあ、そのあたりは召喚の要領と同じなんだろう。
召喚とて、力の強すぎるものとの召喚は難しい・・・ということになる。
そして、自分が把握できない数の召喚は無理だということになる。



無理ということではないのだが。
制御ができないということだ。



当たり前の話だが。
パワーがある者に従う。それが弱肉強食の世界だ。
自分より弱い奴に従う獣はいない。
・・・ということになる。








・・・・・ん?



と言っても、今回の場合は制御は必要ないのか。
勝手に暴れさせているから。


それを考えると、単純に呼べる数は増えるってことか。
だから、ワッスプ級なんていうやつの数もあれだけ大量に召喚できたってことになるのか。。。





コストの問題は付き纏いそうだが。
強い奴を呼ぶにはそれだけの魔力と体力がいる。
呼び出すだけでもそれは必要だろう。


・・・・同意でもない限りは。
スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<10話(10月11日18時 クロン) | TOP | 8話(10月11日18時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

アンリ君がちゃんとしているから
魔王様やほかの秘書がのびのび政治に赴けているんでしょうね

そりゃ~ね、重要な資料のある部屋でその資料に
目を通しているその時にタバコ吸われてもし引火でもしたら・・・
いやあわてふためく魔王様も見ているのは楽しそうですが
それ以上にみんなからあれこれ言われてぐぬぬな姿に
なりそうですかね(笑)

2017/06/10 08:53 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

あははは。
そうですね。

あんな煙草魔王は一回重要書類を燃やして、
研究所にボヤ騒ぎでも起こさないと駄目なんですよ。
自分の研究所だと。
そういうコメディ回も作ってみたいですねえ。
合間があればまた作りましょうかね。
ぐぬぬぬ・・・・と悔しがって禁煙になってしまえばいいんですよ(笑)。

毎度マッハなコメントありがとうございます!!
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2017/06/10 12:17 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2991-26a051a3

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード