FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/06/02 (Sat) 25話(11月10日0時 シェクスピア)

ルネ立ち絵01

25話(11月10日0時 シェクスピア)






シェクスピア
「アンタって・・・・・。


 ・・・度し難いぐらいの聖人ね。」



ルネ
「そうですか?」



シェクスピア
「10の命を生かすために1の犠牲が必要だったら、
 すみやかにそれを用意して、処理する。

 みんなが笑って暮らせるなら良いや~~~って思想をもとに
 アンタの理想郷を体現するために・・・・。」




ルネ
「ええ。
 テロを起こす可能性がある方や組織は魔王の名のもとに殺しました。
 一般市民の生活を守るために速やかに殺します。
 私の指示によって。

 ・・・・もとい。詳細に調査してですよ。
 たとえテロリストといえども交渉はしますし、最後の最後まで妥協点を見出します。
 それでも相手がテロや殺人を起こすというのであれば。
 私は魔王の名を借りて殺します。」



シェクスピア
「その徹底した理想。
 その結果のクロノス自治区。

 それを維持するために多くの人を殺した。。。
 結果として、
 クロノス自治区は西大陸一平和な自治区として君臨することになった。

 魔王もアンタも作為的な人でなしであって。
 そして、作為的な聖人でもある。。。」






ルネ
「否定はしません。
 その結果、一つの平和の形ができたのも事実です。」







・・・・・。







・・・・・・・・・・。










・・・・・・・・・・・・・・・・。









やれやれ。
楚々として大人しい女性だと思ったけど。
・・・とんだ聖人であり、人でなしね。



まあ。
けど、魔王の正体は大体わかったし。
源流も分かったからいいけど。。。
要するに。
この人も魔王の一部ということだ。
いや、魔王の半分はこの人でできているのかもしれない。









シェクスピア
「ん?今はその役はミルフィールに移っているのよね。
 魔王の正妻はミルフィールなんだから。」


ルネ
「ええ、そうです。
 私は所詮愛人です。
 魔王の血を頂いた下賤な奴隷の一人です。


 正妻の要望は周囲からあったのですけどね。
 私の立場諸々考えれば・・・。 
 及び理念を考えれば・・・。


 もっとも。
 血の契約をした女性が魔王と籍を入れてはいけないルールはありません。
 私が魔王と結婚することは現実論的には可能です。」





シェクスピア
「ミルフィールは?
 見たところルネと同じことをやっているように見えるけど?」




ルネ
「その点に関してはミルフィール様にお聞きください。
 一見、同じように見えますが詳細は違うのかもしれません。


 もっとも。
 シェクスピア様も。
 ミルフィール様も共通しているのは。
 私を侮蔑しているということでしょうかね。」








・・・・・・。






くそう。
ぐうの音の出ない。
そりゃあ。ルネのことは侮蔑しているけど。
まあ、ルネ個人というよりかは。
魔王の愛人自体に侮蔑をしている。
魔王の血を交わしている愛人自体に侮蔑をしている。






けど。
侮りがたし・・・・。。。。
かな。魔王の血の愛人というのも。






黄色の月完成




シェクスピア
「寝る。」



ルネ
「そうですね。明日があります。
 休みましょうか・・・・・。。。。」















 
スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(14) |


<<6章「戦争の序章」その5 | TOP | 24話(11月10日0時 シェクスピア)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

話をする前にあれこれ思案してるシェクスピアさんの様子が
新鮮でかわいく思えてきてしまった
ミルフィールさんに対してならあれこれ悩まなくても
さら~っと会話できちゃいそうですもんね

魔王が結局どこから来てあの力はどうやって等まだまだ謎が
ありますが今現在の魔王としての行動の基盤となっているのは
ルネさんによるものだったのがわかりました
容赦なく行動する姿はまさに魔王を体現していますね
さらっと私を侮蔑していると言うルネさんの感じは
まるでさらっとした物言いの魔王みたいに思えましたね

たしかに、ミルフィールさんもルネさんと同じように
平穏な世界をという思いは同じでしょうね
ただやり方は違いそうですが、そう考えるとあのおっとりとして
癒されるミルフィールさんもすごく裏では大変なんだろうなっと
思ったら無理しないでねって魔王の正妻って立場も
それなりに大変そうだし(いつもニコニコしていてわからないけど)

2018/06/02 08:00 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

こんばんは。今回のお話はシェイクスピアさんとルネさんの
トーキング…!ルネさんの願いは優しいものですが、それを
実現するクロンさんもルネさんも容赦ない…と感じましたね。
そして自分がシェイクスピアさんやミルフィールさんに
侮蔑されている事、ルネさんは見抜いてましたね。
ルネさんは本当に大人しそうに見えて、色々な事を画策して
いる、闇の部分も持つ深い女性だなぁと改めて感じました!

先日はコメントありがとでした☆ フィギュア
すげええええええええ!!!ですよね!この素晴らしい
技術の高さ、日本の英知を見たような気がしますよね~!
流石&素敵なのは作る技術&撮られた方の技術もあって
こそ!グッズも含めて楽しんで頂け嬉しかったです♪
では読んでくださり、ありがとでした!

2018/06/02 19:05 | 風月時雨 [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

シェクスピアはシェクスピアで苦手なものもあるということです。
ルネとシェクスピアは根本的に相性が悪いですからね。
その辺の関係もあります。
あの二人が気が合うわけないので。
嫌悪しているのもありますけど、あの二人は根本的に相性が悪いだけです。


原初の行動基盤はルネです。
基本的にルネの方針によって、今のクロノス自治区が成り立っているので。
その辺は魔王らしいようにしたのはルネです。
基本的に青写真というか、絵を描いたのはルネです。


ミルフィールとルネは願っていることはあまり変わらないように見えて。
若干違う。。。ということがあります。
まあ、やっていることはあまり変わらないですけど。
魔王の正妻は結構大変です(笑)。

毎度マッハなコメント感謝感激!!
(*'▽')

2018/06/02 20:33 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

ルネとシェクスピアが話するのは稀ですね。
まあ、たぶんこれまでもないし、これからもない(笑)。
それぐらいに相性が悪いですからね。
けど、真相は知りたいので会話している。
・・・というのが現状です。
ルネにしても、ミルフィールにしても。
闇が深いのでお楽しみ(笑)。
(*'▽')

2018/06/02 20:36 | LandM [ 編集 ]


 

この2人が話すというのも本当に珍しいですね、
シェクスピアが軽蔑しているというのもありますが、
普段から会う機会もないでしょうしね。
魔王の奴隷、確かにそれを言ったら軽蔑ものかもしれませんが、
それで国が出来て平和になったというのもあるので、
一概に悪い事ばかりではないというのもありますし、
こればかりは捉え方次第なんでしょうね~。

2018/06/02 22:20 | ツバサ [ 編集 ]


 

ルネさんコワイ(笑)
賢くてもの静かな女性と言うのは得てしてそう見えてしまうものかもしれませんが。
シェクスピアさんとは行動理念的に合わないのは分かる気がします(^-^; 

魔王の行動パターンが黒幕的なのは、人を押しのけて前に出ることはないだろうおしとやかなルネさんの性格が影響しているのでしょうか。
もの静かな女性の行動パターンが実は黒幕っぽいというのは考えてみると面白いです。

女性二人の対決(?)なかなか面白かったです、次回も楽しみです!

2018/06/02 23:39 | 椿 [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

確かに捉え方の問題はあります。
別にルネが善とか悪とかそういう問題でもないですからね。
それで平和になった・・・というのは結果論ですからね。

根本的に嫌いな人と話はしないという原理と同じで
話す機会はないですし、接点もないですからね。

毎度、的確なコメントありがとうございます。
(*'▽')

2018/06/03 05:36 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

怖い・・・というのは、まあ、捉え方の一つですね。
別に彼女が悪だとか、善だとかそういう捉え方ではないですからね。
シェクスピアとは相性は悪いでしょうな(笑)。

そうですね。ご指摘の通りです。
いわゆる、魔王主義や秘密主義の観点はルネの差し金です。
彼女の性格が影響して、黒幕的な存在になっていることがあります。
まあ、今のミルフィールも「黒幕的なのだから魔王なのです!!」的な考えなので。
どちらのその辺は共通してます。

ルネにしても。
ミルフィールにしても。
シェクスピアにしても。
普通の女性には作ってないです。
次回もよろしく!!
(*'▽')

2018/06/03 05:51 | LandM [ 編集 ]


 

こんにちは(´∀`)

今回はシェイクスピアとルネの会話で魔王の過去について語られるお話でした。

魔王は昔は非情な人だったんですね~
尤もその背後にいたのはルネということでしょうか。

自分の周りにも「殺人犯は皆死刑にすればいい」と言う人がいます。
「デスノート」を使って夜神月が目指したのも犯罪者が一人もいない平和な世界でした。
クロノス自治区では実際に実現してしまったということですね。

2018/06/03 17:43 | らす [ 編集 ]


らす 様へ 

昔は・・・というか。
今も非情ですけどね。
別にやり方は変わってないので。

あとは。
方向性の違いですかね。
殺人犯ではなくて、テロリストを殺す・・・って話であって。
殺人犯は殺す気はにないですね。
平和な世の中を目指しているのは変わりないですけどね。
(∩´∀`)∩

2018/06/03 22:03 | LandM [ 編集 ]


こんばんは^^ 

今回は、シェクスピアの視点からの話ですねぇ^^
いやぁ、クロンもルネも、結構凄い事をしてますねぇ・・・
でも平和な国を作る為には、それなりの犠牲もある・・・
あの『織田信長』も、戦国時代を終わらせる為にと多数の人間を殺しましたが、この矛盾はもう、避けられない宿命なのかも知れませんね^^;
『憲法改正』が賛成、反対、簡単に決められるような単純な問題では無い様に、この矛盾も簡単に善悪が決められる事では、無いのかも知れません・・・

2018/06/04 20:57 | ロベルタ中尉@ジオン公国 [ 編集 ]


ロベルタ中尉@ジオン公国 様へ 

当たり前の話ですが。
この話の中で、誰が善で、誰が悪か・・・というのは別問題です。
誰もが悪で、誰もが善です。
私はそういう書き方をしてます。
確かに魔王は主人公ですけど。
別に善でも悪でもないです。

ま。いわゆる「憲法改正」と同じです。
どちらの意見も正しくて、間違っています。
あとは時代がどちらを決めるか・・・という話だと思います。

的確なコメントありがとうございます。
('◇')ゞ

2018/06/05 17:11 | LandM [ 編集 ]


はわわっ。 

こ、コレは一種の修羅場ですね。
愛人どうしが、かち合うとか
魔王様あたふた?じゃないみたいですけど
普通の人間なら逃げ出しますね。
まぁ愛人システムですからね。
でもちょっと悲しいシステムですね。
そして魔王様は誰でもない?
そこも切ないです。
ホントはどんな方だったのでしょ?
せめてタバコくらい自由に
吸わせてあげて下さい。
うぅっ。魔王様ぁ。

2018/06/07 07:42 | TYPE MM04 [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

うん。
なかなか自由にできないのだから、煙草ぐらいは自由に吸わせてあげたいですね(笑)。
意外にかなりよい着目点。
煙草は煙草で設定があるので。
そこは大事です。
・・・まあ、あまり大事でもないか。
わりかし、魔王は複雑じゃないのですが。
魔王の周りが複雑なので。
結構大変なのですよね。
毎度、的確なコメントありがとうございます。
('◇')ゞ

2018/06/07 12:09 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3267-95b193e4

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード