FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2018/05/19 (Sat) 15話(11月9日18時 クロン)

シェクスピア立ち絵01
15話(11月9日18時 クロン)






シェクスピア
「魔王!!」


クロン
「お前も来たのか・・・・。」


シェクスピア
「嫌そうな顔ね。」


クロン
「嫌なのは嫌なのだが、それを気にしている状況で・・・・・・。」











・・・・・。













・・・・・・・・・・・・。


















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。










ホルン森800夜



シンゲツが。
いなくなった。



・・・・・当然か。
増援がやってきたのだ。
しかも、聖剣グラストの力を限定的に使える騎士だ。
私の魔法のサポート。
そして、ホープという私の息子の力。
それを考えると、シンゲツが勝のは難しい。
・・・そういう判断なのだろう。






ホープ立ち絵01


ホープ
「逃げた?」



クロン
「多分な。」



ホープ
「私のV-MAXを使えば。」


クロン
「機動力なら上なのだろうが、シンゲツだって隠密能力がある。
 それを使われると、私でも探し切れないし、
 お前が検討違いのところへ行かれると、迷子にもなるぞ。」


ホープ
「ウウム。」


クロン
「ま、いいさ。私の目的は達成したし。」






とりあえず。
私の目標は達成した。
疎開しきれていない住民が襲撃されるような未来を防ぐことが出来たのは良かったな。






私はそれで良しとできるのだが。
・・・・ホープはあまりそれでは納得していないようだ。

何かシンゲツと因縁でもあるのか?
・・・まあ、あまり深く突っ込むようなマネはしないが。





・・・・まあ、そのへんはいい。
ホープがシンゲツを倒したいという欲望があるのは問題ない。
そういう因縁は解消してほしいとは思っている。

その方が、戦闘に対するモチベーションの維持にはつながるからな。





ルネ立ち絵01


ルネ
「すぐに戻ってきたのね。」


ホープ
「なんだか成行きで。」




親子二人で会話をしている。
私は・・・あの中に入りたいというよりかは逃げたい方なのだが。
私が家族触れ合いなんて勘弁してほしいぞ・・・・。
そんなこと私に出来るわけないだろう。


それよりかはシェクスピアと会話をしておいた方が楽だ。






シェクスピア
「どうするの?」



クロン
「手立てはある。
 少し作戦会議を開いて、すぐにシンゲツを倒せるように襲撃する。」




・・・・どのみち。
シンゲツは倒さないといけない敵である。

国際指名手配されているのは勿論だし。
リース・ガザルベルクの怪物を使役しているのも事実だ。

そして、シュライン国家を動かして、クロノス自治区と戦争を仕掛けさせようとしているのも事実だ。
それを考えると、即効であの相手を倒すしかない。




スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<6章「戦争の序章」その3 | TOP | 14話(11月9日18時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

ジリ貧な展開でもゼロ単位で魔法がつかえる魔王が見方もいず
単身で戦うとなると相手には逃げているように見えてその実
一進一退なんでしょうね

倍速+障壁でも距離とるのがやっとというのはそれだけ
シンゲツさんの機動力もたいした物なんでしょうね

あ~集合してここで一戦!かと思ったら今回は去ってくれましたね

なれない家族のふれあいの中に魔王様を放り投げて
おろおろ(笑)する様がみたかった><

2018/05/19 06:48 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

まあ、なんだかんだ言って魔王です。
それなりにシンゲツと戦うことができるってことですね。
もっとも魔法使いなので不得手であることは間違いないのですが。
守るということに特化すれば戦いようはあるということですからね。

ここで集合!!
・・・・が、敵は逃げる。
まあ、シンゲツにとっては当然なのですが。


魔王の家族のふれあい!!
・・・まあ、放置ですね。
その辺は魔王はドライなので(笑)。

毎度マッハなコメント感謝感激!!
(*ノωノ)

2018/05/19 09:13 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。催眠の魔法とは…さすがクロンさんですね。
そしてやはり煙草は欠かせない…!魔鎌を使いこなす姿に
しびれますっ☆ やはり強いシンゲツさん、そこに…
待ってましたぁぁぁ!!ホープ君の到着!!
しかし今回はシンゲツさん、いっちゃいましたね…。
また作戦会議の後の戦い、楽しみにしています♪

先日は誕生日のお祝いコメント、ありがとでした☆
頭が回らないくらい非常に多忙だったそうですし
私も毎年ご用意できてないのでお気になさらずですー!
可愛い顔文字と一緒のお祝いのお言葉がもうプレゼント
なのです!では読んでくださり、ありがとでした♪

2018/05/19 21:20 | 風月時雨 [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

年がら年中、戦闘中でも煙草。
私でも呆れてます。
・・・というか。立ち絵すべてが煙草吸っているのでありえない。
まあ、注文したのは私ですけど。
ようやく魔王とホープが合流しましたね。
戦い・作戦会議・闘いですね。
それがグッゲンハイムの本質ですね。

・・・なかなか誕生日祝いができずに申し訳ない。
考えてはいますけど。
来年はやってみるか。。。
・・・と思って忘れそうだ。
( 一一)

2018/05/19 21:47 | LandM [ 編集 ]


 

侍は近距離に強く、魔法使いは遠距離が得意。
この辺りはどちらが適性距離を取るかという戦いですね。
ホープくんの到着で仕切り直しになりましたが、魔王と息子の距離感(;'∀')
ホープくんにとっては、勇者やシンゲツさんの方が父親的存在なのだろうなと改めて思いました。(勇者さんが女性であることは置いておいて)
シェクスピアさんがいて、クロンさん的には助かった感じですね……

2018/05/19 22:02 | 椿 [ 編集 ]


椿 様へ 

まあ、ぶっちゃけシングルマザーで育った感じですからね。
魔王を父親と認識してないです。
ホープの視点から言えば。
「父親?なにそれ」
みたいな感じですね。ホープからしてみれば。
言われた通り、シンゲツや勇者のほうが父親としての愛着があるでしょうね。

毎度的確なコメント感謝感激!!
(∩´∀`)∩

2018/05/19 22:30 | LandM [ 編集 ]


 

ついにクロンとシンゲツがぶつかりましたね~。
どちらも一進一退での戦いですが、
簡単に決着がつく戦いではないだけに、
作戦で上回った方が勝ちますね。
今回はホープ君を含めて乱入者が来たので、
シンゲツも退きましたがこれで戦いも終わった訳ではないので、
どんな展開になるのか気になるところですね(´ω`)

2018/05/19 23:44 | ツバサ [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

そうですね。
結局。決着つかずだったので。
この後どうなるか・・・ということになりますね。
ホープ・魔王がそろって。
そこからどういう展開になるか・・・。
また今後が楽しみですね。
今度こそ決着がつくかな。。。
毎度、安定感あるコメントをありがとうございます。
(*'▽')

2018/05/20 21:58 | LandM [ 編集 ]


こんばんは^^ 

いよいよ戦闘が始まりましたね@@
やはり魔法使いにとって、侍相手の接近戦はキツイですね^^;
いわば歩兵に接近戦を仕組まれた、野戦砲兵の様な物。
野戦砲兵の場合は「掩体壕に篭もっての防御戦」になりますが、魔法使いの場合もやはり、防御に徹するしか無いでしょうね><

それにしてもホープ君・・・いいとこ持って行きましたねぇw
しかも登場が「やっふ~!」って、何だかキメ過ぎですw

2018/05/21 23:27 | ロベルタ中尉@ジオン公国 [ 編集 ]


ロベルタ中尉@ジオン公国 様へ 

戦い方は人それぞれです。
とりあえず。
自分の能力におごらず。
戦い方を見つける。
・・・そういうことですね。
防御に徹するしかない。

まあ、この作品はファンタジーですからね。
ホープの登場の仕方はまさにファンタジー!!
毎度、安定感あるコメントありがとうございます。
(∩´∀`)∩

2018/05/22 12:25 | LandM [ 編集 ]


ぷはー 

力入りましたよー。
シンゲツさんの攻撃を
ギリギリで防ぐホントに
ヤバい攻防でしたねー。
でもさっすが魔王様
ディバイディングドライバーや
プロテクトシェードまで
使えるなんて、
これでホープ君が前衛に
つけば無双じゃないですか。
でもそんな簡単には
シンゲツさんやられないですよね。
緊迫感のある描写
すごくてカッコ良かったです。

2018/05/22 12:38 | TYPE MM04 [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

戦闘描写は。
ある意味グッゲンハイムの花形ですからね。
それをちゃんと見せないと、魅せないと。
・・・という感覚はありました。
一生懸命書いたつもりではあります。
そこを緊迫して読んでいただいたことには非常に感謝です。
(*'▽')

やっぱり。
このために盛り上げってありますからね。
そういうところは出せてよかったです。
良い視点のコメント感謝感激!!
(∩´∀`)∩

2018/05/23 16:06 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3249-4e9368a6

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード