FC2ブログ
2020・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2010/05/26 (Wed) 18話『必ず勝て。勝った奴は真実すらも歪めることができるのだ。』

krokare_convert_20100526174153.jpg


カレン「―――――――な!!??」

アルトフュールネリコ「なに?」


カレンは隕石に斬りかかった。
そこまでは良い。
だが、斬った手ごたえもなければ、魔力が衝突し合う形跡もない。







バユウウウウウウウウウウ!!!!!

カレンがそう思った瞬間。
隕石は姿を変えた。
隕石ではなく、何かを飲み込む黒い球体になった。








アルトフュールネリコ「違う!!これは隕石魔法じゃない。フェイクだ!!強制空間転移魔法だ!!」

カレン「なんだと!!」


隕石に見せかけたフェイク魔法。
その本質は強制転移を行う魔法である。



カレンの思考が駆けめぐった。


だまされた?
いや、隕石を落とすこと自体がフェイクだと考えづらい。
隕石を落とすこと…あるいはそれによる脅しは戦略上必要不可欠なはずだ。
そうでなければ、戦争を早期に終結することが不可能になる。
それは魔王とて考えることである。



まさか。
ある答えを見つけたカレン。

ここまですべて計算どおりと見込んでいたとしたら?
カレンとマユルが死闘を演じることも計算の内。
そして、カレンが勝つことも予想に入れていた。

だったら、その上に策を乗せればいい。
例え、カレンと言えどもマユルを倒した瞬間であれば、判断力が鈍る。
フェイク魔法にかかる可能性は限りなく高い。

そこまで見越しいたとしたら。






カレン「魔おおおおおおおおおう!!!!!!!!!」




クロンの声が木霊する。

クロン「言ったはずだ。
    私は勇者は過小評価しない。
    最大評価をしている。
    龍を倒すのは計算の内。
    鬼を倒すのも分かっていた。
    マユルと死闘を演じるのも計算の内。
    そして、キミが勝つと信じていた。
    最後に隕石を叩き潰すだけの余力を残すことも。
    勇者は勇者でなければならない。
    世界を救うヒーローになってもらわなければ困る。
    そこまで勝ち上がってくるのは必定だ。
    最後に隕石を防いでもらわないといけない。
    そして、隕石落としを防いだ勇者様が消えたら、嫌でも士気は下がる。
    そうすれば、シュラインは和平に応じる。
    殺さずにして、和平のテーブルに着かせることできる。
    私だって大量虐殺はしたくないんだ。
    ああ、人殺しなんてしたくない。
    魔王はな、人を殺さなくても恐怖を与える存在じゃなきゃいけないんだよ。
    それが魔王だ。
    不殺で恐怖を与えることが出来るのが魔王だ。
    だから、キミには隕石落としを防いでもらわないといけない。
    それを計算しない奴は単なる馬鹿だ。
    勇者が勝利するなんて言うのは真理だ。
    他の馬鹿どもはそれでも勝とうとするから駄目なんだ。
    ああ、そうだ。馬鹿だ。
    勇者を殺す?
    そんなこと考えるだけ馬鹿らしい。
    私はそんな面倒くさいことしたくもないんだ。
    さて、今回は私の勝ちでいいかね?
    いくら、勇者様でも強制ワープされたら、
    こっちに戻ってくるのに時間がかかりすぎる。
    その間には戦争が終わる。
    魔王にとっての勝利は勇者の前に姿を現さないことにあるんでね。
    魔王は忙しいんだ。
    アポイトメントを取られても、会えないのでよろしく。
    最後にありがとう。
    勇者様のおかげで大量虐殺をせずに戦争に勝てそうだ。」




カレン「キ――――――――――――。」


シュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ。






カレンと聖剣グラストは強制転移に巻き込まれた。
そして、さっきの怒号が嘘のように消えた。
    
   


勇者と魔王の対決。
制したのは魔王クロン・ウェスターノだった。

                   
           

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(4) |


<<19話『感服せよ。この戦争の正体をすべて理解したのは少年王だけなのだ。』 | TOP | 17話『瞠目せよ。それこそが弱者のすることだ。』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

考えましたね魔王様。やるう。

2010/05/29 15:41 | ポール・ブリッツ [ 編集 ]


ポール・ブリッツ様へ 

まあ、とりあえず伏線らしきものは振っておきました。
考えてみれば、そういうことを方針に行動をしていたなあ・・・という風に話を進めておきました。隕石落としの作戦とこの結末はセットでしたので。…気づいた方はいるんでしょうかね。。。

2010/05/30 17:09 | LandM [ 編集 ]


 

うおう。
カレンさん、やっぱり反則だよ。……と思ったところへクロン様の逆襲!
なるほど、この手があったか!
どっちもスゴいと感じさせての闘いの幕切れ、お見事でした。

2014/12/16 19:36 | 椿 [ 編集 ]


椿 様へ 

おっと、コメント遅れました。
すいません。。。

フラグは一応立てていたつもりです。
ばれにくいように立てましたが。
お互いの魅力が出せた戦いで良かったです。

2014/12/17 20:15 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/310-67a2560b

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード