FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2018/05/05 (Sat) 3話(11月9日8時 クロン)

廊下800朝

3話(11月9日8時 クロン)





スウーーーーーーーーーー。





さて、上手く姿は消せたな。
昔ここに侵入したことはあるからな。
地理は知っているのだが。



シンゲツの場所探りだな。





探査機はこの場所を指しているのだが。
だが、正確な場所まで分かっているわけではないのだ。


そこは自力で探しているしかないのだ。










・・・・。







・・・・・・・・・。










・・・・・・・・・・・・。








いた!!






シンゲツ立ち絵01


シンゲツ
「・・・・・・・・・。」





・・・・・・・・・!!!!!





・・・目が合ったか!?
あれほどの剣豪だ。
私に気づく可能性は十分にあるだろう。



・・・しかし、他の小物には見つけられる可能性はないに等しい。
そして、シンゲツとて。
私が隠れることに徹している限るは、私を見つけることは難しいだろう。


確かにシンゲツは無双の剣豪であるが。
探索者ではない。



気づいたとしても、せいぜい探しておけばいい。






シュライン兵士
「どうかされましたか?」


シンゲツ
「・・・・・・・・いや。」




見逃すか?
あるいは気づいていないか?


・・・・いや。気づいていないということはシンゲツ程の剣士なら考えられない。
気づいて見逃している。
それが正しいだろう。




あるいは探しても見つけることは不可能。
そのことを理解した上で、行動をする可能性はある。






それだとまずいのだが。。。。


シュライン軍と結託していることは分かった。

写真も撮影した。
それは十分だろう。
だが、これだけだとシュライン軍がシンゲツを解放して。
知らぬ存ぜぬを通されたら終わりだ。

そして、シンゲツなら一人で逃亡しきる能力があるだろう。



そういう展開になったら最悪だな。。。。









いや、最悪ではないか?
シュライン国家と戦争が回避できるのであれば、それはそれで魔王的にはOKなのだから。


シンゲツという犯人を捕まえるのはまた後日ということになるが・・・。
シンゲツを捕まえられないというのは仕方ないともいえるのだが。
捕まえて、リース・ガザルベルクの詳細は知りたいのだが。


まあ、シンゲツを捕まえるのは後日でもできるし。
とりあえず、今は最悪の状況を回避するために魔王らしく動くか。。。




まあ、いい。
このまま調査を進めてみよう。
何か展開があるかもしれない。







スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<4話(11月9日8時 クロン) | TOP | 2話(11月9日8時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3235-e6ef636d

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード