2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/06/10 (Sat) 10話(10月11日18時 クロン)

大群の森
10話(10月11日18時 クロン)






所長
「今回のワシらの研究所に攻めたのは突貫だったということかのう?」


クロン
「可能性は高い。

 私もあの怪物が出てくることは想定してなかった。
 所長も。フェルト国家も予想してなかった。


 ならば、急ごしらえで用意して。
 ワッスプ級だけで襲撃を仕掛けた・・・・。


 その仕掛け人の『御使い』がいたのだろう。」



所長
「仕掛け人はいるのかのう?」


クロン
「いる。
 兵器を運用するのは所詮人だよ。所長。それ以外にありえない。
 それを運用する者を『御使い』と呼んでいるのだから。」






それが誰なのか。御使いが誰だったのか。
そこまでは私には分からないが。




だが、いるのだろう。
魔王がリース・ガザルベルクの資料の解析をしていて。
このままほっといたら危険で。


少しでも時間稼ぎをするために。
ガザルベルクの殺戮兵器を突貫で用意して攻めた人物がいる。。。







図書館_夜_修正分1


所長
「あともう一つ。」


クロン
「なんだ?」



所長
「この殺戮兵器。何が製造しているのかのう?」



クロン
「女王蜂システムと呼ばれるものに近いな。
 いわゆる、ファクトリー級と呼ばれる、工場がある。
 そこで生産されているのが、今回のワッスプ級であったりするわけだ。

 そのファクトリー級を壊せば、製造は止まる。
 ・・・という理屈にはなる。」




私も一つぶっ壊したことがあるから分かるのだが。
この兵器のシステムはいわゆる女王蜂システムに近い。
いわゆる、女王蜂が他の兵器を生み出して、従わせる。
・・・それがファクトリー級という兵器がある。
それがすべてを生産して、指揮系統も出している・・・というのが研究と。
私が戦った中でも経験でもある。





しかし、ファクトリー級は手強い。
かなり大型の上に倒すにはかなり困難を極めた。

全盛期の私がフルパワーをもってしても壊すのに時間がかかった。
それぐらいに対応に困るものである。






まあ、存在したとしても、残り後は1体。
それを考えると、倒すのはそこまで困難を極めるというわけでもないだろう。



・・・・もっとも。
ファクトリー級だけが障害であるのならば。
・・・という前提に立つのだが。









クロン立ち絵03



所長
「それじゃ、ファクトリー級とやらを倒せばいいのじゃな。
 それなら魔王も以前やったことがあるから、そこまで難しい話じゃ
 なさそうじゃのう。」



クロン
「それだけなら・・・という話なのだが。」



所長
「・・・・ん?他にも危険要素があるのかのう・・・。
 ああ、そういえば、リース・ガザルベルクが再生誕を果たす・・・。

 ・・・という良く分からない予言もリース・ガザルベルク自身がしておったのお。。。」




クロン
「・・・・そこも不安要素ではあるのだよ。」




ファクトリー級だけならば。
確かに相当厄介ではあるにしても、倒せない相手ではない。
一度倒したことがある相手だし、倒し方も学んだ。
それだけなら何の問題点も・・・あるのだが、少ない。




問題は。
リース・ガザルベルクの復活が予見されていること。
復活を予見されているということは。
それに期待している人物も沢山いるということになる。


すなわちどういうことか。
そこに群がるリース・ガザルベルクの信奉者。
力があつまってくることが予感される。



今回。
もとい、研究所を襲撃したのは。
そのガザルベルクの信奉者の一人。
・・・と考えるのが妥当。

そして、その信奉者は一人ではない。
恐らく、ほとんどの信奉者がこのリース・ガザルベルクの復活に集結する・・・・!!!






・・・と考えると。
今回の事案は厄介だな。









・・・・・ま。
勇者からしてみれば。
一網打尽できてラッキーとでも言いそうな状況でもあるが。






スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(16) |


<<3章「それぞれの道」その2 | TOP | 9話(10月11日18時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

すいません
コメント1つ前に間違ってしてしまいました

2017/06/10 09:38 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

ああ、大丈夫です。大丈夫です。
もともと初見の人などがどこにコメントしたらいいか?
・・・ということでやっていることなので。

わざわざこちらにもコメントありがとうございます。

全く魔王なんてこの研究所ごとボヤを起こして、禁煙にならないと
煙草を吸うのを辞めないでしょうね。

2017/06/10 12:19 | LandM [ 編集 ]


 

おお! アンリ夫妻に子供が! おめでとうアンリくん…… って6年経っているんですよね。子供も生まれるか。
でもこうして消息を聞けるのはなんだか嬉しいですね。

しかし今回の戦いはこれからが本番……ということですね。まだまだ世界にいるガザルベルクの信者たち。どんな戦いになっていくんでしょうか。

それにしてもクロンさんはどこまで煙草が好きなのだ(笑) まあ煙草を吸わない彼もイメージしづらいですけれど^^

2017/06/10 17:04 | 椿 [ 編集 ]


はぅぅ。 

ファクトリー級ですかー。
なんかものすごそうですね。
魔王のがちょっと警戒するくらい
ですからコレは、なかなか…
大規模戦闘も楽しみにしてます。
でも、御使いとの差しの
闘いもすごそう。
なにげに所長のお爺ちゃん
いい味出してますね。
ちょっとボケと突っ込みみたいに、
なってますよ。

2017/06/10 17:25 | TYPE MM04 [ 編集 ]


椿 様へ 

あれから6年です。
実際にもそれぐらい経過したんじゃないか。。。???
まあ、それはともかくとして。
妻子も持ちますね。アンリは定期的に出てくるので。
主人公でしたからね。彼お。

戦いはまだまだこれからですし。

魔王は煙草好き!!
そもそも煙草なしの絵を今回は用意してない!!
・・・という徹底ぶりです。。。
笑ってください。

毎度安定感あるコメントありがとうございます。
<m(__)m>


2017/06/10 20:19 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

そうですね。
これから階級が高いのも出てくるでしょうから。
結構厄介になってきそうですね。
そういう戦いになってきます。
魔王の戦いは続きますね。

所長もいい味だしているんですよね。
何度か立ち絵だけでも出したかったんですけどね。。。
予算もなかったですからね。。。

毎度良いコメントありがとうございます!!
(*´ω`*)

2017/06/10 20:22 | LandM [ 編集 ]


 

ファクトリー級も一度倒した事があるとはいえ、
他に障害となると敵が一緒に出て来ないとは言えませんし、
楽に倒させてはくれなそうですね(><)
今回の襲撃の首謀者も気になるところですが、
他のガザルベルクの信奉者達にも注意を払わないと、
意外なところで足元をすくわれるかもしれませんね。

2017/06/11 16:58 | ツバサ [ 編集 ]


こんばんは^^ 

魔王秘書に任せっきりでも、そこに乗っ取りが起きないのは流石ですね@@
意図せずにクロノスの元首にさせられると、通常は『傀儡』として祀り上げられるだけなのですが、そこを傀儡で終わらせないところが、魔王の実力なんでしょうね?
政治は秘書に任せっきり。
しかし、その秘書達が乗っ取る隙は与えない。
秘書達が忠実なのもありますが、魔王が恐れられている証でもありますね^^

駆逐艦クラスの『蜂』級に加え、先日から新たに航空母艦クラスの『工場』級というのが登場しましたが・・・
他には火力に特化した、戦艦的な役割の殺戮兵器とかも、あるのでしょうか?

2017/06/11 18:19 | 空技廠彗星@織田家忍者 [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

ま、どのみち楽な相手ではないみたいですね。
楽な相手だったら、話にならないですからね(笑)。
ガザルベルクの復活。
ファクトリー級。
足元をすくわれないように注意しないといけないですね。

毎度安定感あるコメントありがとうございます。
( `ー´)ノ

2017/06/11 21:15 | LandM [ 編集 ]


空技廠彗星@織田家忍者 様へ 

はっちゃけて言うと、魔王がいないと何も回らないので。
・・・というのと、魔王に逆らう人は処断してますからね。
その関係もあって、基本的には乗っ取りは起きないですね。
政治に関しては確かに傀儡の部分はありますけど。
魔王はあまり、政治の詳しい法案までは興味がないですからね。

工場級は工場級ですね。
製造所というのが正しいですね。
階級は色々あるので、色々戦艦で例えると楽しいと思います。
そこはお任せします。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2017/06/11 21:20 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。今回のお話は…アンリさんのターン!
アンリさんかっこよすぎです!若そうな外見ですが…
もうご結婚されて奥様、お子さんもいらっしゃるのですね~
ちょっと残念(笑)そして研究室でも煙草を吸うのを
やめないクロンさんの「私の趣味の研究室は私の趣味を貫く。
それぞ魔王。魔王道!!!(*´ω`)」がなんだか可愛かったです(笑)

先日はコメントありがとでした!描いてくださった方のブログでも
お名前をお見掛けして嬉しくなりました♪どちらの絵も惹きあっていて
素晴らしい、どちらの魅力も出ていて良い、良い信頼関係と言って頂け
感激です!!お互いのキャラをしっかり理解しているからこその作品
だったかなぁと思いますし、やはり創作キャラの描き合いっこは
同じキャラでもそれぞれの個性が出て良いなぁと思います。
では読んでくださり、ありがとうございました☆

2017/06/11 22:35 | 風月時雨 [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

まあ、アンリはサブなので。
あまり焦点が当たらないかもしれなませんね。
主人公だったときもあるのに・・・・。
不便。。。。
(ノД`)・゜・。


まあ、こんなところでも煙草を吸う。
それが魔王クオリティ!!
・・・・と言ったところですね。


毎度コメント返しありがとうございます。
<m(__)m>

2017/06/12 13:37 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは(*'ω')

アンリは名前と外見から女性かなと思っていました。

「知的生命体は惑星にとって害虫だ」という件、
全くその通りだと思います。
環境を破壊し続ける人間も、
地球にとっては一番の害虫なのかも知れません。

クロンはヘビースモーカーなんですね。
最近「受動喫煙」という言葉が急激に浸透しましたが、
喫煙者の皆様も益々肩身が狭いのではないでしょうか。
自分の父もヘビースモーカーでしたが、
肺癌の手術を受けてからはさすがに懲りたようで、
現在は煙草の代わりに氷砂糖を舐めています。
ちなみに自分は煙草はほとんど吸ったことがありません。

2017/06/13 04:32 | らす [ 編集 ]


らす 様へ 

アンリは男性ですね~~。
確かに間違えられやすいですけどね~~。


確かに知的生命体ほど環境破壊をする生命はいないですからね。
それを殺戮するモンスターが現れても変ではない。
・・・という話なんですよね。
そういう方面からもアプローチしていきたいですけどね。


そうかあ。。。
受動喫煙の問題があったか。。。
ミルフィール滅茶苦茶被害がありますね。。。
それを考えると、吸わないのが一番なんでしょうけど。
魔王はやめないでしょうねえ。。。。


的確なコメント感謝です。
ありがとうございます!!
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2017/06/13 17:07 | LandM [ 編集 ]


 

魔王はヘビースモーカーとか越えて、もう煙草が具現化した精霊か何かなんじゃないかという気がしてきました……(笑)
本があるところで煙草とか、いやはや……ここまでくるとグッゲンハイム最後の重症喫煙者となるまで強く生きていってほしいです。

まぁ、頭が肝心なところまで動かない組織って、それはそれで安定するし、周りも育つし、なんだかんだ良い組織構成ですよね。
その前提で、肝心なところでは一番上がびしっと締められるのなら、クロノス自治区はこれが一番良い在り方なんだろうな、と思いました。
魔王は失踪もしますしね……音信不通にもなりますしね……秘書たちも慣れてるんでしょうし。
クロンも政治面は放置でも大丈夫だと信用が出来るから好き勝手出来るのかなぁ、と思いました。
不確定要素があるうちは、完全に手放したりしない性格だと思いますし。

アンリも6年も経てば子供も生まれしっかりと……してないですね。さすが。男前度を嫁に分けてもらった方がいい感じですw
現実も6年近く経ってそうですけど……書いてた時まだギリギリ高校生だったのに、時の流れは速いです;

2017/06/15 10:30 | 有里 馨 [ 編集 ]


有里 馨 様へ 

まあ、この辺は魔王らしさを出してみました。煙草の精霊の化身!!??
そこまでいくと素晴らしいですね。。。
魔王の死ぬと煙草の精霊として君臨する・・・・。
そういうエンディングもいいですよね。

とりあえず、クロノス自治区に関してはこれで上手くいってます。
まあ、闇の部分は相当あるのですが。
そこら辺は物語が進むにつれて明らかになると思います。


アンリはとりあえず、いつも通りにしました。
成長は・・・してないなあ。。。。
子どももシオンもいるというのに!!
そうですよ。当時高校生で書いて頂いた小説・・・。
もう有里さんも社会人・・・!!!!
時の経過は早いですね。。。

毎度、コメントありがとうございます。
これからも応援よろしくお願いします。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2017/06/15 14:26 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2992-d1f2e0de

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード