FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/03/24 (Sat) 25話(11月5日8時 ホープ)

living_朝
25話(11月5日8時 ホープ)






ホープ
「さて・・・・私は行くとします。」


ルネ
「そうね。私はここでお留守番をしているわ。」




ひょっとしたら。
私はもうお母さんと会えないかもしれない。
シンゲツさんと戦って生きて残れるか。
それ自体も問題がある。

それを考えると、今生の別れになる可能性もなきにしもあらず。


・・・というぐらいであるのだが。








ホープ
「なるべく生きて帰れるようにするよ。」


ルネ
「そうね。そうして頂戴。
 あの方を倒せなくても、一生の悔いになるわけじゃないわ。

 看取ることができれば、それでいいという考えでもいいわ。
 その時はよろしく伝えて頂戴。」



ホープ
「・・・・そうだね。」


ルネ
「・・・・・・・・。」




もっとも。
私が本当にシンゲツさんを倒すことができるか。
それは甚だ問題があるし、危険性も高い。



それらを考えると、看取ることができれば目標達成。
・・・と、下方修正しても良いだろう。





もっとも。
話しの流れなのでどうなるかは分からない。





ただし。
魔王の餞別。
勇者の餞別。
私の才能。
シンゲツさんの病気。
それらを合わせても、私が勝つ可能性は高いとは言えない。
・・・かわりに可能性がないとも言えないが。






そこは流れだ。

ただ、欠かしたくないのは。
やはり、シンゲツさんの死を見逃すことだろう。
どうあれ。シンゲツさんの死には立ち会いたい。
・・・そこまでロマンチストに生きるわけではないが。





何にしても。
結論としては、無理をしないことだ。
私の目的は生きること。
それで良いだろう。



ホープ立ち絵01


ホープ
「母さんも気を付けてね。」


ルネ
「・・・・・・・。」



ホープ
「・・・・・・どうかした?」


ルネ
「・・・・・・・そうね。
 ここも戦場になるかもしれないから十分に気を付けるわ。」




変な間があった。
どうにも分からない間であった。


私としては普通に心配する声掛けをしたのだが。
お母さんとしては、別に考えることがあったのだろうか。


母さんは私には分からない情報や予感がある。
それは直感とかそういうものではなく。
魔王の愛人としての、銃砲の蓄積。
そして、その魔王の愛人としての直感。
それらが働いたのかもしれない。






・・・・・・・まあ。
そこはそこだ。
お母さんのことはお母さんに任せよう。
母さんは母さんで、私なんかより十分に行動ができる。
困難を切り抜ける方法は私より知っている。
力だけでなくて、調略も得意だろう。







ドルンドルン!!!!!

ホープイラスト






さて。
本当にお別れだ。
これが今生になるかどうか。
それはこれからの私の行動にもよるだろう。




ホープ
「じゃあ。」


ルネ
「・・・・・・・・ン。」








ドルウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!









・・・・・・・・。








・・・・・・・・・・・・・・。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。













そして。
私はシンゲツさんを追う旅に出ることに決めた。
それが大きな戦闘に巻き込まれることを知らずに。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(14) |


<<4章「予兆」その5 | TOP | 24話(11月5日8時 ホープ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようざいます

母と子の旅立つ前のひと時
ルネさんはびしゃっとしかることはないけど
道筋を示してくれたり何をすればいいのかのヒントを与えて
成長を促す感じで育てていたのでしょうね

魔王と勇者からの選別もホープ君にとっては
これから大事なものになっていきますね
特にバイクは敵陣突破するときの要になりますしね

そしておそらく魔王の奥さん方や愛人の方面にも
魔の手が及ばないとはかぎりませんしね
できればどの人も無事に過ごしてほしいものですね

2018/03/24 08:10 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

こんにちは。待ってました…待ってました~!ホープくぅぅぅん!!
新作イラストも凛々しくかっこいいですね♪痛みを残さないように
気絶させるシンゲツさんはさすがでした。弟子としてシンゲツさんを追う
覚悟を決めたホープ君、せめて師匠の最期に立ち会える事を祈っています。
かなり心配ですが、生き残ってルネさんの元へ帰ってくれると信じます…!
ホープ君はまだ12歳なんですよね…。ずっと上の自分よりしっかりさんで
尊敬です。そして魔王様の養育費&勇者さんの兵器、豪華すぎですね!
ホープ君のすごい声に真面目な印象のルネさんの「ナタデココ?」は
意外で笑っちゃいました~&デジャぶりました!

昨日はコメントありがとでした☆ジャニーズ、AKB…男女ともに
盤石のアイドルはリアルも2次元でも(笑)リアルでは最近V6の方が…!
やはりアイドルはみんなのもの、という感じもあって大変そうな職業
ですね。彼ももう30代後半でようやく、という感じがしました。2次元
ではデレステも人気ですが、男の子のアイドルものもたくさんありますね。
では読んでくださり、ありがとでした!

2018/03/24 14:50 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

バイクに乗った銃騎士! カッコいい!
ホープくんは突撃タイプなんですね。お父さんと真逆なところがまたいいなあ。

ホープくんのまっすぐさが胸に響きます。シンゲツさんに届きますよう。
母子の別れ。また再会してもらいたいですが、ルネさんの態度がちょっと気になる?

という感じで、クロンさんサイドもですがホープくんサイドからの物語も気になることがありまくりです。
来週も楽しみにしております。

2018/03/24 15:18 | 椿 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

そうですね。
ルネの教育方針は見守るに尽きますからね。
自分のやりたいことを最大限サポートする。
それがルネの母親としてのあるべき姿ですね。
その分、冷酷な部分もありますし、冷たい部分もありますけどね。
放任主義といえば、言葉が良いのか悪いのか。

バイクは作ってみたかったのですよね。
騎士の乗り物でバイクというのもやってみたかったので。

これからどうなるか。。。
まあ、今回の話で表立って人が死ぬことはないですが。
それでも人が死ぬのも仕方ないかもですね。。。


毎度マッハなコメント感謝!!
!(^^)!

2018/03/24 18:19 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

ホープ君再登場!!

新作イラスト!!
ですね。
まあ、このときのために温めておいた。。。
・・・というよりかは、まあ、初めからこの戦い方にしても成長を感じないので。
シンゲツと立ち向かえる、そして、看取る役割ができればよいですね!!
まあ・・・そこは私が話を作っているので、どうなることやら。。。
ホープは12歳ですね。
ませている。。。。というところはありますけど。
グッゲンハイムは平均寿命が短い分、ませているところも多いですね。
「ナタデココ」はグッゲンハイムのお約束です(笑)。

毎度丁寧なコメント返しありがとうございます。
(*‘ω‘ *)

2018/03/24 18:23 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

バイクに乗った銃騎士というのは考えていました。
まあ、某ファンタジー作品参考ですけど。
突撃タイプですね。特攻タイプとも言おうか。。。
魔王の息子といっても、結構方向性が違います。
たぶん、勇者の影響も大きいです。

クロンサイドもホープサイドも楽しみにしていただければ幸いですね。
毎度うれしいコメントありがとうございます~~。
(∩´∀`)∩

2018/03/24 18:26 | LandM [ 編集 ]


 

シンゲツとの戦いは破れてしまつたんですね、
でも怪我をさせずに生かしておく辺り、
本当にホープ君とシンゲツの実力さは隔絶していますね(><)
シンゲツを追うと必然的に危険な事に巻き込まれる訳ですが、
それを承知でも行かない訳には行かないですもんね。
無事にシンゲツのところまで辿り着ければいいですが……。

2018/03/24 19:01 | ツバサ [ 編集 ]


http://ostkapital03.blog.fc2.com/ 

こんばんは^^
いよいよ、ホープ君の旅立ちですね^^
魔王からは軍資金を貰い、勇者からはバイクを貰い、取り敢えず旅には不自由が無さそうです^^
それにしても、バイクが攻城戦に使えるとは@@
バイクのフロントに、衝角でも付いてるんでしょうか?

2018/03/24 20:09 | 東京03系日比谷線@『マリユカ』の養父 [ 編集 ]


カッコいー 

ホープ君銃騎士だったんですねっ。
単なる剣と魔法のファンタジー
じゃないんですねー。
V-MAXとわ。素晴らしいチョイスなのです。
LandM様お好きなのですか?
コレは、Vブースト全開で
突撃モードですねっ。
母の元から旅立つ少年の物語。
そして越えるべき偉大な
父親と、師匠の存在。
さらに謎を秘めた勇者と
古代の科学者ー。
燃えるシチュエーションですねっ。
次が楽しみなのですー。

2018/03/24 20:42 | TYPE MM04 [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

ま、人生負けることはあります。
設定上。
ホープがシンゲツに勝てるわけがない(笑)。
ってことなので。
負けて当たり前です。
それでも立ち向かうホープは勇敢なのか、馬鹿なのか。。。
って話になるだけです。
それでもホープが追いかける執念は買ってよいと思いますけどね。
この先どうなるかは。。。。
まあ、お楽しみってことですね。

毎度安定感あるコメントありがとうございます。
(*'▽')

2018/03/25 17:13 | LandM [ 編集 ]


東京03系日比谷線@『マリユカ』の養父 様へ 

詳しいことはファンタジー(笑)。
ってことですね。
単なるバイクではなくて、魔法の恩恵を受けている。
精霊の恩恵を多大に受けているバイクなので、耐久性が半端ないという話ですね。
このまま要塞にぶち込んでも、ぶっ壊せるぐらいの破壊力・破滅力があるという話です。
不可能を可能にする。それがファンタジー!!
(∩´∀`)∩

2018/03/25 17:15 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

この世界で騎士らしい騎士がいなかったですからね。
現代の騎士とは何か?
・・・ということを突き詰めたら、こんな感じになった。
って感じですね。
もちろん、ファンタジーの世界なので。
馬とか竜とか、ペガサスとかそういうのがいる世界なのですが。
このバイクに乗る騎士も一つの騎士の到達点の一つというわけですね。
毎度、コメントありがとうございます。
(>_<)

2018/03/25 17:17 | LandM [ 編集 ]


 

今日は。
またまたお久し振りになりましたが、いやいや読んでで楽しい♪
ホープ君、勝てないと分かっていても、己の信ずる道を突き進んでる辺り、やはりそれも騎士道というものなのでしょうね。
立派。流石に勇者&シンゲツさんに見出された魔王の息子です。
破れたとしても唯では負けない気がします。
そして、最終的には親子の対面なるか!?
このお話が始まってから、ずっとその事が気になってました(笑
魔王と力を合わせたら勝てるかもって思ってるんですけどね。
父を知らずに育った息子が、父の影を背負って戦う事になるのも素敵ですよね♪
彼を駆り立てるのはやはり魔王の血なのか?
ルネさんが冷静に?送り出している所を見ると、死にはしないのかな?とは思いますが、これからむかえるべき師弟対決の再戦、楽しみにしています^^

2018/03/28 17:14 | 涼音 [ 編集 ]


涼音 様へ 

へえ。
やっぱり涼音さんですね。
そうですね。
設定上、ホープはシンゲツには勝てません。
これは絶対です。
それでも立ち向かおうとするホープ。
その果てに何があるのか。
それは・・・・どうなんだろうか。
ホープと魔王は別軸で動いていますからね。
交差するときもありますし、ほぼ交差しないともいえる。
やっぱり涼音さんですね。
的を射たコメントです。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
(∩´∀`)∩

2018/03/28 19:50 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3201-26be6444

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード