FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/06/30 (Sat) 17話(11月10日20時 ホープ)

ホルン森800夜

17話(11月10日20時 ホープ)






ホープ
「・・・・・・・・・・。」



シンゲツ
「・・・・・・・・・・。」




ガキン!!



ガキン!!!!!!!






いざ組み合ってみると。
流石はシンゲツさんといったところである。

病み上がりも何のその。
全く、そういった問題をみせないだけの技量を見せている。






正直言って。
私がシンゲツさんと組み合いをして勝ったことはない。
一度もない。



まあ、そりゃあ、そのときは私も未熟だったので仕方ないのだが。
今、その本気の勝負で、それを言い訳にするわけにはいかない。







工夫や技巧を凝らしてみるか?

・・・・多分、シンゲツさんほどの人である。
小手先が通用するとは思えない。


間合いやギミックは?

・・・遠距離戦にしたところで結果は同じである。
ガンブレードを利用したところであまり結果は変わらないだろう。






私が優っているもの。
それはやはり体力と魔力!!
・・・ということになるだろう。



ならば、長期戦。
それを望むのが一番である。
問題は・・・シンゲツさんがそれを望むかどうかだが。





ホープ立ち絵02



さすれば、短期決戦。
・・・・と、シンゲツさんになるはずなのだが・・・。


それをしようとしないシンゲツ。
あくまで剣の剣のたたき合い。
修行の一環のような剣捌きをしている。










フウ。




シンゲツ立ち絵03


ホープ
「・・・・・・・・・・・・・・イ!!」



ガキン!!!!






間合いを変えてきた。
流石はシンゲツさんだ。
さりげない動きで間合いを変えてくる。
こういう奇天烈というか出鱈目というか奇抜な行動に出るのもシンゲツさんの特徴である。









シンゲツさんの行動に流派はない。
全て自己流である。



型があるわけではない。
全ては色々な戦い・門下・道場を巡って吸収したものである。
何かの流派があるわけではない。









そういえば、シンゲツさんも言っていた。
「自分には流派はない。ただただ戦い続けた結果の流派である。」


全ては戦いの中で産んだもの。
闘争に明け暮れた中で産んだもの。
それがシンゲツさんの戦い方。
戦いの捌き方。





どこにもない。
ただ一つ。
戦場に明け暮れた戦い方があるだけ。
それがシンゲツさんであった。





スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<18話(11月10日20時 ホープ) | TOP | 16話(11月10日20時 ホープ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3282-b6ef5259

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード