FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/07/07 (Sat) 22話(11月10日20時 クロン)

リースイラスト

22話(11月10日20時 クロン)






クロン
「ルネ。シンゲツと面識があったということだが。
 どういうことを話をしたのだ。」


ルネ
「ええっと。。。
 色々と私たちが魔王さまのサポートをしているときの用心棒をしてくれました。
 暴漢とかあった時に助けてくれたり。
 あるいは、警護であったりを・・・。。。」


ホープ
「私には剣術を教えてもらいました。
 そして、戦うことの気構えや人を殺すことの覚悟や心得を。


 シンゲツさん自身も自分の命は短いからと言っていましたし。
 時々吐血する表情もあり、顔ももともと真っ白でしたから。

 かなり不健康であったのは間違いないです。」





なるほど。。。
シンゲツ自身もそのようなことがあったのだな。
だからこそ噂とは違う実力であったし。
あまり力を発揮できないということでもあったのか。


私のサポートをしているとき。
・・・といえば。
フェルト国家で私が研究に没頭しているときだったか。
あのときにシンゲツが用心棒をしてくれていたのか。
それはそれで凄い構図なのだがな。




だからと言って、私情を交える気はないが。
アレが大量殺戮犯人であることは間違いないし、
私の目の前にいたら間違いなく殺していただろう。

私の価値観とは全く相違な人物像をしていたからな。










クロン
「何か気になることは言っていたか?」


ルネ
「世間話はしましたし。
 体調が悪いのであれば、魔王の厚意で治療もすることを伝えたり。
 けれど、断れました。
 
 なんでも魔王様とは折り合いは必ずつかない・・と。
 会えば、戦い合うしかない・・・と。
 それに今更自分の生き方を変えることはできない。
 ・・・とも言っておりました。」




それはそうだろうな。
シンゲツ自身も理解していたのだろう。
私と会えば闘争になることぐらいは。


それにシンゲツもあれだけ世界を回って人を殺してきた人物だ。
今更、自分の生き方を変えることはできないし。
そのやり方を変えることはできない。
大人とは自分の生き方を変えることはできないものなのだ。
それが殺戮という狂った人生であっても。



その中で、ホープの修行の相手をしたりしたのは。
シンゲツの残っていたわずかな良心だったのかもしれないな。





ホープ
「気になることは・・・というか変なことを口走ってはいましたけど。

 数多見る予言の日。
 再生誕・・・が始まる?
 ・・・みたいなことは。」




クロン
「・・・・・・・・・・・・・。」







ホープ
「ど・・・どうしたんですか。
 急に怖い顔になっていますけど。」




数多見る予言の日。
再生誕・・・・。
シンゲツが死んで繭になる手術受けた。
繭の中では再合成が行われ、別の生命体になる。
再生誕。




死んで生まれ変わる魔法手術。
それを行われたということは、何に生まれ変わるかも設定はできる。
その際に生まれ変わることができるもの。
シンゲツの生き方。
リース・ガザルベルクの意思を継いだ生き方の巡業。
その果てに見つけた答え・・・・。





・・・・・!!!!








・・・・・・・・・・!!!!!









・・・・・・・・・・・!!!!!!!!








クロンイラスト01



クロン
「今すぐこれを破壊しなければならない!!!」


ルネ
「・・・・・エ?」


ホープ
「ほへ?」




今までのシンゲツの発言。
繭の登場。
再生誕。
繭の中で再合成されているものは・・・・。
恐らく。







クロン
「リース・ガザルベルクがこの中で産まれようとしている!!」



リース・ガザルベルク。
それがシンゲツの身体を再合成して生誕する。
それがシンゲツが今までの人生の終末として選んだ道。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<23話(11月10日20時 クロン) | TOP | 21話(11月10日20時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3288-c4541e26

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード