FC2ブログ
2019・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/09/29 (Sat) 4話

a0001_018098_m.jpg


4話










チン。







光輝
「そろそろ食パン生活に飽きてきたんだけど。」



みらい
「ウチは毎日パン食だったわよ。
 ほら、パンだと犬もだべれるでしょ。」





・・・・かなり思ったことだが。
確信になっているが。
彼女の生活観はかなり犬に比重を置いている。
それはおそらく無意識のうちに。
いや、おそらく生まれたころから育ったものなのだろう。
みらいの両親も相当ペット好きだったのだろう。
だから、それがみらいにも受け継がれて今に至る。
・・・ということだと思うのだが。







光輝
「俺の家は毎日白米だったのだが。」



みらい
「私の家は毎日パンだったのだけど。」





・・・・。









・・・・・・・・・・。










・・・・・・・・・・・・・・・・。











再び、無言の威圧が始まった。
これが始まってしまうと最終的に「別れる?」
・・・という必殺技が飛び出してしまうので注意が必要である。




光輝



光輝
「・・・・妥協するから。
 アレだ。ホームベーカリーとか?
 焼き立てパンが食べたいかな。
 あるいはサンドイッチとか
 ハンバーガーとか。
 毎日、味を変えてくれるといいんだけど。


 あと、俺はパンの知識はないから、パン作りは任せる。
 他のメシの時は俺も手伝うから。」




みらい
「・・・・・ふむ。
 ホームベーカリーねえ・・・・。
 確かにパンに拘るなら必要ねえ。。。」










む。
みらいが真剣に考え始めた。
これは俺にも勝機がありそうだ。
ここは俺も戦おう。
これから先、ずっと朝飯が食パン地獄なのはたまったものではない。
せめて、サンドイッチやハンバーガーみたいなものも食べたい。
あるいは、シチューパンとか。









光輝
「シチューパンとかハンバーガーだったらムッシュも食べるぞ。
 焼き立てパンならなお欲しがるんじゃないか?


 俺も金出すからホームベーカリーにしようぜ。」







みらい
「そうねえ。
 その方がムッシュも喜ぶし。
 優雅な朝ごはんが作れそうね。」






にっこり。
笑顔のみらいが待っていた。



よし。
朝食の戦争に俺は勝った!!
自らハンバーガーやサンドイッチ。
シチューパンを食べる権限を得ることができた。
食パン地獄からは抜け出せるぞ~~~~~~~~~!!!!






ふう、
小さい戦争だが、俺が勝ったぜ。


スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<5話 | TOP | 3話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3343-00fb187b

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード