FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/03/31 (Sat) 5話(11月6日18時 クロン)

シェクスピア立ち絵01
5話(11月6日18時 クロン)






シェクスピア
「ま、娘のことはいいや。
 とりあえず、半年以内になんとかなるかも、ってだけで。

 ・・・・その結果は私にも分からないしね。
 何といっても、娘自身が私のこと何も知らないだろうしね。」


クロン
「善処する。」



・・・としか言いようがない。


努力はしている。
同盟国の国王の娘だからな。
外交上の問題もかなり孕んでいる。
その結果の努力であるが・・・。


その結果。
シェクスピアの娘は見つかっていない。
それは仕方がないことだ。


努力しても出来ない時は出来ない。
そんなこともある。

諦めたら試合が終了。
・・・ではないが。
諦めずに努力して探究することも大切なのだ。



その時節がやってきている。
それもわかっている。



だからこそ。
時期を見逃さずに。
そのチャンスを生かして、シェクスピアの願いを叶えてやるのが魔王の務めだ。



・・・・。




・・・・・・・・まあ。




私が出来るのはシェクスピアの娘を助けるまでで。

その先がどうなるのかは。
私も保証が持てないのだがな。



シェクスピアの言う通り。

娘のレイビア?・・・にとっては、一度も会ったことがない親であり。
そんな親にあってどういう対応をとるのかは全く分からないし。

シェクスピアにしても。
10年以上会っていない娘に。
どういう対応をするのかはよく分からない。




・・・ま。
そんなことを考えるのは魔王の仕事ではない。
魔王は愛人の願いを叶えるのみ。
その先のことは、当事者が考えることだ。



ライサ酒場夜人物アリ(800)


カランコロン。




グラスを回す。

シェクスピアはグラスを回しながら。
ボ~~と眺めている。

酒のみは大概そうしているのだろうか?
…私にはよくわからない。



私の身近にいる酒飲みはシェクスピアしか知らないのだ。
勇者は・・・会ったことがないので知らない。






シェクスピア
「話が変わるけど。」


クロン
「ウン?」



シェクスピア
「そこまで考えると合点がいかない。
 クロノス自治区の首長として、ガザルベルクの殺戮兵器を破滅させるのは分かる。
 そのために、リース・ガザルベルクの力を継承したのも分かる。


 だけど、世界を救うために全力を傾けているのはよく分からない。
 私の知っている魔王クロン・ウェスターノはそんなセンチメンタルな男じゃない。
 そして、世界を救うことを心底願っている愛人は魔王の側にいないはず。
 愛人の考えていることは自分の保身のはずだから。」



クロン
「それこそ・・・・。
 それを願っている愛人がいるということだ。


 それ以上は魔王からは教えられないな。
 別の愛人の願いの詳細までは教えることはできない。」


シェクスピア
「じゃあ、それすらも愛人の願いってこと?」


クロン
「推察に任せる。」



シェクスピア
「・・・・・・。」


クロン
「・・・・・・・・。」



シェクスピア
「・・・・・・。」


クロン
「・・・・・・・・。」



シェクスピア
「・・・・・・。」


クロン
「・・・・・・・・。」



シェクスピア
「・・・・・・。」


クロン
「・・・・・・・・。」





沈黙が続く。


シェクスピアは酒を飲み。
たまに立ち上がって、景色を眺め。

私はジュースをのみ。
ライターを弄っている。

そういう時間が少しだけ続いた。





シェクスピア
「ま、いいか。どうせ変わらないんでしょ?
 私にすることも。魔王のすることも。」


クロン
「相違ない。」


シェクスピア
「ならいいや。」


クロン
「そういうことで頼む。」





結局のところ。


私のやることは変わらない。
リース・ガザルベルクの殺戮兵器は破滅させる。
その片手間でシェクスピアの娘も助けて見せる。

そのことは変わらない。
魔王の愛人契約システムはそういう話だ。





やってみせる。



為せば成る。
為さねば成らぬ。

それが魔王の生き様。
魔王の愛人契約システムを生きる者の務めだ。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(14) |


<<5章「宵闇の魔王」その1 | TOP | 4話(11月6日18時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

たしかに、近くで規模の程度はあれど問題が起こり続ければ
安心もできないですからね、遠のいてしまいますよね

5年も進展なしだとそりゃ~不満も出ちゃいますよね
見つけるのが困難だとしても><

愛人契約魔法システム、自分の空になってしまったものを
埋めてもらうために輸血をした愛人の意思をそこに落とし込んで
必然的にそれを自分の行動に乗せることで
自分の空虚さを感じないようにしていたんですね
なんとなく心の専属契約みたいな感じなんでしょうかね?

ミルフィーユさんはそういうのが嫌いそうですもんね
普段かわいらしい少女みたいだけど芯の強さは
しっかりしてますよね
伊達に魔王の奥さんをしているわけではないですよね

2018/03/31 07:52 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


なんだか 

なんだかちょっと魔王様が、
かわいそうになっちゃいます。
魔王様のお仕事たいへん過ぎですよぅ。
愛人の皆さんの意思が
魔王様の中身?そして
大好きなタバコも自由には
吸わせてもらえない?
はぅー。たいへんですねー。
勇者の方が、気楽でいいかも?
世界を救う願いの愛人さんは、
あの方ですね。素敵なお母様…。
魔王様たいへんですけど頑張って。

2018/03/31 13:38 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

こんにちは。シェイクスピアさんに禁煙と言われて放火してもいいか?な、
煙草大好き!魔王様には笑っちゃいましたね。ここは我慢してエレガントを
貫く姿、良かったです!シェイクスピアさんは“自称”愛人、で血液関係は
ないようですが…愛人システム=輸血のようなもので魔王の血が入ると人格や
性格までも…! シェイクスピアさんの娘さんは…どう成長しているかは
分からないですが、助かってシェイクスピアさんにも会って欲しいですね。
諦めずに努力して探求することも大切…チャンスを生かして
シェイクスピアさんの娘を助ける魔王様の生き様、期待してます!

昨日はコメントありがとでした☆明日から4月!また新しいドラマ、アニメ
スタート、時間を見つけてチェック&勉強ですね! 来年度も頑張りましょう!
こちらこそ来年度もよろしくです♪では読んでくださり、ありがとでした☆

2018/03/31 15:45 | 風月時雨 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

まあ、ミルフィーユとシェクスピアは嫌いですからね。
そういうことは。
愛人のことは蔑視しているぐらいなので。
たぶん、会話もしない。
それぐらいの相手です。
正妻と愛人の扱いも結構違いますしね。

シェクスピアに関してはのらりくらいです。
魔王はやる気がないだけです。
ちょっとこの辺は事情があって、明らかにできない部分ですが。
まあ、そのうち出てくるのでよろしくです。


相変わらず、マッハなコメント感謝です。。。
(/ω\)

2018/03/31 20:56 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

ま。
勇者は勇者でいろいろ大変なんだよな。
これが。
魔王はかわいそうではあるんですけど、
これは最終的に自分のせいであり、自業自得ともいえるので仕方ない(笑)。

たぶん。
世界を救う願いの愛人のことは誤解していると思います。
魔王は色々複雑にできているので、
混乱しているんですよね。。。これが。

結局、
魔王も勇者も。
気楽には生きられない。
これが節理ですね。

いつも的確なコメントありがとうございます。
(*ノωノ)


2018/03/31 21:02 | LandM [ 編集 ]


 

おおー、ここで魔王と愛人たちの関係について語られるとは!
そういうことだったんですね。ああ、だからショコラさんの時……それに初対面の時と結婚後にキャラが違う感じがしたんだ……。とかいろいろ考えてしまいました。

ミルフィールさんが嫌っているのは愛人契約システム? 相手そのもの? と、更に妄想が広がりますね。
そのシステムを使っていないからシェクスピアさんとは仲良く出来るのかな。

半年後。その話題が出るとちょっと切ないです。
願いはかなう、けれどそれがハッピーエンドとは限らない。
とても印象に残るシーンでしたね……

と、過去作品をいろいろ思い出してしまいましたが、次週も楽しみにしております<(_ _)>

2018/03/31 21:04 | 椿 [ 編集 ]


風月時雨様へ 

まあ、魔王のたばこ好きは半分ギャグです。
けど、たばこがないと生きていけないのが彼です。
自殺するんじゃないですか?たばこがなくなったら。
それぐらいのパーソナリティを占めています。

グッゲンハイムの世界の血液は若干定義が違いますからね。
性格とか魔力とか。そういうところも関与します。
そのため、輸血が簡単にできないという問題があります。
シェクスピアがどうなるか。。。
まあ、それはこれからのお楽しみ!!って感じですね。

毎度、丁寧なコメント返しありがとうございます。
(*´ω`)

2018/03/31 21:39 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

ああ。
ショコラの性格が変わったのはそのせいです。
魔王の血を授かって、性格がかわっというか、変容したというか。
そんな感じです。

ミルフィールやシェクスピアが愛人を嫌っているのはその存在が人間でない、と思っているからです。
だから、蔑視しています。まあ、この辺は個人的な感情です。

半年後がどうなるかは知りません(笑)。
この世界はあっちの世界とは違う。
パラレルワールドですからね。
シェクスピアが助かるかもしれないし。幸せになるかもしれない。
・・・という期待を載せて!!
読んでいただけると良いかもしれません。
(*´ω`)

2018/03/31 21:45 | LandM [ 編集 ]


 

魔王はたばこがないと本当にダメそうですもんね^^;
でも、魔王という立場上、色々と抱えているからこそ、
たばこという趣向品を吸う事でバランスを取っているというのもあるかもしれませんね。
シェクスピアの娘も助かって欲しいですが、
一筋縄ではいかないようですし、
こちらの展開も気になるところですね。

2018/03/31 22:39 | ツバサ [ 編集 ]


 

こんにちは(^ω^)

クロンは煙草は吸うけどお酒は飲まないんですね。
自分は酒煙草両方やりません。
煙草は吸ったことすらないしお酒を飲むのは年に1~2回です。
お酒は飲めないと飲み会の時になんとなく蚊帳の外になってしまうので、
毎日お酒を買ってきて慣れようとした時期もありましたが、
特に今の職場は飲み会も滅多にやらないので特に困ることもなく無理して飲むのはやめました。

娘を救出したというシェイクスピアの望みは叶うのでしょうか。
そういえば今回は5話全部バーの中でのお話でしたね。

2018/04/01 16:34 | らす [ 編集 ]


こんばんは^^ 

かつての繁栄地で疎開・・・
まるで『断末魔のベルリン』みたいですね@@
クロンは酒は飲まない様ですが、酒も煙草も両方やる自分にとっては、「酒を飲む場所で煙草が吸えない」と言うのは、かなりキツイですねぇ^^;

輸血のシステム・・・何か凄いですね@@
何だか『輸血』ってよりも『寄生』ってイメージを、持ってしまいました@@

2018/04/01 19:50 | 東京03系日比谷線@『マリユカ』の養父 [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

魔王といえばたばこ!!
それが魔王クオリティ!!
・・・って言われるぐらいになりたい。
。。。という夢があるかもしれません。
まあ、たばこは魔王の趣味であり、唯一といっていいぐらいの生きがいなので。
これを止めることはできないということです。
シェクスピアの娘もね。。。
どうなんだろう。
どうなることやら。ってところですね。
どちらの展開も楽しみにしてくださいませ。
(*ノωノ)

2018/04/01 22:28 | LandM [ 編集 ]


らす 様へ 

ま。
健康のためにはそれが一番です。
そういう生き方も大切なんだと思います。
魔王はストレス過多なので。
たばこを吸っているところはあります。
たぶん煙草を吸ってなかったら、精神崩壊してます(笑)。

グッゲンハイムの世界はバーの世界が多いです。
作者の趣味です(笑)。
(*´ω`)

2018/04/01 22:31 | LandM [ 編集 ]


東京03系日比谷線@『マリユカ』の養父 様へ 

輸血のシステムは「寄生」・・・というよりかは。
「浸食」というイメージのほうが適当かもしれませんね。
自我を含めて、すべてを侵していく・・・って感じですね。

煙草も酒もやる人の気持ちはわかります。
ストレス発散のためには必要ですからね。
こういうのは。
魔王も大変です。
(*‘ω‘ *)

2018/04/01 22:35 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3207-f25d1f3f

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード