2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/09/02 (Sat) 5話

a0960_008121_m.jpg

5話








・・・・・。







・・・・・・・・・・・。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。














寝ている間に考える。

自分はどうして記憶喪失になったのか。
やっぱり、身体の虐待の跡が原因なのだろうか。
何か関係がないと記憶喪失にならないような気がする。





余程のショックがあったのか。
それとも記憶喪失になりたいぐらいに絶望したのか。。。







ぎゅうううう。。。





菜月
「んん・・・・。」


聡明
「う~~~ん。」








聡明さんの温もりが確かだった。
さっきまで、一人で寝ているのが怖かった。
だけど、聡明さんがいるとどこか安心できた。




この世で、今、私が信頼できるのは、聡明さん、一人。








このまま時が止まってくれればいい。
そうすれば、これから苦しいことも辛いこともない。
このまま、眠れて穏やかに過ごすことができれば・・・。
それが一番の幸せ。




スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(16) |


<<2章「睡眠」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

ようやくホテルに入れて一安心できる・・・はずだったけど
身体いついてる痣や傷跡が怖さの原因でありそうですね
それが直接のものか間接的なものかはわからないとしても

虐待かいじめか暴力をとめに入って逆に傷つけられたのか
記憶喪失になったのもそうした恐怖から自分を守るために
なくなったのかも知れませんね

2017/09/02 07:41 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

おお、前回のコメ返で
ファンタジーやミステリー要素が強いというお言葉がありましたが、
「怖い!」の元になっている感情の欠片が一つ見つかった感じで、
こういう、記憶を手繰っていく感じはミステリーっぽいのかなっと思いました(^^*)
怖い、は、ずっと始めからずっと菜月の中にくすぶっていた感情ですものね。
身体には暴力の痕跡ということで、以前何があったかは想像することしか
できないけれど、やっぱりそれは想像を絶する恐怖だったのだろうなあと思いました。
そんな菜月にとって今の聡明さんはまさにヒナドリの親みたいにあったかい存在ですね。
ヒナドリみたく心を寄せる描写に胸がきゅんとなりました。
ところで、菜月って、一人称がボクっ娘なんですね。(私のときもあるけど)
そこもかわいらしいなあと思ったり。

2017/09/02 09:53 | canaria [ 編集 ]


あら 

菜月さんかわいい。
聡明さんのベッドに入ってぎゅーしちゃうなんて
それどころじゃないけどなんか
きゅんとしちゃいます。
コレは聡明さん頑張らないと。
それにしても身体中の傷が
気になりますね。
やっぱり事件ですよね。
聡明さん菜月さんん守ってあげてね。
ボクっ娘いいなー。つぼです。

2017/09/02 13:47 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

あー…… やっぱり暴力受けてましたか。
日常的だったのか一回が激しかったのか、そこまではまだ分かりませんが、菜月ちゃんが記憶を失うに至った過程はやはりかなり不穏そうですね。

ベッドにもぐりこむシーン、ドキドキしちゃいます。
こういうシチュエーション好きすぎる……(萌え死に)

一人称が私だったのに、一ヵ所ボクとするっと変わったところがありましたね。どちらが本来の彼女? 気になります。


2017/09/02 16:01 | 椿 [ 編集 ]


 

こんばんは。聡明さんはやはり紳士で優しいですね。
父や兄のような安心感があります…!
色気より眠気、には笑っちゃいました!
記憶喪失ながらも、とっさに兄妹の演技ができる
菜月ちゃんは頭の回転が早いなぁと感じました。
菜月ちゃんの体にはたくさんの傷痕…記憶が戻ったら
その時の辛い過去、恐怖も甦りそうで、傷を付けた人との
再会もあるのかも…と心配ですが、引き続き見守らせて頂きますね。

昨日はコメントありがとでした☆泣いている絵はあまり出して
いなくてどうかなぁ…と思っていましたが、凄く癒されたと
感じて頂け共感したのかも、と言って頂け感激です!でも繁忙期で
仕事がぶっ通し&どこかで泣きたいと思って…との事で心配ですね…。
最近は朝晩も涼しくなってきたと思いますし、ご体調に気を付けつつ
頑張って下さいね!では読んでくださり、ありがとでした☆

2017/09/02 21:32 | 風月時雨 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

そうですね。
どういうことで虐待にあったのか。
それは謎ですね。
一安心できるはずがなかなかできない・・・ということですからね。
恐怖から自分を守るために記憶喪失になる。
それが正しい認識でいいと思います。

毎度素早いコメントありがとうございます。
(*´▽`*)

2017/09/02 21:43 | LandM [ 編集 ]


canaria 様へ 

ファンタジーやミステリーというのは虐待のことではないですね。
虐待によって記憶喪失になるケースは医学的に立証されていることなので。
それはファンタジーやミステリーとはまた違うところですね。
もっと根本的なところでミステリーが隠されているので探してみると良いのかもしれません。
まあ、この時点で分かったら、物語が破綻しますけど(笑)。
基本的にはきゅんとなる恋愛話でいいので。
そういう解釈でいいです。
ミステリーを解くのはそっちのけでも楽しめますので。

ま。どちらを楽しむかミステリーとして楽しむか。
あるいは恋愛として楽しむか。
・・・は読み手なので。
自由に楽しんでみてくださいませ。
(*^^)v


2017/09/02 21:57 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

そうなんですよ~~~。
菜月さん可愛い!!
カワ(・∀・)イイ!!

聡明さん優しい!!
(ノД`)・゜・。

・・・この両輪が働いているからきゅんとしますよね~~。
分かります。
そういうのも狙って、こういう話にしました。
楽しんでいただけて何よりです~~。
虐待は乗り越えないといけない壁ですからね。
二人なら乗り越えられる!!
(*^^)v

2017/09/02 22:04 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

ちなみに一人称がボクと私が混在しているのはご指摘の通り意図的です。
私のいつもの誤植ではないです。
ワザと・・・意図的に・・・一人称が変わってます。
やっぱり椿さんは真相が解けそうですね。
あるいはもう真相は見えているかな?

とりあえず、もし答えを言う場合は管理人のみのコメントでお願いしますね。
普通の純愛劇場として楽しんでいる方も多くいるので。



ベッドにもぐりこむシーン。
あんな出会いをしてみたいなあ。。。
(ノД`)・゜・。




2017/09/02 22:09 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

うむ。
仕事ぶっ通しなのだ。
職場に行きたくないのだ~~。
・・・と言っても仕方ないので。
行くのですが。
そこで癒されたのは確かです。
その意味では本当にありがとうございます。


聡明さんは紳士ですからね!!
そこが売りです!!
女性にも受けるキャラクター設計にしてます。
ふふん。私でもこういうキャラクターが書けるんだぜ。。。
ってことです。
聡明さんと菜月のやり取りのほっこりして頂けるとなによりです。
(*´▽`*)

2017/09/02 22:14 | LandM [ 編集 ]


こんにちは^^ 

やはり、暴行受けてましたか・・・
記憶を失うぐらいだから、余程恐い想いをしたんですねぇ・・・
やっぱ単純に考えると、レイプかなぁ?

2017/09/03 14:03 | シュタイナー中尉@38(t)戦車組立中! [ 編集 ]


 

身体的に傷を負っている事が明らかになり、本来ならば暴行や虐待なのでしょうが、ミステリーと言っていたので、何か実証に難しい未知なる力が関わっているんでしょうが、それが何によって齎されたものなのか?
宇宙的なのも?魔物?霊的現象なのか??
とにかく彼女にとって恐怖体験であったことだけは確実なのだと思うけど、それが何かは解らない~(笑
何に彼女が怯えているのか?
何故に彼女が襲われる?ことになってしまったのか?
う~ん・・・・。
間違って、何かの封印解いちゃって、魔物が悪さをしたとかしか思い浮かばないミステリーレベルの私です(笑

あと、起きた時の聡明さんの反応が凄~く興味深い私♪

2017/09/03 14:06 | 涼音 [ 編集 ]


シュタイナー中尉@38(t)戦車組立中! 様へ 

レイプの場合はPTSDの場合が多いですかね。
要するに心的外傷なんですけど。
まあ、暴行の種類については今回の話の主題ではないですからね。
普通に虐待が答えですね。
毎度安定したコメントありがとうございます。
(*´▽`*)

2017/09/03 17:11 | LandM [ 編集 ]


涼音 様へ 

ああ、別に涼音さんにミステリーとして読んでほしわけではないので。
純粋に純愛劇場として楽しんでください(笑)。
何がミステリーなのかは、次回か次々回ぐらいで明らかになると思いますので。
その辺で察して頂ければよいです。
とりあえず、魔術や呪術やファンタジックなことがらは何もないです。

聡明さんはやっぱり女性好感度が異常に高いな。。。。
そうか、やはりこういう男性が受けがいいのか。。。

あ、忙しい中コメントありがとうございます。
(ノД`)・゜・。

2017/09/03 17:14 | LandM [ 編集 ]


 

ホテルまで用意してくれるとは、
本当に親切ですね。
これが危ない男だったらと思うとぞっとしますが、
優しい人と出会えたのは唯一の幸運だったかもしれませんね。
それにしても、アザや暴力を受けた痕跡ですか……。
記憶がないのでいつ受けたものなのかもわかりませんが、
恐怖の一因となっているのは間違いなさそうですね(><)

2017/09/03 21:24 | ツバサ [ 編集 ]


ツバサ様へ 

確かにこれで送り狼だったら、
菜月不幸日記になってしまいますね。
( ̄~ ̄;)
それだったら、聡明さん極悪だなあ。。。

確かに虐待も心理的恐怖感の一因となってますね。
記憶がなくても、感情は残っているってことですね。
毎度、安定感あるコメント感謝します。
(⌒‐⌒)

2017/09/04 17:26 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3057-6a0d2e3b

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード