FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2018/03/10 (Sat) 15話(11月4日18時 クロン)

シンゲツ立ち絵02
15話(11月4日18時 クロン)





シェクスピア
「誰・・・・アレ・・・・。」




独特な雰囲気。
独特な姿をしている。
この深い森の中で不自然な真っ白な服装をしている。
魔法加護をしているのだろうが。
それでもあまりに不自然なまでに白に拘っている服装である。



クロン
「シンゲツ・トヴァ。
 デュミナス帝国と勇者に叛意を示して、
 ガザルベルクの殺戮兵器を用いて反乱を起こした。
 それでいて、今でも勇者から逃亡を続けている。

 デュミナス帝国を支えるトヴァ家の当主代理だったこともある。
 あの・・・・。」



シェクスピア
「聞いたことがあるわ。
 世界指名手配されていて300億イェンの賞金首。

 デュミナスの勇者と戦って。
 勇者が倒せなかった剣豪。


 ・・・・・シンゲツ・トヴァ。」






フウーーーーーーーーーーーーーーー。





リース・ガザルベルクの精神生命体はシンゲツに寄り添った。
そして、私とシェクスピアの方向を見た。






にこり。
この場には似つかわしい。
温和な笑みを浮かべた。




まるでこの状況を望んでいたかのように。

 
 


血飛沫1




その周りは死体が累々と転がっていた。
クロノス自治区の兵士であった。



クロノス自治区兵士である。

血しぶきが上がっていた。
周囲の森にも散っていた。




まるで花びらが散るように。
それらは散っていた。




その中心に。
不自然なほどに真っ白な剣豪がたっていた。




 






私の用意した究極のコマの一つ。
リース・ガザルベルクの遺産を倒したくば、これを滅ぼしなさい。
 
そう言わないばかりのリース・ガザルベルクの精神生命体の表情をしていた。









そして。
リース・ガザルベルクの精神生命体はシンゲツ・トヴァのところへと霧散した。





クロン立ち絵01



クロン
「これが・・・答えの一つか。」






思わずつぶやいた。



シンゲツ・トヴァ。
世界を敵に回し。
そして、勇者と戦っても負けなかった。
歴代のトヴァ家でも最強の異名を持つ。
そして、稀代の剣豪。

それでいて、知的生命体はリース・ガザルベルクが求めるようにある程度滅んだ方が良いと結論づけた者。
それが・・・・・。





・・・・。





・・・・・・・・。







・・・・・・・・・・・・・。








シンゲツ・トヴァ。
スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(14) |


<<11話(11月4日12時 クロン) | TOP | 4章『予兆」その2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

早急すぎる判断はいろいろと危険がありますからね
多少手間取るけど戦いながら情報を集め人命優先

思念や精神体として今もなお残っているというのは
厄介でもありその透き通る姿形は妖艶さもありますね
その姿はある意味崇高している人が見れば神々しくも
見えるでしょうね

ああ・・・導かれた先にいたのはシンゲツさん
やはり避けては通れない道なんですね
似つかわしくない温和な笑みを浮かべてまるで倒されるのを
待っているかのような、それとも別の思惑があるのかな?

2018/03/10 07:20 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

ま。どこかで交差するというわけですよ。
シンゲツと魔王も。
今まで、シンゲツは魔王とは全く別軸で行動してましたけど。
たまには交差するときがあります。

色々な人間関係がからみあって。
そして、決着がつく。
そういう話ですからね。


魔王は慎重ですからね。
常に模索しながら行動してます。
行動は慎重派なので、迂闊な行動はしないです。
無駄に行動が遅いということはありますけど。

いつもマッハなコメントありがとうございます。
(/ω\)

2018/03/10 08:14 | LandM [ 編集 ]


 

クロンさんとシンゲツさんが出会いましたね。
互いに何を語るのか、語ることはないのか。
ガザルベルグの導きは、死してもなお正しいことをしていると信じるが故のものなのでしょうか。
次回も楽しみにしております。

2018/03/10 14:28 | 椿 [ 編集 ]


椿 様へ 

そうですね。
ようやく。ですね。
二人は今まで会ってなかったですからねえ。。。
( 一一)

それもミスリード。
シンゲツはホープと会っていても。
魔王とは会ってないですからね。

それはシンゲツにとっても同じことで。
二人が会うとどうなるのか。
楽しみですね。
(#^.^#)

2018/03/10 18:12 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。今回のお話では、なんとリースの怨霊…
加えて、最強剣士・シンゲツさん…! 個人的にはこの2人の
登場はもっと先だと思っていたので、早くも自分の中の
ラスボスコンビが登場で驚きました…!シンゲツさんの登場は
もちろん嬉しいのですが、すっごく強いので、やはり
クロンさんとシェイクスピアさんが心配ですね…。そして
ホープ君…彼は今どこで何をしているのか…師匠と父の戦いに
関わる事はあるのか…気になりつつ、見守らせて頂きます!

昨日はコメントありがとでした☆プリキュアのウェイトレス姿も
良いですよね!やはり萌えを全面に出したギャルゲー等ではなく
プリキュアだからこそ、コスプレ感より正装という感覚があるかも…?
こういう絵も良い、私のネタいつも勉強になります、と言って頂け
嬉しいです!これからもLandM様の素敵なネタ、楽しみにしています♪
では読んでくださり、ありがとでした!

2018/03/10 19:25 | 風月時雨 [ 編集 ]


わぁ~ん 

ごめんなさいです。
間違って14話にコメント
しちゃいますしたー。
それに魔王様とシンゲツ師匠の
緊迫したにらみ合いを
見逃すトコでしたー。
次回楽しみにしております。

2018/03/10 19:26 | TYPE MM04 [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

んあ。結構、みんな会うのがもっと先だと思っていた。
・・・というのが多いですね。
どうしてだろうか。
まあ、確かにシンゲツはかなり雰囲気がありますからね。
その辺が左右されているのだろうか。
まあ、来週どうなるか楽しみにしておいてください。
良くも悪くも魔王らしい対応をするので(笑)。

毎度、丁寧なコメント返しありがとうございます。
(#^.^#)

2018/03/11 17:22 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

ああ、別に良いですよ。
単に目安で15話に・・・と指定しているだけで。
絶対に15話ってわけじゃないので。
次回もよろしくお願いします。
(∩´∀`)∩

2018/03/11 17:23 | LandM [ 編集 ]


 

シュライン国家を敵とみなして行動するのは、
やっぱり危険ですもんね。
他の国や組織が今回の騒動を引き起こしたかもしれない、
そんな可能性もありますしね~。
それにしても、ガザルベルクの精神生命体が出たらと思ったら、
今度はシンゲツの登場ですか。
今のクロンとは相容れないと思うのでやっぱり戦闘は避けられないかもしれませんね。

2018/03/11 20:06 | ツバサ [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

ま。いろいろな可能性を模索しているところですね。
徐々に真相は見えてくるのですが。
今はまだ模索状態です。
誰かに踊らされる・・・というのは魔王が嫌うことですからね。
誰だって嫌いでしょうけど。

シンゲツと魔王!!
・・・どうなるかは来週!!

毎度、安定したコメントありがとうございます。
('ω')ノ

2018/03/12 16:59 | LandM [ 編集 ]


こんばんは^^ 

遂に、クロンとシンゲツが、相見える時が来ましたね・・・
シンゲツはホープ君の師匠であるだけに、思い入れもありますが・・・
さすがに今回ばかりは、ホープ君の時の様には行かず、どちらかが決着を付けないと、ならないんでしょうね><

2018/03/12 20:09 | 東京03系日比谷線@『マリユカ』の養父 [ 編集 ]


東京03系日比谷線@『マリユカ』の養父 様へ 

ま。確かにホープ君と魔王じゃ役者は違うし。
シンゲツとホープでは役者が違う。
やっぱりホープ君は一枚・・・以上劣りますし。
結局、どうなるかなあ・・・って話ですね。
視点はとても良いコメントありがとうございます。
!(^^)!

2018/03/13 22:23 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは(´∀`)

「心霊」の存在は自分は子供の頃は信じて疑うこともありませんでしたが、
最近は歳をとってきて肯定も否定もできないグレーな感じになりつつあります。
実家にも心霊写真と呼べそうなものは何枚かあるのですが。

例えば「機動戦士ガンダム」はリアリティのある世界観とは裏腹に心霊の存在が肯定されています。
ニュータイプに覚醒すれば死んだ人と会って話をすることができます。

グッゲンハイムの世界も心霊の存在が認められているんですね。
以前から思っていましたが挿絵を見る感じではリースという人は悪人に見えないんですよねえ。
これからどうなるのか楽しみにしていますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2018/03/14 00:31 | らす [ 編集 ]


らす 様へ 

まあ。
幽霊は存在するだろうし。
心霊は存在するだろう。
・・・ていうのは持論です。
ただ我々が感じることができないだけであって、
そういう存在はあってしかるべきだと思います。
じゃないと、ここまで神社や寺・教会など。
世界で宗教は成り立たないですからね。

リース・ガザルベルクは悪人・・・と思って描いたことはないです。
・・・というか。みんな悪人と思って描いているわけじゃないですし。
それぞれの思惑で動いているだけです。
そのキャラクターの信念で動いているので。
悪人らしい悪人はいないと思います。

毎度、視点のよいコメントありがとうございます~~。
!(^^)!

2018/03/14 14:52 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3190-4c286943

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード