2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2017/11/11 (Sat) 2話

a1180_012679_m.jpg

2話




御堂
「貴様、院長に呼ばれているらしいな?
 また替え玉手術をするのか。」



愛楽
「要件は知らん。たぶん、呼ばれたからそう言うことだと思うけど。」







この病院にはいくつかの不文律がある。


同僚とのプライベートの付き合いはほどほどに。

・・・というものもあるが。




全くプライベートの付き合いをするなというわけではない。
仕事に支障をきたすような付き合いはやめろというわけであって、
飲みにいくのか、食事をするのは別に問題はない。






そして、今回の不文律。


院長の手術は全て伊原木 愛楽という人物が替え玉手術をやっている。

・・・・というものがある。











つまり。
院長の手術は私がすべて肩代わりしやっているわけだ。
そのため、私の地位は特別のものであり。
給料もこの病院では一番もらっている。





ちなみに。
これは別に院長に忠誠を誓っているわけではなくて。
私自身がメディアに露出したくないからやっている。
目立ちたくないのである。

逆を言うと、私の手術は全て院長のやったことになる。
・・・という寸法である。




金は生活するだけあればいいから。
もらえるだけもらうが。
名誉はいらない。
なので、替え玉手術を喜んでやっているのだが。。。





御堂
「貴様も院長も病院を私物化し過ぎだ。」



愛楽
「興味ないな。私物化しても患者が救えればそれでいい。
 大体、私も院長もほかの病院に比べれば、
 そこまで給料ももらってない。」


御堂
「権力の問題を言っている。」


愛楽
「院長が一番権力がある。
 陰で支える私の権力がある。
 アーユーOK?」


御堂
「NO!!!」


愛楽
「頭でっかちだなあ。。。。
 私は行くぞ。。。。。」





これぐらい会話をすればOKだろう。
これだけの会話でどれだけ人生にメリットがあるのは甚だ疑問ではあるが。
それでもしないよりかはマシだろう。





御堂
「お前がいないと救急医療の質が下がるんだよ!!」



愛楽
「それは分かっているが。
 私もお宮仕えでな。院長の命令には逆らえん。
 お前もな。」






なるほど。
御堂が言いたかったのはそういうことか。
私がフラフラ~~としていると救急医療の質が下がることを懸念しているのか。
だったら、素直にそう言えよ。。。
・・・って話なんだが。
インテリーダーにそんなことを言っても無駄か。








だが、私がいなくなることで救急医療の質が下がるのも問題だ。
そういう職場は衰退している。
・・・と私は考える。
私個人でこの病院の救急医療の質が影響していることは問題だ。
私がいなくても質が保たれる医療。
それが理想なのだが。。。
インテリーダーも私より劣るが悪い医者ではない。
私も優秀な医者だ(自分で言うと変だが)。
とりあえず、この救急医療を両輪で支えてきたのは私とインテリーダーという自負がある。
なので、インテリーダーとしても私がいなくなることを懸念している。。。









・・・・・・と思っているんだったら、素直にそういえよ。












・・・と思うのだが、私もインテリーダーも素直じゃねえなあ。。。。




スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<3話 | TOP | 1話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3108-da31ca63

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード