FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/06/16 (Sat) 8話(11月10日14時 クロン)

ホープイラスト

8話(11月10日14時 クロン)





ギュイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイン!!!!!




クロン
「ちょっとガソリンを変えたぞ。
 少しなんだ・・・高級感を増したものにしている。
 これで出力が1.5倍ぐらいになるだろうな。」


ホープ
「あの・・・ただでさえ出力がぶっちぎりのこのバイクを1.5倍って。
 私が死ぬレベルの出力ですよ。」



クロン
「お前専用での構造なんだから、なんとか使いこなせよ。」



ホープ
「頑張りますけど、可能かどうかはやってみないと分からないですよ。
 正直、このバイクに乗って、1か月も経過してないですからね。

 ぶっつけ本番だらけのここまでの戦闘なんですから。」








確かに。
彼の言うように。
ぶっつけ本番が多くて、訓練が少ない戦闘になっているのは否定できないのだが。
それでもうまくやっているところは、流石は才能なのか。
あるいは勇者式訓練の賜物なのか。
その両方であるのだろうが。

どちらにしても、ホープはかなり才能に愛されている存在である。
それだけは言える。






ホープ
「よーし!!ぶち壊して、門を粉砕してやる・・・・って。
 鍵が開いている?」


クロン
「罠か?」





カミラ駐屯所の門は開いていた。
普通は施錠されていて当たり前の状況であるのだが。
それがない。



・・・・どういうことだ。
まあいいか。それはそれで入らせてもらおう。




シェクスピア
「拍子抜けね。」


ホープ
「せっかくオイルまで変えて、エンジン全開のバイクを用意したのになあ。。。」







・・・・。







・・・・・・・・・。






・・・・・・・・・・・・・・。







クロン
「ん?ホープ、どうした。」


一番槍。
ホープの動きが完全に止まっている。
もとい、唖然として青ざめている。


罠ではないようだ。
何か衝撃的な、何かの光景を見ている様子であった。



仕方がないので。
私もホープと同じ位置まで移動する。









・・・・・。






・・・・・・・・。








・・・・・・・・・・・・・・。








そこは辺り一面が血まみれだった。
血まみれというどころの話ではなかった。
廊下には血と言う血がまみれていた。
そして、死体がそこらかしこに溢れていた。


首が飛んでいるもの。
あるいは身体が飛んでいるもの。
部分的に肢体の一部が斬り飛ばされているものを多く見られた。





血飛沫1


ホープ
「うっく。」



ホープはかなり気持ち悪そうな光景をしている。
凄惨な光景を見慣れている私でも圧倒されそうな光景である。
それぐらいにショッキングな光景であるのは間違いない。








カチン。






フウーーーーーーーーーーーー。




煙草を吸って、一息落ち着ける。
気配から感じて、シンゲツはこの近くにはいない。
それを理解してから、一服する。



状況の理解が追い付かない。
それぐらいの突飛な状況であるのは間違いない。




ルネ
「完全に絶命しています。
 刀で一刀両断されている・・・とみるのが妥当でしょう。」


クロン
「シンゲツの仕業か・・・・?」



ホープ
「なんで・・・・どうしてこんな・・・・。」





完全に青ざめているホープ。
今にも倒れそうな表情をしている。
あまり今まで血を見たこともなければ。
首が飛んでいる光景など見たこともないのだろう。
それを考えるとかなり悲惨な光景であるのは間違いない。





だが、それでここから退避させることはできない。
それが戦場で生きると決めた人物の決定である。




クロン
「ならば今から逃げるか?今ならまだ許すぞ。」


ホープ
「・・・・・・・・!!!」


クロン
「お前はこういう理不尽な奴をやっている奴を殺すために戦うと決めた。
 それが、この光景にも耐えきれない奴には無理だ。
 今なら、まだ引き返せるぞ。」




ホープ
「・・・・・・冗談を。」





カチャ。



ガンブレード。
それを見つめて。
ホープはさらに真剣な表情をした。




死線。
そして、生きるところと死ぬところの狭間。
その中で生きると決めた人物の目つきになろうとしていた。



・・・・うむ。
戦士の顔に近くなってきたな。






スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<9話(11月10日14時 クロン) | TOP | 7話(11月10日14時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3271-9f940681

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード