FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/05/05 (Sat) 5話(11月9日8時 クロン)

シンゲツ立ち絵01

5話(11月9日8時 クロン)





結局のところ。
シンゲツ・トヴァの望んでいることは知的生命体を滅ぼすこと。


クロノス自治区がどうなろうと。
シュライン国家がどうなろうと。
そんなことはどうでもいい。


・・・・そんなところだろう。





それはいいが。
シュライン国家はこの状況を容認しているのか・・・?


いくらなんでも、中央政府もシンゲツを抱えることのリスクぐらい分かるだろう。。。







・・・。




・・・・・・・。





・・・・・・・・・・。








大群の森



少なからず。
シンゲツ・トヴァはそれを望んでいる。
クロノス自治区とシュライン国家の全面戦争を。


サイが投げられている。
・・・ということは戦争をしないといけないということかもしれない。



こちらから戦争を仕掛けるか。
あるいは仕掛けられるか。

…その差でしかないのか。




あるいは、この話を私に聞かせることで、
私に戦争を仕掛けさせようとしているのか・・・・。




どちらにしても。
打てる手は打っておかないといけないということは分かるのだが。





ガザルベルクの殺戮兵器。
リース・ガザルベルクの信奉者。
信奉者によるシュライン国家。


それらすべてと戦わないといけないってことか・・・・。







・・・・・。






・・・・・・・・・・・。







・・・・・・・・・・・・・・・・・。







それが事実だとすると。
煙草を吸いたい気分なるな。。。。







裏は取ろう。
シュライン国家の政府要人はリース・ガザルベルクの信奉者になっているのか。
シュライン国家は全面戦争を望んでいるのか。



その確認を取ってからでもいいだろう。





・・・それらが事実だとしても。
勝つのは魔王であるクロン。ウェスターノでなければならない。




それは変わらない。
為せば成る。
為さねば成らぬ。


世界を救わないといけない。
・・・・そして、一人でも民草が死ぬのを回避しないといけない。





スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(14) |


<<6章「戦争の序章」その1 | TOP | 4話(11月9日8時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

1人でのステルスよろしく探索モードですね
逃げるのも行動するのも1人のほうが都合もいいですしね
最悪の状況も想定しつつそこに向かわないように
最低限の被害ですむようにする、そのためには情報を有する
それがどんなささいなものでも役にたちますからね


あ~やはり攻め込んできそうな展開になりますよね
戦争になるのも迷惑ですが、さらにまずいのは
シュライン国家がかくまっているのをデュミナス帝国に知られて
さらに飛び火してますます混沌とする事ですね

2018/05/05 07:30 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

こんにちは。
さすがクロンさん、ただ一緒に飲んだだけではなく追跡の手も打っていたのですね。
シンゲツさんの方も一筋縄ではいかなそうですが。

収容所も思い出深いような。
次はどういう展開になっていくか楽しみにしています。

2018/05/05 14:56 | 椿 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

まあ、隠密ならば。
魔王一人で動けば事成せるので。
最低限の被害にする。
・・・というのは魔王の考え方であり、バックボーンの考え方です。
そのための情報収集ということですね。

戦争になるかどうか。
それを阻止することはできるのか。
平和的に物事を進めることができるのか。
魔王にかかってますね。
頑張れ魔王!!

毎度、マッハなコメントありがとうございます。
(/ω\)

2018/05/05 18:23 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

まあ、追跡魔法はついでです。
失敗したら失敗したら。
他の策を練ってあるのが魔王です。

そうですね。
以前までの作品を見ていると、ここも感慨深い場所になりますね。
的確なコメントありがとうございます。
(/ω\)

2018/05/05 18:24 | LandM [ 編集 ]


 

シュライン国家もシンゲツを匿っている以上、
危険な綱渡りという認識はあるでしょうが、
それ以上に得られるものがあるという事でしょうか。
魔王としては相手の事情はともかく、
打てる手は打つだけですが、
人も国も色々な思惑で今回の件は動いていそうですね~。
どうなっていくのか気になるところです(´ω`)

2018/05/05 21:42 | ツバサ [ 編集 ]


 

こんにちは。飲み物に探査機を入れていたとは…さすがです!
シンゲツさんがシュライン国家と手を組んで…大きな戦争が
はじまりそうですね。為せば成る。為さねば成らぬ…世界を
救う、勝つのはやはり魔王様ですよね。どういった方法で
シンゲツさんを攻略するか、引き続き楽しみにしています!

先日はよその子さんにコメントありがとでした☆
非常に素晴らしい、ほんわか絵とエロスのある構図が
詰まっていてボリューム感がある絵、大作…等々
たくさんお褒め頂け感激です!モデルさんのおかげです♪
では読んでくださり、ありがとでした☆

2018/05/06 17:37 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

こんばんは(*'▽'*)

国民を守りたいクロンと人を殺したいシンゲツ。
善悪のポジションが明確に示されていますね。
魔王というのはあくまでも肩書きで、
実際は優しい人なんだろうなと思いました。
なんか小学生の読書感想文みたいですみません(^_^;)
次も楽しみにしています。

2018/05/06 18:49 | らす [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

ま、そうなんですよね。
魔王は打てる手を打つ。
そういう話ですからね。
どのみち、色々な思惑で動いているんですよね。
みんな。当たり前ですが。
シュライン国家も何を考えているのか。。。
ってことですが。
どうなるか。またお楽しみ!!
って感じですね。
(*'▽')

2018/05/06 22:43 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

まあ。魔王ですからね。
魔王はそれなりに状況に応じて戦略を練っています。
あまり人が死なないように行動してます。
大事にならないように。
戦争にならないように。
頑張って動いているって感じですね。
シンゲツの決着はどうなるか。
またお楽しみです。
(*'▽')

2018/05/06 22:45 | LandM [ 編集 ]


らす 様へ 

確かに。
絶対的善と絶対的悪がいたとしたら。
魔王は善です。
優しいか・・・どうかというのは微妙です。
まあ、魔王の本性というか、やり口ですが。
感想は別に簡単でいいですよ。
私も高尚な文章を書いているわけではないですからね。
気軽にコメント、気軽にやっていきましょう~~。
(*'▽')

2018/05/06 22:54 | LandM [ 編集 ]


おぉ~。 

さすが魔王様あの飲みの席で
そこまで仕込んでたのですかー。
そしてご自分でも動く、
やるべき時は人任せには
しない。カッコいー。
でもシンゲツさんも気付いてません?
ここは、駆け引きとかすごそう、
国どうしのコトもあるし、
難しい攻防ですねっ。
続きが楽しみーです。

2018/05/07 12:48 | TYPE MM04 [ 編集 ]


TYPE MM04様へ 

まあ、一人で動くときは動きます。
やるべきところは一人でやる。
・・・でないと人がついてこないですからね。
シンゲツの視点から立てば。
まあ、気づいていても問題ないシーンなので。
人が死ねば、最終的にALLOKなので。
シンゲツの騒ぎで国が動けばいいなあ。。。
・・・という思考なので、魔王が知っていても知らなくても。
問題はないってことですね。
毎度、コメントありがとうございます。
(*'▽')

2018/05/07 14:42 | LandM [ 編集 ]


こんにちは^^ 

今回は、魔王の偵察ですね^^
通常は偵察や諜報活動と言えば下っ端の『密偵』辺りがやるもんですが、魔王はそれも自分でやっちゃうんですねぇ・・・
やはりシンゲツ程の相手ともなると、一般の兵では太刀打ちできないので、どうしても自分がやる羽目になっちゃうんですかね?
どうやら何かしらの情報は掴めた様で、良かったです^^

2018/05/07 14:44 | ロベルタ准尉@ジオン公国 [ 編集 ]


ロベルタ准尉@ジオン公国 様へ 

魔王は基本的に万能ですからね。
その辺は勇者もですが。
魔法使いから暗殺者、密偵まで色々こなせるから魔王なんですよね。

いざ見つかると殺されますからね。
魔王以外は。
その辺もあると思います。
毎度的確なコメントありがとうございます。
(≧▽≦)

2018/05/08 22:23 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3237-09fd3375

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード