FC2ブログ
2020・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2010/05/26 (Wed) 17話『瞠目せよ。それこそが弱者のすることだ。』

アルトフュールネリコ「カレン!!隕石が落下する!!」

マユルを倒した余韻に浸る暇もなく、精霊アルトフュールネリコの怒号が聞こえる。
上空を見上げると、隕石が落ちようとしていた。


満月の夜。
壮美な建物。
満天の星。
人工の灯りの数々。

そして、それに似つかわしい隕石が怒号のように落ちてきた。
その総量は明らかに、以前シェクスピアが落とした隕石魔法よりも大きい。

この本庁を潰すに十分なものがあった。









カレン「アレは脅しで使って戦争を終わらす為にあるんじゃないのか!!??」


カレンは一瞬疑問に思う。
落ちているものに嘆いても疑問符を投げかけても仕方ない。


考えようによって、マユルが負けたら落とすと決めていたのかもしれない。
それはあり得ることだ。

カレンが存在していたら、隕石魔法は止められるに決まっている。
そうなればシュラインは降伏しない。


だったら、隕石を落とす。
アイアトーネ本庁を潰して、多少なりとも指揮系統をつぶしておいた方が戦争を楽に運べる。
脅しも通用するかもしれない。



だったら、隕石を落とすタイミングはいつか?

今以外に考えられない。
マユルを倒して、一瞬余韻に浸り、魔力供給も追い付いていないこの状況。
絶妙である。




考えたものだ。
流石は魔王。
戦略はかなり働く。
ここまで考え込まれているのであれば、確かに落とせるだろう。
アイアトーネ本庁を潰すことはできるだろう。


――――それが、普通の人間であれば。







カレン「吼えろよ!!!聖剣グラストおおお!!!!」

アルトフュールネリコ「聖剣グラスト。フルドライブ!!」


カレンは踏ん張りを利かせた。

そして、カレン中心に光が纏う。
穏やかにして壮美な光。
カレンの消費した魔力が一瞬にして回復に向かう。



カレン「これが最後だああああああああああ!!!!!!!!!!!」」



ドオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!

カレンは自分の最大限の下肢の筋肉と魔法によって、空中に空を飛んだ。
そして、真っ直ぐに隕石へと向かった。




隕石に対する勇者。
そして、聖剣グラスト。


バシュウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!

カレンは真っ直ぐに隕石を切りつけた。
そして、ソレは起こった。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<18話『必ず勝て。勝った奴は真実すらも歪めることができるのだ。』 | TOP | 16話『敗者は地べた這いずり回って寝ていろ。』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/309-273e26b7

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード