FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/04/07 (Sat) 6話(11月6日23時 クロン)

ライサ中央通り夜人物ナシ800

6話(11月6日23時 クロン)





・・・・・さて。

シェクスピアは去っていったのだが。

まあ、あれだけ酔っぱらっていた。
・・・もとい、酔っていたので。
素直に家に帰って、寝ているのだろうが。。。


・・・・そういえば、彼女の家はどこにあるんだ?
シェクスピアはライサ市にも家はあるということは聞いたのだが。。。



まあ、彼女のことだ。
沢山のセイフハウスを持っているのだろうが。


なんだかんだ言って、フェルト国家の外交官の建て前は伊達ではないからな。
大使館も使い放題だろうし、フェルト国家所有の建物も各場所にあるだろう。


伊達に西の大国と呼ばれている国家である。
各場所にセイフハウスや外交官が使える家は用意しているだろう。




私とシェクスピアが会って5年になるが。
未だにシェクスピアの家に行ったことはない。
行かせてもらったこともない。




・・・・まあ。
最大の理由は私が全く興味がなかっただけだと思うのだが。






クロン立ち絵03



カチン。





フーーーーーーーーーー。




クロン立ち絵01


・・・ようやくタバコを吸えるな。


外で煙草を吸えるのは快感だな。
歩きたばこをして、子どもを怪我させては駄目なのだが。





さて。
それはともかく。
私は私の仕事をするか。


まだまだ私の仕事があるからな。。。






・・・・。









・・・・・・・・・。










・・・・・・・・・・・・・・・・・。







カジノ_夜




キリンキリン。



さてと・・・。
まあ、見ての通りなのだが。
・・・・・カジノだな。



ここが私の裏の拠点となっているところだ。


従来の政治の仕事が表の仕事だとすれば。
裏の仕事・・・いわゆる、カジノや賭博。
麻薬や違法兵器の流通。後は暗殺とかはここから指示を出している。



その辺のコントロールをしている拠点がこの場所・・・ということになっている。
もっとも、ライサ市やその周辺の都市の流通限定であるが。



コリーネ
「ああ、魔王。久しぶりに来たわね。5年ぶり?かしら。
 あの時は核爆発もあって、滅茶苦茶大変だったわね。」


クロン
「あれから少しは落ち着いたか?」


コリーネ
「落ち着いたけど、人は大分少なくなったわね。
 核兵器の衝撃は結構大きかったわね。後はボチボチやっている感じ。


 まあ、こっちの裏の方は普段通りか。
 あるいは普段以上に流通が回っている。


 特に麻薬や国際条約違反の兵器の流通は結構出回っている感じね。」


クロン
「それも含めて許容範囲内であるがな。」




このカジノのディーラーである。
コーリアという女性であり・・・私の愛人の一人である。
いわゆる、シェクスピアとは同じ分類の人にはなる。

彼女と愛人契約を結んだのは数年前。
5年前ぐらいか?






彼女はライサ市の裏社会のコントロールをしてくれている。
まあ、その辺はおいおい詳しく話すとするか。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<7話(11月6日23時 クロン) | TOP | 5章「宵闇の魔王」その1>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3209-2d3782ff

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード