2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/09/09 (Sat) 5話

a0960_006933_m.jpg

5話







警察に行き。
そして、市役所。
病院と忙しい日だった。

そのため、精神科に行くには随分と時間がかかった。
もう診察時間は終わっているのだが、
山縣先生は診察したいということだったので、特別に診察できることになった。







看護師
「先生なら~~今は~~教会にいると思います~~~。」


聡明
「教会?」


看護師
「病院独自であるんですよ。」


菜月
「不思議な病院だよね・・・・。」




不思議な病院である。
精神科の病院ということもあるのだろうか。


どこか洗練とされた。
落ち着いた雰囲気なところがある。
そんな病院になっている。
その教会に案内をされた。










・・・・・・。







・・・・・・・・・・・・・・。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



















ミッション系と言えばいいのだろうか。
宗教の印象はあまり受けないが、教会というにふさわしい。


神父がいれば、その話に耳を貸す。
そういう場所になっていた。
結婚式の式場もできそうな雰囲気である。
そんな荘厳な雰囲気もある。






その真ん中に・・・・・先生はいた。










山縣
「ふむ。キミが例の記憶喪失の女性か。」


菜月
「はい。」




なんとも。
偉そうな先生である。
いや、なんというか、偉いのだろうし、院長だという話も聞いたが。
それではない。
荘厳な雰囲気を感じさせる先生である。
自然に威厳を感じさせる。
そんな医者であることを感じさせる医者である。





山縣
「解離性健忘。」


菜月
「え?」



渡されたのは軽い本であった。
20ページぐらいの軽い本を渡された。

タイトルは「解離性健忘」。




山縣
「キミの病気だ。ここに大体のことは書いてあるから読むと良い。」


菜月
「ありがとうございます。」



山縣
「偉そうな先生だと思っているだろう。」


菜月
「はい?・・・・あ~~まあ。」




思っていることが気づかれただろうか。
顔に出やすいとは思っていないのだが。。。





山縣
「なに、この商売だ。自分に自信を持てない人が多い。
 そのため、私は自分を克己しているに過ぎん。

 私が弱くては話しにならんからな。
 すがりつかれても大丈夫なようにこのような態度をしている。」



菜月
「ああ、そうなんですね。」




そういうことか。

確かに。
弱者が多いのが精神患者。
そのためにはとても優しい医者か。
山縣先生のように絶対的に頼りになる医者の方がいいのかもしれない。
それを考えると、山縣先生の在り方は間違っていない。





山縣
「もっとも、私の診察は必要ないような気がするがね。
 私以外に信頼できる人がいるようだ。」



菜月
「うぐ・・・・・。」







聡明さんのことである。
一緒にいるだけなのに、どうして私が絶対的に信頼していることを知っているのだろうか。
聡明さんのことを、私は絶対的に信頼している。
それは確かだった。







山縣
「青年。なるべく彼女の側にいるようにしておけ。
 それが彼女の症状を良くさせる。私の言えることはそれだけだ。」



菜月
「あの・・・・診察は・・・・。」



山縣
「なんだ?いきなり初対面で根掘り葉掘り聞かれてほしいのか?」



菜月
「・・・・・いえ。」






思った以上にまともな先生らしい。
良識のある先生と言ったら良いのだろうか。


要するに今日は挨拶。
それ以上に神経を削るマネはしない。
なるほど、この人は本当に精神科医である。
患者のことを何より考えている。



・・・・・それが良く分かる。









山縣
「またその本を読んだころにやってくるが良い。」



菜月
「・・・そうします。」









思った以上に良い先生。
名医と呼ばれている理由がよく分かった。









スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(16) |


<<3章「対応」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

聡明さんの決断はなかなかできることじゃないですよね
ただやさしいだけじゃなくて、何を今してほしいかをわかっているような。もしかしたら自分も似たような境遇だったもしくは進行中
なのかなって思いました

警察官、市役所、医者と1日で結構移動しましたが
対応がみんな優しくて安心できる部分が増えてきましたね
あーたしかに相談しにきて同じくらいに弱弱しいと
かえって不安になってしまいそうですよね

2017/09/09 08:29 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

おはようございます。やはり朝起きた反応はお約束でしたね(笑)
役得と笑顔で言ってくれる聡明さん、やっぱり優しいです…!
そして見ず知らずの菜月ちゃんに全力を尽くすと言ってくれる
素敵な人なのに、恋人がいないのが不思議ですね(笑)
更に、惚れてる?→・・・・・まあ。と答えちゃうなんて…!
本当にこの後の2人の関係がどうなるやら目が離せないです!
そして警察の対応もリアルで自分が記憶喪失になった時も
こんな感じなのかなぁと感じましたね。それから山縣先生の
すがりつかれても大丈夫なような態度、かっこいいです!

昨日は77777突破のお祝いコメントありがとでした☆
こちらはもう…カウンター回り過ぎて18万も軽~く突破していて
すごすぎです…!私を含め、LandM様ファンの皆様に愛されている
証拠ですよね。これからも楽しみ&こちらも負けずに邁進します!
引き続き繁忙期だそうですが…1ヶ月先まで予約更新で平常運転
とは、さすがLandM様…!その計画性に相変わらず脱帽です。
私は次の更新何にしようかな~みたいな感じで計画性ないですね(汗)
では読んでくださり、ありがとでした♪

2017/09/09 11:29 | 風月時雨 [ 編集 ]


うふふ 

聡明さんったらぁ。
そんな正直に惚れてるってぇ。
そんな正直な人だから
安心できるのかも。
菜月さんもまんざらじゃなさそうなので
もうこのお似合いの二人が
幸せになれればいいじゃんって
思っちゃいました。
でもなかなかそうは行かないでしょうね。
まだまだ何か訳ありみたいですし…
それにしても記憶喪失マニュアル
みたいなのあるんですね。
そんなに沢山いるのかな?

2017/09/09 12:06 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

今日は。

聡明さん、第一印象からおそらく何か彼女に対し惹かれるものがあったんでしょうね。
元々優しい人なのかもしれませんが、やっぱりそれだけでなかったのかな?と思えきました(笑
そして接していくうちに、その中に守ってあげたい気持ちがわいてきて、現在に至る?
きっと惚れてる事も、言われて今認識した?もしかして(笑
気づいてしまえばこれから色々彼としては考えちゃいますよね。

一気にこのまま結婚するのか?
それは無いかな。でも、一緒に住みそうな気はする(笑
菜月も彼のことを慕ってるし、二人がこれからどうなっていくのか楽しみです。
二人の場合、菜月ちゃんの抱える問題が多いだけにこれからも色々大変そうだけど、二人で乗り越えて行ってくれたらなと思います。

そして今回、警察がここまでしてくれることを初めて知りました。
凄いですね。警察。
うちは母方の祖父が警察官だったらしいんですが、私がお腹にいるとき亡くなってるので、何も知りませんでした。
市民に優しい警察官。
祖父そんな警察官だったのかな?だたらいいなと少し思いました。

次回も楽しみにしています^^

2017/09/09 12:24 | 涼音 [ 編集 ]


 

菜月ちゃん、いい警官、いいお医者さんに出会えてよかったですね。
いや、聡明さんに出会えたのが一番ラッキーだったことか。

聡明さん、ひとめぼれだったのでしょうか。いや、そうじゃなきゃここまで面倒みられないか。
二人になったらその話をするのでしょうかね。ドキドキ(*^▽^*)

警察、市役所、病院、市役所、精神科……意外にこういうケースって実際にあるので、そういうところは対応の仕方もちゃんと分かっているのでしょうが、一日にあちこち行った二人は大変だったでしょうね。
人間一人の戸籍を作るのは結構面倒なのですよね……

ミステリーについては全然分かってないので大丈夫です(^-^;
一番のミステリーといえば菜月ちゃん自身でしょうが、虐待があったことを思うと……きっと本人は思い出したくないですよね……

きっとこれまでが大変だった分、聡明さんと出会えたこれからの菜月ちゃんに良いことがたくさんありますよう。続きを楽しみにしております。

2017/09/09 16:56 | 椿 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

聡明さんは聡明さんで思惑は案外違います。
かなり違う観点で動いているので、
そこは秘密な部分ですね。
菜月が好きという部分は事実なのですが。

実際にはこういうものです。
まあ、優しいかどうかはともかくとして。
こういう場合はこのような対応になります。
まあ、一日ではしごするのはまずないですけど。
その辺はご都合主義。

毎度マッハなコメント感謝です。
(ノД`)・゜・。

2017/09/09 21:07 | LandM [ 編集 ]


風月時雨様へ 

聡明さんは案外、普通の人には冷たいです。
・・・というか、かなり冷徹な人です。
まったく他人に関与しない人なので。
それを考えると、菜月はかなり稀有な例ですね。
聡明さんは聡明さんで何か感じ取ることがあったんでしょうね。
まあ、それが何なのかは明らかには出来ないのですが。

警察の対応はリアルというか、あれは調べた結果ですね。
実際にああいう風にするらしいです。
まあ、時間的な削減はありますけど。

山縣先生はあんな先生いねえよ。
って人です。あんな人が精神科医だと困る。。。

毎度コメント返しありがとうございます!!
( `ー´)ノ

2017/09/09 21:14 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

聡明さんが正直でいるのは理由があります。
この辺は駆け引きをしている場合ではないので。
なんで、聡明さんがこのような態度を取っているか・・・は。
・・・っまあ、いいや。
これは純愛物語ですからね。
二人ともピュアに接しているっということですね!!
二人を応援してくださいませ!!
(*''ω''*)

2017/09/09 21:18 | LandM [ 編集 ]


涼音 様へ 

わりかし、待ったなしの展開で進んでいくので。
どういう展開で進んでいくかは、楽しみにしてくださいませ。

聡明さんにとっては、菜月に対して感じ取るものがあった。
・・ということですね。
それこそ聡明さんが人生を賭けるだけのものがあった。
・・・ということで進んでいます。
まあ、何があっても二人なら突き進んでくれますので、
安心して読んでくださったら大丈夫です。


警察の対応に関しては。
現実に即して描いております。
法律根拠はしっかりあるので、対応はマニュアル通りです。
警官が優しいのは仕様の問題です。
実際にもあのように対応してくれると思いますよ。
もともとの法律根拠は戦後のドタバタの法律がもととなっているのですが。
それが今でも適用されている形です。

毎度詳しいコメントありがとうございます。
またよろしくお願いします。
_(._.)_

2017/09/09 21:31 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

聡明さんがここまで行動しているのは理由があります。
その辺も菜月のミステリーに関与している。
それを考えると、結構深い話にもなってくるんだよなあ。。。
って話ですね。

まあ、ミステリーは諦めて純愛で楽しむのも大丈夫なので、
十分二人を楽しんで祝福してくださいませ。


まあ、一日でこれらを全部はしごすることはまずないです。
この辺はご都合主義です。
時間をかけてやっても良かったのですけど。
そこは割愛。
実際にはかなり時間をかけて進んでいくので。
役所仕事ですからね。


ミステリーについては解けるのは多分椿さんだけなので期待してます(笑)。
それでは来週もご期待くださいませ。
(''ω'')ノ

2017/09/09 21:38 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。

旅行に行っていたので、二つまとめての感想になってしまいました。

そうか。ただの記憶喪失(変な言い方ですみません)ではまくて、そうなる必然的な理由があるのですね。

虐待の痕や、眠る時に怖いことなど、思い出したくてもできないと言うよりは、本人に憶えていたくないことがあっでしょうね。そうなると、お風呂の入り方や、いざという時にさっと兄妹というごまかし方のできる知恵が残っていたのも納得です。

聡明氏は、一目惚れかもしれませんが、少し親切が常軌を逸しているようですから、こちらにも何かの背景があるのでしょうね。

何れにしても職務とは言え、いい警官や名医といわれるお医者さんに巡り合えて、菜月にとっては幸運が続いているようです。いい方に向かえるように願いつつ続きを読ませていただきますね。

2017/09/10 02:56 | 八少女 夕 [ 編集 ]


こんにちは^^ 

警官さん、いきなりの直球ですね@@
聡明君は既に、一目惚れしていた様だし、菜月さんもいきなりの事で戸惑ってはいるものの、実は嬉しいのかも知れませんね^^
精神科医の方は何か、ドラクエに出て来そうな雰囲気の神父さんですねぇw
菜月さんの一人称が『ボク』ですが、これはやはり、虐待による防衛本能から来てるのかな?

2017/09/10 15:35 | 水色桔梗光秀@38(t)戦車組立中! [ 編集 ]


 

率直に惚れていると答える辺り、
出逢って間もないとはいえ、
惹かれているみたいですね~。
それにしても、虐待によるストレス……。
やっぱりあの痕だと虐待は確実なようですね(><)
その辺りの過去も気になりますが、
今は取り敢えず、落ち着いて生活を始められるまで、
行って欲しいところですね。

2017/09/10 20:21 | ツバサ [ 編集 ]


八少女 夕様へ 

まあ、漫画ではないので。
その辺はリアリティを持たせています。
記憶喪失は大体虐待とか自分を保護するために記憶喪失になるのが定番です。
辛い記憶から目を背けるための記憶喪失なので。

聡明さんの新設が常軌を逸しているのは良い視点です。
聡明さんの視点から見ると、全く違うものが見えるのですが、
そうなると純愛作品ではなくなるので(笑)。
今回は割愛。

今後がどうなるかはまたお楽しみくださいませ。
(*''ω''*)

2017/09/10 20:50 | LandM [ 編集 ]


Re: こんにちは^^ 

ああ、精神科医の人はこんな人いねえよ。
っていう精神科医にしてます。
設定上は存在していたんですけど、
なかなか登場できなかったんですよね。
所謂神父らしい精神科医です。はい。

一人称がぼくなのは仕様です。
虐待とは・・・あまり関係がないです。

毎度安定感あるコメントありがとうございます。
_(._.)_

2017/09/10 20:59 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

とりあえず、確実に言えることは虐待されたということですね。
それに関しては事実です
過去がどうなっているかはまた分かるとして、
落ち着いた生活が大切ですね。
毎度安定感あるコメントあざ~~す!!
( `ー´)ノ

2017/09/10 21:28 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3063-7e2cb495

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード