2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2017/10/28 (Sat) 5話

a0960_008138_m.jpg

5話






菜月
「・・・・・聡明さん。。。」


聡明
「ああ・・・・時間がかかるだろうけど。
 手紙でのやり取りで徐々に関係を作っていけばいい・・・と思う。」


菜月
「うん・・・・・うん!!」



聡明
「良かった・・・・。」





良かった。
本当に良かった。


お父さんが手紙に応じてくれている。
そして、ボクの病状についても理解をしてくれている。

・・・そのことが感謝だった。






時間はかかるかもしれないが。
いや、時間はかかるだろうが。
それでもこれから自分の両親とも関係を作っていけばいい話である。



いつかは分かってくれて。
会える日も来るはず。
だって。
実の両親なのだから。








菜月
「・・・・・・聡明さん。」



聡明
「どうしたんだい。」



菜月
「また、ゴロゴロしたい~~~~~~。」



聡明
「菜月は甘えん坊だなあ。。。。」





・・・・・・。









・・・・・・・・・・・・・・・・・。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。















ゴロゴロ。
添い寝をしてもらう。
いつもこうしてもらうと安心をする。


ボクにとっての精神安定剤である。





菜月
「ボクにとって聡明さんがすべてだよ。」


聡明
「そりゃ嬉しい。」


菜月
「聡明さんがいなかったら、自分は存在できないから。」


聡明
「大丈夫だよ。ずっと一緒にいるから。
 菜月がそれを望む限り。」






あったかい。
温かい。
この聡明さんの温もりが何よりも大好きである。



身体だけではなくて。
心までも溶かされる。。。
そういう心情になる・・・この添い寝。





居心地が良い。。。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・。













・・・・・・・・・・・・。















菜月
「ねえ。聡明さん。」


聡明
「・・・・ん?なんだい。」


菜月
「これからもまだたくさん問題は出てくるかもしれないけど。
 聡明さんがいれば、乗り越えられると思うから。」


聡明
「最後に愛が勝つ。」


菜月
「えへへ・・・・そうだね。」


聡明
「菜月が望む限りいるから大丈夫だよ。」



菜月
「聡明さん・・・・。」


聡明
「・・・・・・ん?」





























それでもボクはずっと幸せだよ。
聡明さんがいる限り。
























スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(18) |


<<10章「アヤメ」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます


とりあえず気持ちも伝えられてかつお互いの理解も得るには
手紙という手段は最適なものですね

お互いに時間はかかるだろうし、記憶がこのままだったとしても
いつかはちゃんと向き合える碑が来るといいですよね

それと今回気になったのが聡明さんが言っている
~が望む限りの言葉、菜月ちゃんも言っているけど
おそらく2人の言葉はそれぞれ意味が違う感じがしました
菜月ちゃんはこの幸せが続くのは聡明さんのおかげでわかるけど
はたして聡明さんの意味はどんなものなかなっと
(かんぐりすぎだったら恥ずかしいですが 笑)

2017/10/28 10:10 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

ああ~今回の菜月ちゃんぐうかわすぎますじゃ~。
聡明さんに素直に甘えてる彼女が可愛すぎる……。
最高の甘々をいただきました、ごちそうさまでした<m(__)m>

父親も分かってくれたようですし、まずは安心でしょうか。
(多分)生まれたばかりの『篠原菜月』ちゃん。
皐月に戻るのではなく菜月として生きていく気持ちも固まって来たというところでしょうか。

……でもまだ最終回ではないのですよね?

2017/10/28 15:09 | 椿 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

精神科の領域においては。
手紙というのは結構有効なものですね。
お互いに時間が必要ですからね。
この手の問題は。
それと手紙のアヤメをかけました。


ま。
聡明さんは色々隠しているので。
そこら辺は割愛。
自分で想像してみるのも良いと思います。
今回の主眼は菜月が幸せになることであって、
他は結構おきざりにしているところがありますからね。

最後まで読了ありがとうございます~~!!!
(ノД`)・゜・。

2017/10/28 17:55 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

・・・ん?
今回で最終回ですよ。
最終章にした方がよかったか・・・?
(;一_一)

とりあえず、これで一安心ですね。
まあ、すべてがオールOKというわけではないですが。
それでもまあ、なんとかなったのではないでしょうかね。


とりあえず、「それでもアヤメが好き 解決篇」は作ってますが、
続編希望があるかどうかで決めます。

今回作品も読了ありがとうございます!!
(ノД`)・゜・。

2017/10/28 17:58 | LandM [ 編集 ]


良かったぁ。 

お二人は幸せなのですね。
ひとまずもう誰も
ジャマしないんですよね。
記憶が戻らないのは
少し残念ですけど
ご両親とも新しく関係を
作っていくことで良いってコトで
理解のあるお父様で良かったです。
ところでやっぱり
解決編も読みたいなー。

2017/10/28 18:46 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

おっと最終回で良かったのですね。
クレジットがなかったのでもしかして? と思ってしまいました。鈍感で申し訳ありません。

改めて、甘々の大団円ごちそうさまでした!
深読みし過ぎて迷走したりしましたが、それも含めて楽しかったです。
解決編はぜひ読みたいですね~。
今回も素敵な物語、ありがとうございました。
連投失礼いたしました。

2017/10/28 18:54 | 椿 [ 編集 ]


こんばんは^^ 

感動の、最終回ですねTT
御両親ともわかり合えたし、いつかはまた、御両親とも再会できる日が、来るといいですね^^

今の娘の苗字や名前を聞いても、認められない器量・・・

いやいや、どこの親だって、自分達の子供が記憶喪失になってしまったら、そうなってしまうでしょう・・・
寧ろ、突然現れた夫、聡明さんに対して認めてあげた事は、器量が狭いよりも寧ろ、広い方だなぁって思いました^^

2017/10/28 21:31 | 『剣』と『弓』@38(t)戦車製作中! [ 編集 ]


 

こんばんは。

あ、今回が最終回だったとは。
ハッピーエンド(とりあえず?)でしたね。

アヤメにはそういう意味があったのですね。
直接会うよりも、手紙による交流がこの病には有効だというのもなるほどなあと思いました。

でも、聡明氏の件は、ますます謎につつまれたまま終わってしまいましたね。

自分の過去もわからないのだからそこにこだわる余裕はないのかもしれませんが、菜月が聡明氏の「普通じゃなさ」に氣が付いた時は、新たなサスペンスドラマのはじまりのような……。

まずは完結おめでとうございました。

2017/10/29 01:11 | 八少女 夕 [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

ひとまずは幸せですね。
これで二人の愛に障害はない!!
(/・ω・)/

・・・というところで終わりです。


記憶が戻らないのはアレですけど。
これには理由もあります。
解決篇は希望の数次第ですね。
今のところ二人なので、掲載考えておこうかな。。。

毎度最後までありがとうございます~~~!~!!!!!!!
(ノД`)・゜・。

2017/10/29 17:12 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

・・・・。
小説自体は甘々なんですけどね。
椿さんから見ると滑稽に見えるかもしれませんね。
この小説の存在自体がミスリードですからね。
違う視点からみるとミステリーですからね。

こういう作品が愛されるのか。。。
(;一_一)


何はともあれ。
隠しコメント含めてありがとうございます。
(/・ω・)/

2017/10/29 17:15 | LandM [ 編集 ]


『剣』と『弓』@38(t)戦車製作中!様へ 

分かり合えた・・・の一歩ですかね。
こういうことには時間がかかりますからね。
面会謝絶も続いていますからね。


なかなかね。
自分の子どもがこうなると・・・色々考えてしまうことはありますからね。
難しい問題です。

最後まで読了ありがとうございます!!
(ノД`)・゜・。

2017/10/29 17:17 | LandM [ 編集 ]


八少女 夕 様へ 

ああ、そうです。
タイトルは最後まで迷ったのですが。
結局、手紙のやり取りからアヤメにしました。
ようやく、タイトルに帰結したな。。。

聡明さんの謎については謎のままです。
謎の解明には解決篇を用意してます。
まあ、それを掲載するかどうかはまた掲載希望があるかどうかですね。
私としては、このまま終わった方がいいような気がしますが(笑)




夕さんも最後まで読了ありがとうございます===!!!!!
(/・ω・)/
とてもうれしいです!!
(≧▽≦)

2017/10/29 17:19 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。菜月ちゃんが両親の事を思い出すまで、両親とは
どうするのかな…と思っていましたが、手紙はとても良い方法
ですよね。アヤメの花言葉の「良い便り」もばっちりで良いですね。
今すぐ会いたい、思い出話をしたいと思いながらも、菜月ちゃんを
悲しませたり、困惑させることにもなる…と菜月ちゃんを気遣い、
娘を暴力から守れなかったこと、記憶喪失になってしまったことを
悔やみ、そして幸せを祝福するご両親の優しさに心に染みました。
怖い事もたくさんあると思いますが、やっぱり
いつか両親の事も思い出して、会って欲しいと感じます。

また「甘えん坊んな菜月が好き」「最後に愛が勝つ」と言ってくれる
聡明さんは優しくて温かくて、やっぱり菜月ちゃんが羨ましくなって
しまいますが、手紙で「とても幸せ」「王子様とも言える男性」
「産んでくれてありがとうございます」と語る菜月ちゃんの
言葉もとても素敵で、やっぱりお似合いの2人だなぁと感じました。

先日はコメントありがとでした☆生徒会の一存は
アニメ化もした人気作ですよね。LandM様はゲームからですか!
煌先生の絵良いですよね♪では読んでくださり、ありがとでした☆

2017/10/29 19:48 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

完結おめでとうございます♪
実際に会うのはまだ先の話だとしても、
こうして手紙でまた一から関係を作っていくというのも、
一歩ずつ歩み寄れていいですね(´∀`)
最初から親と子供としての関係を求めずに、
まずはお互いを知って行く事から、
関係も構築していけるといいですね。
二人の今後の結婚生活も気になりますが、
幸せな道を歩んでいって欲しいですね~。

2017/10/29 21:27 | ツバサ [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

まあ、前略よろしくではないですが。
精神科でのコミュニケーションの取り方として、
手紙はよく使われる方法のひとつではあります。
そのため、それと花言葉のアヤメをかけて完結しました。
まあ、タイトルは後付けなので、アレなのですが。。。

聡明さんは菜月にベタ惚れなので大丈夫ですね。
ある意味、純愛劇場として、良かったですね。
こういうほっこり恋愛劇場は良かったなあ。。。
・・・と思います。
まあ、箇所個所に才条蓮らしさを入れているのでストレス解消できました。
単なる純愛劇場で終わらない。
・・・そんなミスリードも用意してましたので、良かったです。

最後まで読んで頂きありがとうございます!!
(≧▽≦)

2017/10/30 21:35 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

ま。
実際に、記憶喪失で実の両親に会うっていうのは緊張する・・・
もんじゃないんですかね。
多分。
個人的にはそう思ってます。
相手側の両親より変なプレッシャーが求められるので。
それを考えると、やっぱり手紙は有効手段だと思います。
少しずつ進めるところがミソですね。

最後まで読了ありがとうございます。
(ノД`)・゜・。

2017/10/30 21:38 | LandM [ 編集 ]


 

今晩は。
完結お疲れ様でした。
先日読むだけ読んで、感想を書きかけたうたた寝しちゃって^^;

両親とは手紙のやり取りになったようですが、それで正解だったと私も思います。
記憶が戻っていない状況で会ったところで、冷静に会えるとは到底思えないし。
聡明さん、両親に連絡したことを謝ってましたが、両親にしてみればそれが分かっただけでも救われると思いだったと思います。
記憶がないと言われてショックだったとしても、元気でいてくれる。それもこんなに良い人が一緒に居て守ってくれていると分かったら感謝感謝ですよ。聡明さんはどう転んでも娘の恩人である訳ですし。
聡明さんが先生と、またご両親とどのようなやり取りをしているのかも気になりますが、菜月ちゃんの為に話してない事もいっぱいあると思うし、全ては菜月ちゃんの記憶の回復が次第で明かされていくことだと思うので、それが良い事ばかりではなかったにしても(既に妄想中)需要はあると思うので、両親との新しい関係と共に、2人の絆が、色々あったとしても、より強固なものになりますように祈っています。
って、もう続編はあるって信じてるので、いつか、また二人に会えることを期待しています。
素敵なお話を有難うございました。

2017/11/01 01:24 | 涼音 [ 編集 ]


涼音様へ 

おっと。
何気に続編希望された(笑)。
これで三人目か。。。
やっぱり続編を掲載すべきなのかな。
続編に関しては完成してます。
・・・というか、これだけでは「真相がよく分からないまま終了している」ので。
解決篇と銘打って作ってます。
掲載するかどうかは読者次第ってことにしていたのですが。
まあ、3人もいれば、掲載した方がいいか。。。

ちなみに聡明さんが両親に謝っているのは別の事です。
菜月の知らないことを謝っているので、そういう話ではないです。

精神科の領域に関して。
手紙のコンタクトは非常に重要です。
特に菜月みたいな場合は余計にそれがあります。
手紙だと何気に落ち着いた気分で書けますからね。

最後まで読了ありがとうございます~~~!~!!!!!!!
(ノД`)・゜・。

2017/11/01 18:05 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3104-e1993e2c

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード