FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/06/02 (Sat) 24話(11月10日0時 シェクスピア)

クロン立ち絵02

24話(11月10日0時 シェクスピア





ルネ
「魔王がどこから来たのかは分かりません。
 どこであれだけの能力を得て、
 どこで魔法の王様と言えるだけの知識を得たのか。
 無限とも言える経済力をどこで手に入れたのか。
 それを知る人はおそらくいないでしょう。



 経緯は分かりません。
 ですが、結論として、私は問われました。」




クロン
「力は・・・欲しいか。
 さすれば、願いを言え。」





・・・・・リース・ガザルベルクと同じ文言なような。

それもそうか。
リース・ガザルベルクも魔王も源流は同じ。
「破滅」の精霊アモンファスに選ばれた人・・・。
要するに源流は同じだ。
二人は似ている・・・ということになる。
同族嫌悪なのか、枝分かれした「破滅」なのか。
どうして魔王がリース・ガザルベルクを嫌っているのか分からないのだが。

・・・まあ。
知的生命体を滅ぼす殺戮兵器を創り出す時点でヤバいのだが。






ルネ
「私の願いはエルフも獣人も人間も平和に暮らせる国家に住みたい。
 ・・・・ただそれだけでした。」


シェクスピア
「それだけじゃね~~~よ。
 それだけするのに、どれだけ時間と手間と金がかかると思っているの?」



ルネ
「そうですね。それは言えます。
 ですが、当時の地域ではその願いは夢であり、悲願でもありました。


 ここらへんの地域は人間、エルフ、獣人が都落ち・・・。
 亡命によって逃れた人が多いです。
 その関係上、どの国にも住めない人が多かったのです。
 その受け皿として、どうしてもすべての種族が住める国家が欲しかったのです。
 私個人に限らず。」



シェクスピア
「当時の状況は知っている。
 ・・・というか聞いたことがある。

 エルフの国で政治的迫害。
 獣人の国で経済的迫害・・・。
 人間の国は勿論。。。東の国からも流出している地域だった。
 様々な種族と事情を持った人がここに集まったもんだから。
 テロも犯罪もあって、治安が相当悪かった。
 

 ・・・・。



 ・・・・・・・。



 ・・・・・・・・・・・・。



 それをまとめた英雄。。。。
 魔法使いの王様が颯爽と登場した。。。。」





血飛沫1


ルネ
「ええ。それが魔王クロン・ウェスターノ。。。。
 そう私が命名しました。



 魔王様は私の願いを達成するために期待に応えました。
 魔王様は。
 的確であり、
 周到であり、
 蛮勇であり、
 無情でした。



 敵にかける情けなどありません。
 殺すと決めればただ殺した。
 
 決めた敵を屠り、逃げようとする方々をの頸を撥ねました。



 殺した後の感慨もない。
 強さを誇る優越も、
 消えた弱者への罪悪もありません。


 一言で言ってしまえば。
 あの方は・・・・・・・。」




シェクスピア
「・・・・魔王か。」








ルネ
「あの方は殺しましたよ?
 魔王に逆らうすべての人を殺しました。
 魔王に逆らう関係者・家族もすべて殺しました。
 家族を人質にとって、テロリストを殺し。
 その家族もテロリストを殺した後に殺しました。

 そうですね・・・・・。。。
 クロノス自治区を設立する際に歯向かった人は
 誰も生きていないのではないでしょうか。。。」






シェクスピア
「・・・・・・・すげ~~~~~。」







ちょっと感服した。
いやあ、徹底した魔王っぷりだな。。。
本当に。
魔王らしいというか。
なんというか。。。
魔王の源流は分かるし、
ルネの願いも分かった。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<25話(11月10日0時 シェクスピア) | TOP | 23話(11月10日0時 シェクスピア)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3266-fc9fe430

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード