2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2017/10/28 (Sat) 4話

a0960_006933_m.jpg

4話





拝啓。


篠原 菜月 様へ。




この名前が未だに実の娘の名前であるということが信じられない自分がいる。
そんな父親を許してくれないか。



名字は結婚して変わり。
名前は記憶喪失によって変わった。


それでも自分の娘。
それが現実である。
そんなことを認めることができない父親の器量は小さいことを許してくれないだろうか。




今すぐ会いたい気持ちが大きい私ではある。
そして、思い出話をしたい気持ちがある。


しかし、それをすると、娘を悲しませ、困惑させることになる。
医師からもそう言われたし、実際に娘もそうなのだろう。





それは仕方がないことである。
記憶喪失なのである。



元々の恋人を忘れ。
私たち両親のことを忘れたいほど辛いことがあったのだ。
その結果の産物である。


娘を暴力から守れなかったことは今でも悔いている。
そして、その結果、記憶喪失になってしまったことも悔いている。





だが、その結果の産物として。
娘は幸せを手に入れることができた。
それは僥倖であろう。




自分の娘は不幸を味わったうえで、今は幸福の絶頂にいる。
そのことを両親としては祝福したい。




祝福したい気持ちがあるが。
それと同時に後悔の念がある。





聡明くんという男性に感謝すること。
聡明くんという男性を愛し続けなさい。
そのことを忘れないようにしなさい。







今の私から言えることはそれだけである。






数々の言葉を交わしたいと思っている。
だが、それが今の娘を困らせることになることも知っている。


だからこそ。
今の自分も手紙でしか触れ合いないことを許してくれ。




愛する父親より。





敬具

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<5話 | TOP | 3話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3103-6c732e6b

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード