2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/09/30 (Sat) 5話

a0960_008138_m.jpg
5話








結婚をした。

聡明さん抜きには生きていくことは出来ない。




・・・・・と分かっているし。
今まで、遠ざけていた問題が一つある。





シャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。










シャワーを浴びて分かること。
それは虐待されていた過去があるということ。
・・・・覚えていないので、アレなのだが。
覚えていない方が幸せのことが沢山ある。
山縣先生が言いそうな言葉である。








・・・・・・セックスをまだしていないことである。






内在的に。
今まで恐怖を感じていた。



虐待を受けていたということは。
私は清らかな女性ではないだろうし。
清廉潔白でもない。


いや、そんな女性がいるのかどうかは怪しいが。



ともかく。
生娘ではないのは確かだろう。
そういう確信もある。






セックスをして、刺激になってトラウマになっていたことを思い出す。
そういうこともあり得そうだ。



・・・ということもあって。



今まで添い寝はずっとしていたのだが。
セックスはしていない。







・・・・・・・結婚しているのにしてないのか。
・・・という根本的な問題がやってくる。









キュ。









・・・・・ウン。
覚悟はある。
そのことはもう聡明さんに伝えておかないと。

いい加減、聡明さんだって。
草食系男子と言っても限界はあるだろうし。

ボクだって、生娘ではない・・と思う。
それを考えると、もういい加減な時期だと思う。







・・・・・・・。












・・・・・・・・・・・・・・・・。
















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。















聡明
「ウーーーーーーーーーーーーーーン。」


菜月
「・・・・・・・コラ。」




寝ていやがるではありませんか。
聡明さん。


これはこれはぐっすりと。

今日が結婚初夜だというのに。
ぐっすりと盛大に寝ている。




・・・・・・そりゃ、疲れも溜まっているだろうし。
ボクのことを配慮されているのも分かる。




虐待された女性。
それにセックスを求めるのはあまりに酷というもの。
そういう配慮もあるから添い寝で終わっているのも分かるけど。




配慮され過ぎちゃうと・・・・どうすればいいのか?
分からなくなるんだよ・・・聡明さん。






聡明
「うん。。。。。。どうかした?」


菜月
「結婚初夜だよ。」



聡明
「義務感でセックスをする必要はないよ。」


菜月
「聡明さんには感謝している。涙を流すほどに。
 どんなに感謝してもしきれない。
 
 だから・・・・。」





ピコン。






菜月
「痛い・・・・。」



でこぴんをされてしまった。





聡明
「負担に思うことはないよ。
 いつも通り、一緒に寝るだけでいいでしょ。」



菜月
「は~~~~~~~~い。」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。













・・・・・・・・・・・・・・。
















・・・・・・・・・・・・。















菜月
「ねえ。ボクって魅力ない。」


聡明
「まさか。今すぐでも抱きたいよ。
 虐待された痕跡、全部舐めまわして、癒してあげたい。」



菜月
「だったら。」



聡明
「義務感や感謝でするセックスは疲れる。
 今は疲れなくても。
 
 それでなくても記憶がなくて不安定な状態なんだ。
 もっと自然な流れですればいいんだよ。」


菜月
「記憶が戻ったらするの?」



聡明
「落ち着いたらでいいよ。
 どこをどう考えても。

 結婚初夜が落ちついた夜とは思えない。
 パーティーもあったし。
 婚姻届けも出したし。

 疲れた時は添い寝して寝る。
 それだけで十分でしょ。」









ぎゅうううううううううううううううううううううううううう。。






強く抱きしめる。
聡明さんは苦しいとか言わない。
抱かせてほしいと言わない。



だけど、心と体の温もりを感じる。
そんな聡明さんとの結婚初夜のひと時だった。




ああ、私は幸せだ。
記憶がなくったって、幸せに生きていける。










スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(15) |


<<6章「結婚」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

菜月ちゃん聡明さん結婚おめでとうございます♪
半年間の時間を経て同居人から夫婦になれましたね

初夜シャワーを浴びながら菜月ちゃんは悩んで考えて意を消して
向かうとすでにお疲れで寝ていらっしゃった(笑)
行為に関してはどちらの気持ちももっともな感じですね、その上で
時期が来れば自然とできるでしょうね

今回地味に怖かったのは先生が欠けた記憶のことを
知っている事ですね。菜月ちゃんも反応でその事に気づきましたし
欠けたピースが埋められた時にどんな事態になるのか・・・

2017/09/30 09:59 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


おめでとうございますぅ。 

ご結婚おめでとうございます。
良かったー。もう二人幸せじゃないですかー。
このままでいいような、
でもホントのコト知りたいような。
そうだ‼️LandM先生、MMにだけ
ホントのコト教えて下さって
二人はこのままでってそうは
行きませんね。
山縣先生の知っている秘密が
怖いのです。

2017/09/30 11:42 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

結婚したのですね~^^
菜月ちゃんが今まで一人で戦ってきた何かと、これからは二人で戦っていくのですね。

私が思っていた以上に聡明さんは頼れるナイトですね。
がんばれ二人、そして幸せな未来を掴み取れますように!

2017/09/30 20:58 | 椿 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/30 21:11 | [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

うむ。
結婚までいくのは予定通りだったので描けれて良かったです。
まあ、この場合は即決論みたいなものがあって。
これをしておかないと困る状況があります。
まあ、この辺は聡明さんの打算的なところも見え隠れするのですが。
全ては菜月を守るためなので、オールOKですね。

聡明さんは絶食系なので、そこまでセックスに興味がない(笑)。
自然な成り行きで・・・ということですね。


山縣先生は真相は知ってます。
当たり前ですが、聡明さんも知ってます。
知っていて放置しているので。
そこは何かあるんでしょうね。

毎度マッハなコメントありがとうございます。
(゜_゜>)

2017/09/30 21:41 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

うん。
そうですね。
幸せですね。
それは確かなのですが。
本当の意味での幸せではなくて、仮初めではあるので。
そこら辺は留意してほしいところですかね。
解決してないことが多いですからね。

山縣先生も、聡明さんも真相は知ってます。
知っていて放置しているので。
そこら辺は何かあるんでしょうね。

毎度嬉しいコメントありがとうございます。
(●´ω`●)

2017/09/30 21:46 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

鍵コメと一緒に返信しますね。

結論から言うと。
聡明さんは菜月の過去を知ってます。
知っているといっても、断片的ですし。
ほぼ知らないに近いです。
この辺は非常にややこしい状況になっているので、
聡明さんも対処に困っている状況です。

山縣先生も状況は把握しているけど、
状況的に手を出せない状況にあります。
治療しようにもできない状況です。
そのため放置してます。

身元・・・・ということに関しては。
聡明さんも山縣さんも全く知らないです。
ただ、菜月の置かれてる状況については把握してます。
それだけは言えますかね。

推理は残念ながらハズレですかね。。。
まあ、身内だったら恐ろしいことになるので。

結婚したことに関しては勿論愛していたこともありますけど。
他にも理由があります。
法律的な問題で。
そこもヒントですかね。。。


毎度推理をありがとうございます。
(●´ω`●)

2017/09/30 21:58 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。もう結婚~!?とびっくりでした(笑)
結婚初夜も安定の聡明さん(笑)
記憶が戻っていなくて不安定な菜月ちゃんを気遣って
自然な流れですればいい…本当に優しいですね。
温かい心の持ち主と結婚できて幸せいっぱいの菜月ちゃんが
羨ましいです! それにしても…聡明さんは会社では
会話全てチャットやメールだったのですね(笑)

先日は私の絵にほっこりしてくださりありがとでした☆
性格的にも癒し系の子でしたね。花言葉は奥が深いですよね…!
そういえば、漢方系の花言葉は真面目に調べた事がなかった
ので、そちらも勉強しようと思います!LandM様の作品で
花といえば…今の菖蒲、そして青い薔薇の命も印象に
残っている作品です。では読んでくださり、ありがとでした☆

2017/09/30 22:08 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

聡明も結婚を切り出して、
菜月もそれを受けて結婚に(´∀`)
ここまで来るとそれだけでもハッピーエンドに出来そうですが、
やっぱり、失った記憶の事が今後絡んで問題になる可能性もあるので、
幸せになったとはいえ油断できないですね(><)
山縣先生も何か知っているような感じですし、
それが明らかになったとは似どうなる事やら……。

2017/10/01 18:12 | ツバサ [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

まあ、半年経過しているので。
結婚はOKです。。って形です。
聡明さんはいつも通りの平常運転です。
山縣先生もですけど。
聡明さんは会社では文章通りです。
菜月の視点と他の視点では全く聡明さんの印象は異なります。
毎度ほっこりコメント返しありがとうございます。
(●´ω`●)

2017/10/02 00:34 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

結構、この問題は深いので。
なかなか解決しない問題になってます。
多分、今回の話では解決しないのであしからず。
そして、真実も公開されないまま終わります。
山縣先生が知っていることも明らかにならないままですね。
今回の話は「希望」や「良い便り」であって、
真実を究明する話ではないので。
純愛劇場をお楽しみくださいませ。
(●´ω`●)

2017/10/02 00:38 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。

お、結婚したのですね。
おめでとうございます。
それ自体は、驚かなかったのですが、聡明氏、添い寝続行でOKなんですね!

いやあ、私は女なので、「君のためにいつまでも清いまま……」の展開は大いにありなんですけれど、男性にはそれ(毎晩隣でお預け状態)って辛いことだし、現実的ではないのではないかと思っていました。当の菜月さんも驚いているみたいですけれど。

って、現実に絶食系とか、ソフレとか存在しますものね。それってどういう状態なのか、常々不思議に思っていましたので、この小説でその一端を覗き見られたらいいなと思っています。

聡明氏は、どうやらただの優しいだけの存在では無さそうな予感、菜月さんの過去の謎だけでなく、彼の絶食系である背景も含めて、続きを読ませていただきますね。

2017/10/02 04:15 | 八少女 夕 [ 編集 ]


こんばんは^^ 

ご両人、ご結婚おめでとうございます^^
細やかな結婚式ではありますが、それでもご両人にとっては、幸せなんでしょうね^^
これからがいよいよ、お二人にとっての真の夫婦生活ですね^^
頑張ってください!
夜の営みはまぁ、確かに『義務感』でする物じゃぁ無いですからね^^
お互いその時がくれば・・・それでいいと思います^^

2017/10/03 18:24 | 水色桔梗光秀@38(t)戦車組立中! [ 編集 ]


八少女 夕 様へ 

大体展開的にはオーソドックスにしているんですよね。
この小説は。
原案自体はかなり昔に作ったものなので。

それに最近のブーム?のソフレや絶食系が上手く絡み合った作品になっております。
実際にソフレや絶食系の取材した記事とかを参考にして、
調べて描いたのが聡明さんです。
それと今回の菜月。
その関係性がピュアで描かれた感じになって良かったと個人的に思ってます。

聡明さんはただ優しい人ではないですが、絶食系なのは生まれつきです(笑)。
あしからず。

毎度コメントありがとうございます。
<m(__)m>

2017/10/03 19:38 | LandM [ 編集 ]


水色桔梗光秀@38(t)戦車組立中!様へ 

そうですね。
この二人にとっての幸せな結婚は何か?
・・・と考えると、これぐらいの規模の結婚式になりますね。
また記憶とかが戻れば、適時行ったらよいと思いますからね。
焦らずじっくり愛情を育んて行く。
そういうのもあって良いと思います。
タメになるコメントありがとうございます~。
(●´ω`●)

2017/10/03 19:45 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3081-279eb914

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード