FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2018/06/16 (Sat) 10話(11月10日14時 クロン)

血飛沫1

10話(11月10日14時 クロン)






ホープ
「・・・・・・・・・・!!!」




ひときわ。
血しぶきが待っている部屋に辿り着いた。


真っ暗なのか。
しかし、オーラというか存在感を感じる。


殺気というのか。
殺すという気がいを感じるというのか。
そういう気配は間違いなく感じる。



ホープもそれを理解したようだ。




シンゲツ立ち絵03


シンゲツ
「・・・・・・・・・・・。」



カチン。




白い服装。
それに対して漆黒の刀。

名刀スルギの宵闇。
その漆黒は製作者の怨念が込められているような。
そんな雰囲気を漂わせるような怨霊を感じる。




ホープ立ち絵02


ホープ
「・・・・・・・・何故こんなことを。」



ホープはガンブレード「マサムネ」を構える。
ガンブレード「マサムネ」。
聖剣グラストの眷属。
聖剣グラストの欠片から製造した、
グラストの仲間を作るために作ったガンブレード。


この武器を扱うこと自体。
勇者の仲間の称号を得られることができる。
それだけの武器を保有している。








シンゲツ
「不要だな。闘争には。語り合いは。」


ホープ
「・・・・・・・・・・・!!!」




一蹴された。
ホープの敵をも理解したい気持ち。
どうして殺したのか。
味方と思われる人物すら殺さないといけない気持ちを理解したかった。
それがホープの気持ちなのだろうが。


それをシンゲツは一蹴した。





シンゲツ
「迷いは捨てろ。少なくとも闘争の前にはな。
 ・・・・でないと、いつかはお前はお前自身で殺すこととなる。」


ホープ
「ロボットのように人を殺せっていうんですか?
 ・・・それこそ私はそんな人にはなりたくない!!」



シンゲツ
「違うな。戦場に立つなら。
 意思を持った戦士として立て。


 少なくとも・・・私は意思を持って、これらの人を殺し。
 そして、魔王・・・そして、お前と立ち向かっている。



 私のその戦士としての思いを報いろ。少年であってもな。」



ホープ
「・・・・・・・・!!!!」





ホープは迷いがある。
それでも武器を構えている。
それは言えるだろう。

12歳の少年が迷いなく戦う方も珍しいのだが。
それはそれで。
少年兵と言われる機械のようなものになってしまうのだろうが。




シンゲツはそれが気に入らない様子だ。
戦士である以上。
戦場に立つ以上。

闘う者は闘う者の意思が必要であり。
それを求める。





成程。
その矜持。
心意気は流石にシンゲツだと思った。





・・・。




・・・・・・・。






・・・・・・・・・・





それと同時に。
これから死ぬ者の意思であるようにも感じた。







ホープ
「・・・・・・少なくとも。
 私は万人以上の人を殺したあなたを殺すのに・・・・。



 迷いはない。」



シンゲツ
「それでいい。
 今戦うのにはそれだけで十分だ。」





納得がいった。
シンゲツはそういった表情をした。




戦いが始まるな。
万単位の人を殺した・・・国際指名手配犯。
シンゲツ・トヴァとの戦いが。。。。




スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<7章「血まみれの決着」その2 | TOP | 9話(11月10日14時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

鍵の開いてる扉に血の海に見るのも耐えられない
無残な姿の数々

シンゲツの行動はもちろん星の意思のもとの行動と同時に
10話でチラッと出た迷いは捨てろな事なんでしょうね

戦闘経験がみなに比べて少ないうえに血を見るのも
死体をみるのも圧倒的に少ないしいくら才能豊かといっても
まだ少年な年だから
これはある意味最後の師匠としての教えなのかもですね
戦場にいる以上戦士としてそれが誰であれどんな状況であれ
自分の信念に従ってそれを貫く強さと意志を持てと
後はやはり戦士として成長したホープに殺されたいっと
考えているのかもですね。師を超えるのも弟子の務め
なんとなくですがピッコロさんが悟飯をかばって死んだ時のような
弟子に殺されるならば同じ死でもシンゲツにとっては本望なのかな

(すごく長くなってしまってすみません ><)

2018/06/16 08:32 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

駐屯所では凄惨な光景が……。
より多くの人間を殺すのがシンゲツの目的だとしても、
建前上の味方まで早く殺すとは流石に思いませんでしたね。
もう少し利用してからかなとは思っていましたが(><)
ついにシンゲツとも再会しましたが、
これからどう決着をつけるのか気になりますね。

2018/06/16 22:04 | ツバサ [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

いえいえ。
長いコメントありがとうございます。
それだけ、思いがこもっていてとても感動してます。
(/ω\)

まあ、シンゲツの思惑は違うのですが。
結果的に、そうなったということですね。
少なからず、ホープの成長につながってますし。
これが戦場、ってことが教えられているのがわかりますね。
そのために人を殺すのは論外なのですが。

されど。
闘いは戦い。闘争なので。
そこでは戦士が必要なのです。
戦う士。
それこそ戦士はこれを乗り越えていくのです。
そこは非常に大切だと思います。
この経験がホープの成長につながるんだと思います。

マッハで熱いコメントありがとうございます。
(*ノωノ)


2018/06/16 22:54 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

この辺はね。
シンゲツの心理描写なんですよね。
最初は利用しようと思ったのですが。
それができないぐらい、シンゲツの身体が限界を迎えている。
っていう背景があるんですよね。
なので。
自分が限界を迎える前に少しでも人が死んでほしい。
・・・ということで殺戮を行ったという背景ですね。
傍迷惑な自殺願望ですが。
(-ω-)/

毎度安定感あるコメントありがとうございます。
('◇')ゞ

2018/06/16 23:04 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。
冷たい気配というところから嫌な予感がしていましたが、意外な展開になりましたね。
これはこれでシンゲツさんらしい……のかもしれませんが。

ホープくんにはショックが大きかったでしょうね。
今度こそ最後の対峙という感じがします。
戦いがどんな風に進んでいくのか、来週も楽しみにしております。

2018/06/17 01:52 | 椿 [ 編集 ]


こんにちは^^ 

ホープ君はまだ子供なのに、とても残酷な光景にハチ遭ってしまいましたね><
これはきっと、トラウマになるな><
トラウマを乗り越え、情を捨てて戦えるかが、ホープ君のこれからの鍵ですな^^;
実際の戦場でも、相手に向けて引き金が引けず、結果自分の方が戦死してしまったという人が、結構いる様です・・・

2018/06/17 06:59 | ロベルタ中尉@ジオン公国 [ 編集 ]


 

こんにちは。先頭になったホープ君ですが、やはりまだ12歳…
血まみれの現場を目にしたら、やはり青さめてしまいますよね。
でも「……冗談を」と戦士の顔に!ホープ君の事は心配ですが
死ぬようなピンチがあっても、私がなんとかしてやる…と
息子を守りきろうとするクロンさんの言葉、信頼できますね。
そしてシンゲツさんとの対面…。極悪非道な所はありますが
シンゲツさんの、意思を持った戦士として立ち向かう姿には
やはり魅力を感じてしまいます。

先日はお忙しい中、色々な美しい絵にコメントありがとでした☆
それぞれに個性、美しさ、そしておもい…やはり気持ちが
こもった贈り物は良いですよね。そして自分だけが幸せ~
気分は嫌なので…来年関与して頂けるのであれば
こちらからも何か捧げさせて頂ければ、と思います!

お忙しい中でも安定の土曜日更新!毎週本当に素晴らしいですね。
お仕事の後に会議と医療研修、しかも研修委員会で発表…!
資料まとめもですが、発表も大変だっただろうなぁと思います。
本当にお疲れ様です!では読んでくださり、ありがとでした!

2018/06/17 15:39 | 風月時雨 [ 編集 ]


椿 様へ 

そうですね。
シンゲツとの闘いはこれで終わりになりますね。
そこまでお楽しみ!!
って感じですね。

意外な展開・・・というのは確かかもしれないですね。
それぞれの心理描写を考えるとこういう結果って感じなので。
視点があっちこっちしてますけど。
とりあえず、魔王やホープの観点ではびっくりってわけですね。

毎度、安定したコメントありがとうございます。
('◇')ゞ

2018/06/17 21:32 | LandM [ 編集 ]


ロベルタ中尉@ジオン公国 様へ 

それでも戦場に立たないといけない。
そういうときがある。ってわけですね。
残酷であろうと、苦難があろうと、
進むことはしないといけない。
そういうときもあります。
相手から残酷であろうと、戦わないといけないこともあります。
それがファイターってことです。
戦うことができなかったら・・・戦場には立ってはいけないのですよ。

的確なコメントありがとうございます。
(*ノωノ)

2018/06/17 21:36 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

ああ、魔王は心配しているようで。
そんなに心配してないです。
言葉ではそんなことを言ってますけど、
心ではそんなに思ってないです。
死んだら目覚めが悪い・・・それぐらいです。
残念ながら。
(-ω-)/

シンゲツはそれでもファイターなんですよ。
最後の最後まで戦う。闘う。
自分の信念で。
その結果がこれです。
血まみれの惨状です。
最期の最後までシンゲツが戦うのをお楽しみ。


仕事は忙しいけど。。。
まあ、頑張るしかない。。。
応援ありがとうございます。
(*ノωノ)

2018/06/17 21:41 | LandM [ 編集 ]


いよいよ 

シンゲツさんとの対決ですね。
静かに場面は進んで行き
緊張感が、高まりますー。
そして凄惨な場面…
文章だけでも怖くなっちゃいます。
どきどきしながら読んでます。
シンゲツさんはなぜ?
そしてホープ君の決意。
コレはいよいよ決着が?
ちょっと魔王様が遠慮ぎみ?
次も、すっごく楽しみですぅ。

2018/06/20 22:20 | TYPE MM04 [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

魔王が遠慮しぎみなのは普段のことです。
そもそも全面にでる性格ではないので。
主役はあくまでも魔王の下で動く駒の人。。。
つまり、今回ではホープということです。
確かに物語総合の主人公は魔王だけど。
その魔王のもとで動く人も主人公というスタンスです。
今回の物語はホープが主人公ということですね。
ホープの決着を楽しみにご覧になってくださいませ。
(∩´∀`)∩

2018/06/21 18:05 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3273-2704c653

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード