2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/10/14 (Sat) 5話

a0960_007439_m.jpg
5話







菜月
「・・・・・・やっぱり思い出せない。。。。」



卓也さん。
元彼氏が送って来た思い出の品である。


今はアルバムを見ているのだが。
それでも全く思い出せない。



いや、ボクが写真で写っているのは間違いないのだが。
それでもボクが写っているとは思えない。

まるで、ボクの覆面が写ったような。
そんな錯覚を受ける。






聡明
「無理に思い出せなくてもいいよ。
 病気なんだから仕方ない。」


菜月
「でも・・・・・。」


聡明
「思い出せないから病気なんだ。
 それに思い出さなくても生きていける。

 必要なのは未来なんだから。」




言い聞かせるように。
聡明さんは言ってくれた。



それでも、ここまでの材料が揃っていて思い出せないのも。
なんだか聡明さんに悪いような気がした。







それでも必要なのは未来。
・・・それも正解である。



過去は過去である。
思い出せない以上、仕方ない。






菜月
「・・・・うん。仕方ないよね。
 何か思い出したら、また見るようにするよ。」



聡明
「そうそう。これは思い出すきっかけであって。
 これを見て、無理やり思い出すものでもない。」




聡明さんはいつも優しい。
ボクにここまで親切にしてくれる。
それはとても助かることである。



聡明さんの言う通りだ。
アルバムを見て、無理やり記憶を取り戻そうとしても仕方ない。


記憶喪失だから言って、死ぬわけでもない。











・・・・・・。












・・・・・・・・・・・・・・。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。















しかし、本当にこのままで良いのだろうか。

確かに今は幸せに過ごしている。
聡明さんの奥さんとして。
幸せに過ごしている。
そのことは断言できる。
断言できる以上、それ以上のことが言えない。


記憶を取り戻せなくても幸せ。
ボクはそう思っているし、聡明さんもそう思っている。






だけど、周りから見るとどうなのだろうか?
それは微妙なような気がする。






しかし、こればっかりは病気なのだ。
仕方ない。。。。


・・・・と言い切るしかない。






悩ましい病気である。
この病気も。


解離性健忘・・・・だったけ。
記憶喪失という病気も。





それでも・・・。
ボクには聡明さんがいる。
聡明さんさえいてくれたら、ボクは幸せに生きていける。







スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(19) |


<<8章「記憶の欠片」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

今はまだ恐怖しか前の記憶がないから思い出せないんでしょうね
ただいくら頭で思いだそうと思っても心がまだストップをかけて
もしくは本当にこのままの方が幸せなんだろうって認識して
いるのかも知れませんね

いずれは両親との再会もあるでしょうが、こればかりは気長に
時がくるのを待つばかりですね

ふと、もし目の前から自分の世界から聡明さんがいなくなったら
と想像したら記憶の中の恐怖よりもさらに恐怖の波が
押し寄せてきそうですよね

2017/10/14 09:52 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

おはようございます。今回は卓也さんとの再会…。
記憶にない「皐月」の話は菜月ちゃんにとっては
ピンとこない、他人の記憶を聞いているような
気持ちですよね…。うなだれるように泣く卓也さんは
「皐月」に記憶をなくしてしまう程の酷い虐待はして
しまったけど(虐待に至った経緯も気になる部分の1つ
だったりです)、本当に心から反省していると感じましたし
「皐月」を心から愛する気持ちもあった…と思います。
不幸な経験をしたからこそ、今の幸せがある…でもこのまま
ではいかないでしょうね。これからも見守らせて頂きます!!

本日はコメントありがとでした☆
桜ルートはLandM様が1番お好きなルート♪良いですよね~☆
物語の根幹を為す物語!…で、他のサーヴァント
ばったばった…なのは辛いですが(汗)ついに公式で盛り上がる
時がきてくれましたね!漫画版も気になってます~!
では読んでくださり、ありがとでした♪

2017/10/14 10:58 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

元彼がすっきり諦めてくれて良かったです。やっぱり聡明さんの存在が大きかったのでしょうか。

けれど、話を聞いてもアルバムを見ても少しも喚起されない『皐月』としての記憶……

もう必要ないんじゃないかな。そこまで忘れ去るほどの思いをしたのなら、それはなかったことにして、あの晩聡明さんと出会った時に生まれたのだと思って生きていけないかな……と思いつつ。

やはり本人は気になってしまうよね……とも思います。
がんばれ……菜月ちゃん。

2017/10/14 11:20 | 椿 [ 編集 ]


良かった? 

卓也さんが無理やり連れ戻したり
する人じゃなくて良かったぁ。
だって暴力とか振るう人なんですよね?
ちゃんとわかってくれた?
みたいで…最初からそうやって
優しくしてくれれば。
でも菜月さんすごーい
おかげで聡明さん出逢えたなんて
ポジティブですよね。
とっても強い人なんですね。

2017/10/14 11:31 | TYPE MM04 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/14 11:32 | [ 編集 ]


 

今晩は。
元彼と三人でご対面。
記憶は戻らなかったけれど、彼が事情を理解し潔く手を退いてくれてくれて良かった。
記憶を失くすほどの虐待をした程の人だから引き際が悪いかとも思ってましたが、聡明さんの立場からの機転が彼が上手く手を退いてくれるきっかけになったのかなと思います。
両親には直ぐに連絡してほしいですね。
本当に心配していると思いますから。
記憶があっても無くても、子供の安否が分かるだけでも安心できると思いますし。
これから記憶が戻っていくのかは分りませんが、本当の意味で聡明さんが彼から受けた恐怖を忘れさせてくれた時……、夫婦としてのもっと深いきずなが生まれそれを上回ることができた時、戻るのかもしれないかな?と漠然と思ています。
頑張れ、菜月ちゃん、聡明さん!

2017/10/14 19:03 | 涼音 [ 編集 ]


こんばんは^^ 

元彼、すんなりと理解を示してくれて、良かったですね^^
虐待をしたとは言え、寧ろこの元彼も、根はいい奴なんじゃないか?
・・・とすら、思えて来ました^^;
さて、次はご両親と会う番ですが・・・
これまでも思い出せなかった記憶、果たして取り戻せるのでしょうか?

2017/10/14 19:14 | 水色桔梗光秀@38(t)戦車製作中! [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

ま、あながち不正解でもないですからね。

記憶喪失っていうのは、
自分自身を保護するためにするものですからね。
要するに、自分自身の自我を守るために、忘れることにする。
脳を保護する。

その観点から言ったら、
未だに脳がブロックをかけているということですね。
記憶が戻ると恐怖の波が押し寄せる。
・・・ということが菜月の記憶を取り戻すことをロックしているのでしょうね。

両親の件を含めて。
気長に構えるしかないですね。

毎度マッハなコメントありがとうございます~~~!~!!!!!!!
(●´ω`●)

2017/10/14 23:05 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

病気になるとそういうものなんですよね。
・・・・多分。
完全に脳がブロックしているというか。
脳が実感として感じないようになるんですよね。
知っているのに知らない。
知らないのに知っている。
不思議な感覚になってきますからね。
菜月の心情から言っても微妙な感じです。
ピンと来ないというのが的を射た答えでしょうね。

毎度丁寧なコメントありがとうございます。
(/・ω・)/

2017/10/14 23:16 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

逆に記憶が喪失して吹っ切れたのかもしれませんね。
記憶は忘れて、覚えての繰り返しですからね。
それを考えると忘れる行動が悪いわけではないですからね。
まあ、全部忘れるのは問題だとして。
コンピューターも人間も
フィートバックして、覚えるのと忘れるのをしないとパンクしますからね。

まあ、あまり彼氏のことが観点になる話ではないので。
経過という観点であって。
あまり元カレは主要人物でもない。。。
(;一_一)

毎度感情がこもったコメントありがとうございます。
(゜_゜>)

2017/10/14 23:56 | LandM [ 編集 ]


椿様へ 

まあ、彼氏が云々文句を言うようなところに主眼を置いていないですからね。
そこは割愛ということですね。
ここで文句を言うようになったら泥沼ですし。
多分、そういう展開になったら、
聡明さんがさっさと警察に連絡しているでしょうからね。
そういう脅迫はあったと思います。
彼氏さんも諦めるしかないということですね。


菜月の恐怖は記憶のアレとは全く別種のものです。
実は菜月は怖がりなだけであって、
聡明さん以外は基本的に信頼してないわけであって。
そのアタリが恐怖を感じているというわけですね。

もともと皐月はどうなのか。。。
そういうところも想像してくると面白いですね。

毎度面白いところまでコメントありがとうございます~~~!~!!!!!!!
(゚∀゚)

2017/10/15 02:35 | LandM [ 編集 ]


涼音 様へ 

他の人にもコメントしてますが。
彼氏とはその辺は割愛してます。
もっと文句を言う場合は、聡明さんは警察に連絡していたでしょうし。
虐待についても警察に報告していたでしょう。
そこの辺の脅しもきいているのでしょうね。

後は両親ですね。
この辺がどうなるか。
結構難しく、ナイーブな問題ですよね。
それを彼氏に聞けたのは大きなことだと思います。
後は二人の愛の力でどこまで乗り越えられるかですね!!

毎度コメントあざ~~す!!
(*ノωノ)

2017/10/15 02:39 | LandM [ 編集 ]


水色桔梗光秀@38(t)戦車製作中! 様へ 

根は良いかもしれませんがmやっていることは悪いことなので。
そこは勧善懲悪です。

思い出せなかった記憶が思い出せるのか。
そこは難しいところですね。
頑張れ!!聡明さんと菜月ちゃん!!

毎度、コメントありがとうございます。
(゜_゜>)

2017/10/15 02:41 | LandM [ 編集 ]


 

緒方皐月として生きて来たというのも事実であるとしても、
今は篠原菜月として幸せに生きるのだから、
必ずしも過去と向き合って生きていく必要もないですもんね。
必要なのは未来と聡明が言っているように、
このままでも幸せならそれでもいいとは思いますが、
実際に両親と連絡が出来る段階にとなると、
心の方も色々と揺れてしまうのかもしれませんね。

2017/10/15 21:17 | ツバサ [ 編集 ]


 

こんばんは。

全く思い出さなかったのですね。
虐待していたという本人に会っても、写真などを受け取っても。

言葉だけなら「実は更に裏があって」なんてこともあるのでしょうが、写真などの証拠に当たるものまで存在したのだから、この人が本当に元彼だったのですね。

さて、虐待していた人とは、記憶を失っててでも離れたかったのだろうから、あっさりと切れてめでたいのでしょうが、ご両親との対面はどうなるんでしょうね。

まあ、ご両親にしてみたら、虐待していた人とではなく別の人と幸せになっているのだから、それを引き剥がそうとしたりはしないでしょうけれど、でも、自分たちのことを思い出してくれないというのはショックでしょうね。

それともご両親のことも忘れたかった理由があるのかしら。色々と考えつつ、次回をお待ちしますね。

2017/10/16 02:39 | 八少女 夕 [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

ま、そういうわけですね。
こういう場合は。
記憶喪失で戸籍が分からなくなって、
それで新しい戸籍を作った。
そして、元の戸籍も分かりました。。。
ってことになると、どちらか選べますからね。
そこの選択権は本人にあるわけであって。
他人にはないですからね。
新しい道。今まで辿った道。
どちらを選ぶかはそれぞれですからね。
毎度安定感あるコメントありがとうございます。
(/・ω・)/

2017/10/16 23:46 | LandM [ 編集 ]


八少女 夕 様へ 

まあ。
実際問題。
手がかりがあっても、記憶が戻らないのが病気であって。
そう簡単に記憶が戻るなら病気と認定されないですからね。。。
そこら辺はドラマと違います。
手がかりが見つかりました~~、記憶が戻りました~~、
・・・っていうのはいささかリアリティが欠けますからね。。。
なかなか難しいものですよ。
記憶喪失っていうのも。
特に菜月の記憶喪失は相当に頑丈にできてますからね。
どうやったら、記憶がもどるのやら。。。

毎度、夕さんからのコメント涙が出ます~~。
(ノД`)・゜・。

2017/10/16 23:51 | LandM [ 編集 ]


 

こんにちは('ω')

前回敢えて書きませんでしたが、
自分は主人公を虐待していたのは元彼ではなかったのではないかと予想していました。
しかし本人が認めているので間違いないのでしょう。

今回は主人公の過去が明らかになる重要なお話…のはずでしたが、
自分の過去を知っても今ひとつピンと来ない様子ですね。
次回は家族に会いに行くのでしょうか。
どうなるのか楽しみですo(^o^)o

2017/10/17 13:07 | らす [ 編集 ]


らす 様へ 

返信遅れて申し訳ありません!!
<m(__)m>

あ、確かにそういうミスリードの在り方はありですね。
残念ながら、今回は虐待された彼氏に何かあるわけではないですし、
そこに焦点があっているわけでもないので。
残念ながら、違うんですよね。
家族とはどうなるのか!!??
次回からお楽しみ!!
(*ノωノ)

2017/10/18 12:48 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3093-d2c0552e

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード