FC2ブログ
2019・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2018/10/20 (Sat) 5話

a0001_018018_m.jpg

5話







光輝
「そういえば。話が変わるけど。」


みらい
「うん?」




光輝
「ムッシュの子どもが欲しいとかは思わないのか。
 家族だったら、そういうのも望むのじゃないのか?」



みらい
「う~~~~~ん。それは確かに考えているのだけどね。
 ムッシュは3歳。子ども作るには手ごろなのよね。。。


 でも、財政のこともあるしねえ。。。
 犬を増やすと家計の心配もあるから・・・。。。

 まあ、増やすとしても1匹だけが限界だろうけど。」






考えてはいる。
まあ、それは飼い主としては当たり前だろう。
そして、愛すべき家族としては当たり前だろう。
愛する家族の子どもを見たい。
それは感情としてあって然るべきだ。



そこで立ちふさがるのは経済的問題なのだが。
今の世の中金なのだ。
それは否定できない。


金だけある人生で愛がなければ幸せではない。
だが、金がない人生は幸せではないのだ。








光輝
「少なくとも・・・俺は・・・・。
 みらいを経済的な理由で妥協させたくはないな。。。」




みらい
「・・・・一人前になるのにあと10年ぐらいかかる職業のくせに。」



光輝
「う!!仕方ないだろう。医学部は6年。研修医2年。
 それからじゃないと一人前になれないし。
 そっからでも知識が未成熟で一人前にもなれないんだから。
 日本の医者なら誰だって歩む道だ。」



みらい
「ま・・・・仕方ないですけどね~~~。」








みらいは。
多分。
刹那的と言いながらも未来のことを考えている。
未来というのは財政的な話である。
みらいは一人で生きている。
建前上は。
両親が死んだので、税金関係や諸々。
それは一人で考えている。
そして、自分は今すぐ働かない。
動物看護師になるための勉強をする。
その学費。
それら諸々を考えて、10年後の生活の試算をしている。
その計算上で、ペットを増やすことは確実に家計に影響する。
そうことを計算しながら、ムッシュをどうするか考えている・・・のだろう。


勿論、ムッシュを捨てる選択肢はない。
当たり前の話だが。
だが、ムッシュの子どもも育てるとなると、養育費が倍になる。
そうなると計算がずれてくる。
犬を世話するのでもお金は馬鹿にならないのだ。






・・・みらいの力になってやりたいのだがな。

生憎。
俺も学生の身である。
みらいの家計に応援できる要素は少ない。
ウチの親の財政も厳しいからなあ。。。






だが。
みらいの喜ぶ顔もみたい。
ペットを家族として接しているみらいの喜ぶ顔は見たい。








光輝
「バイトでもしようか?」


みらい
「馬鹿ねえ。その前に真っ当な医者になりなさい。
 私の方が一人前になるのは早いのだから。」






うぐ。
その通りだよな。
動物看護師は4年生。
医学部は6年生。
将来的に見て。
金銭的にみて。
みらの方が給料を稼ぐのは早い。
それは事実である。






みらい
「ま。ムッシュの子孫を育ている件はまだ保留。
 犬はたくさんいるんだし。

 ムッシュの子孫ばかりに固執するわけにはいかないわ。」





光輝
「・・・・・・・。」







それは。
みらい的な妥協に見える。
金銭的な妥協。
それは仕方ない面がある。
人は永遠に贅沢はできない。
だが、あと一匹ぐらい買うことを赦す贅沢は許しても良いのではないか。。。
・・・と思ったりもする。




俺に財力があれば・・・。
俺は絶対に医者になる。
そして、みらいを楽にさせる。
それは思っていることである。


スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(16) |


<<4章「遊楽」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます。久遠先生の愛の戦士、発言には笑っちゃいました!
お酒を飲むと医療に差し支えるから飲まない…という所は かっこいいなと
感じましたね。みらいには他に恋人がいるけれど、作らない光輝君。
本当の意味で人を純粋に愛する時っていうのは多分存在しない…のは
切ないですが、一途なダンディズム素敵です!

生きている人の中では…私を一番好きでいてほしい、というみらいの
言葉は、正直 他に恋人がいるというのにそういう事言っちゃうんだ~
…と思っちゃいましたね(苦笑) もてもてみらいに関しては個人的な
嫉妬心から、これからも厳しめな事を言っちゃうと思いますが
(嘘の感想は書きたくないので、そこは正直に言っちゃいますね。
みらいを呼び捨てにしているのも、そういう負の感情からですが
そういう感想は書いて欲しくないのでしたら教えて頂けると幸いです)、
誰かにとっての一番であってほしいと思いながらも、光輝君の
芳恵さんへの想いには敵わない、と悟っているのかな…とも感じました。


昨日はコメントありがとでした!グッゲンハイムで妖精が登場したら
楽しそうですね♪10年後も変わらずファンなので、いつかを楽しみに
しています!私の絵からいつもファンタジー意欲が湧いて頂けてとても
嬉しい&こちらこそ感謝です☆では読んでくださり、ありがとでした!

2018/10/20 09:33 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

おはようございます

どちらも半年経ったけどまだ完全に打ち解けるにはなってないけど
ムッシュもねだるのはそれだけ慣れてきたんでしょうね

こじらせるというのもそれだけ何かに対して
好意だったりこだわりがあるからですもんね

なるほど、同属嫌悪か。似たような雰囲気だったり
何かを感じたらより身近に感じるか
逆に距離ができそうかもって思いますね

生きている人の中では・・・私を一番好きでいてほしいわね
ってみらいちゃんの台詞がいつもよえいストレートに
自分を出してるなって思いましたね

2018/10/20 09:34 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

光輝くんの中で芳恵ちゃんのことは多分、一生思い出にはならない生傷のままなのだろうなあと今回も強く思いました。
「生きている人の中では自分を一番好きでいてほしい」と独白のように言うみらいちゃんには彼女の孤独と、光輝くんを選んだわけを感じさせられましたね。

互いが互いの生き方を持っていて、それでも傍にいることを選ぶ。そういうのもアリだと思います。
未来はどうなるか分からないと言いながら、十年後も一緒にいる未来を考えている二人がひそかに萌えでした♪

2018/10/20 13:44 | 椿 [ 編集 ]


あぁ~ 

今回は皆さんの思いが出ましたね。
まだやっぱり光輝くんは芳恵さんが
忘れられないんですねー。
それがみらい様にもわかるのかな?
ムッシュの子どもですかー。
犬を飼ってたらそれは見たいですよね。
でも確かに経済的な事情も…
MMもちょっとムッシュの仔犬ちゃん
見てみたいな。

2018/10/20 18:42 | TYPE MM04 [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

みらいが好き嫌いが分かれるのは当たり前のことですし。
久遠先生も個性がありすぎるので。
風月時雨さんから見れば、久遠先生もみらいも嫌いな部類だと思います。
まあ、みんなに好まれるキャラクターを作っても仕方ないですし。
嫌われるキャラクターも作ってこその作品だと思ってます。
好き嫌いがある。
それこそ、私の書いた甲斐があるものです。
ありがとうございます。

逆に。
光輝くんは好かれるキャラクター設計をしてます。
その辺でバランスを取っています。


みらいから言えば。
芳恵のことには興味ないです。
みらいは死んでいる人には興味がない人です。
「生きている」人で興味を持って言える人です。
「死んでいる」人に嫉妬するようなセンチメンタルな人ではないです
その辺も風月時雨さんの反感を買うと思いますが。
その辺が魅力です。


正直なコメントありがとうございます。
(∩´∀`)∩

2018/10/20 21:21 | LandM [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

犬の関係は基本的には上下関係がしっかりしてます。
ムッシュの中で立場は変わらない。
上下関係も変わらない。
みらいが一番偉い。
光輝はどうでもいい。
ムッシュの位置づけはそんなものです。

基本的に。
みらいと久遠先生の軸はあまり変わっていないです。
ただ、生活環境とか過去とかが違うので。
その辺で違っているだけです。

いつもコメントありがとうございます。
(*'▽')

2018/10/20 21:25 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

光輝くんとみらいの考え方は根本的に違ってます。
椿さんのおっしゃる通り。
光輝にとっては芳恵のことは忘れていないですし。
男にとってそんなものです。未練たらたらってことです。

対する。
みらいはそういうことで言ったわけではないです。
芳恵のことは全く興味ないですし。
当たり前のことです。
ただ。光輝の心情(信条?)を知っているから。
光輝を引き付けるためにそういう物言いをしているだけです。
そこまでみらいは戦略をしている女性です。

基本的に「みらい」という女性はわかりにくいです。
(∩´∀`)∩

2018/10/20 21:28 | LandM [ 編集 ]


Re: あぁ~ 

思い出がある。
だからこそ、人は年輪を重ねるのです。
そういうキャラクターづくりをしていきたいものです。
まあ、それが成功しているのかな?
って思います。
皆々様からのコメントから。。。

個人的にはね。
犬の子供は飼いたいですよね。
私もそうなんですけど~~。
経済状況的に難しい。。。
結構。ペットを飼うのは難しいのだ。
( 一一)

2018/10/20 21:32 | LandM [ 編集 ]


 

無理に忘れたり思い出にする必要もないですが、
芳恵ちゃんの事も簡単にどうこう出来る訳ではないですしね。
でもそういうところも含めて、
医師としての道を歩むというのもまた一つの道ですしね~。
ペットも何だかんだでお金が掛かりますしね^^;
ムッシュの子供も見てみたいですが、
子犬一匹増えただけでも経済的には負担が増えるので難しいですね。

2018/10/20 22:23 | ツバサ [ 編集 ]


 

こんばんは。

なかなか面白いトピックが色々と詰まっていましたね。

今回の主要テーマの一つである犬の話で言うと、最近の日本の犬事情って、そうなんだーと感心しました。

犬の運動のために、どこか施設に行くという発想がなかった……。こちら、犬を飼っているお家はとても多いですが、みなそこら辺の川や森や野原や、要するに十キロくらい運動がてら動ける所に住んでいるのですよね。それに、家を買う方は結構大きな庭もあって、その敷地内で犬は自由に駆け回っているとというのか普通だし。人口の多い日本の都市で大型犬を飼う大変さを改めて感じました。

それからみらいが「生きている中では自分を一番にして欲しい」と言ったのもびっくり。彼女にとっては、たくさんいる中でも、光輝君が一番ってことの裏返しなんでしょうかね。

思っているほど刹那的な女性ではないという印象が強まりました。ま、何人もと同時に付き合う人って「お前(あなた)は二番目以下さ」というようなことは、言いませんよね。実際はどうあれ本人の前では。

2018/10/21 02:21 | 八少女 夕 [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

ま。現在の日本の事情だと、なかなかたくさんの犬を飼うことができないのが現状です。
ムツゴロウさんになるか・・・・。。。
あるいは、収集がつかなくなって動物虐待になるか。。。
なので。
どのみち、子どもを産んで飼うのも計画的に。
ってことになるのですが。
色々経済的に、って考えるとむやみやたらに子どもを産むこともできないですからね。
( 一一)

2018/10/21 08:51 | LandM [ 編集 ]


八少女 夕 様へ 

ああ。
夕さんはそういう意見になりますよね。
現状から言えば。
そういうことですね。
今の日本では庭が狭いかないか。
なので。
普通から言って、小型犬を飼うのが限界です。
大型犬を飼えるような環境を持っている人はかなり一部の人だと思います。
私の家も犬が飼えるように環境を整えている方ですが。
それでも中型犬を飼うのが限界です。
日本ではそのために、ドッグランで運動するか、河川敷で運動するか。
河川敷で運動するにしても、放し飼いが難しいので。
結構。色々と難しくなっております。
犬が嫌いな人もいますからね。。。
( 一一)


みらいに関しては。。。
ちょっと難しい性格設計しているからなあ。。。
この言葉をあまり真に受けない方が良いです。
みらいを主観にすると、視点が違う話になりますからね。
この言葉を光輝が受け取っている通りに受け取らない方が良いかもしれません。
まあ。光輝だからこそ。
読者受けのするコメントになるのですが。

いつも楽しいコメントありがとうございます。
(∩´∀`)∩

2018/10/21 08:56 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは(´∀`)

実家の近所に犬の調教師をやっている自分より5歳歳下の女性がいて、
アジリティとかいう犬の競技で優勝したこともある強者です。
その女性の親御さんから(自分の)結婚相手にどうだと有難いお言葉をいただいたのですが、
自分が二の足を踏んでいる間に他の男性と結婚してしまいました( ;∀;)

2018/10/21 18:45 | らす [ 編集 ]


こんばんは^^ 

久遠先生はやはり、カッコいいですねぇ!
こういうのって、『ストイック』って言うんですかね?(←外来語はよくわからん・・・)
医療に差し支えるから、酒は飲まない・・・カッコいいです@@
ちなみに自分は・・・18歳から飲んでましたw
頭が悪くなったのは、そのせいか@@

ペットは本当に、金がかかりそうですよね@@
自分の食い扶持だけでも精一杯な自分にとっては、ペットは永遠の憧れではあっても、絶対に飼えません><
興味本位で飼って、無責任に棄てるという訳にも、行きませんし・・・

2018/10/21 23:02 | トカレフ中尉@東部戦線 [ 編集 ]


らす 様へ 

ま、出会いのタイミングはあります。
犬の調教師はなかなか出会いがないですからね。
その辺は難しいところです。
出会いはタイミングとそれをつかみ取る自分の力なのだ。
(∩´∀`)∩

2018/10/22 13:20 | LandM [ 編集 ]


トカレフ中尉@東部戦線 様へ 

久遠先生はストイックですよ。
基本的に伊原木家はストイックな家系です。
色々なことを捨てて、医者を貫いている人たちですからね。
基本的に。救急医療とかあるから。
酒は飲まない方が良い・・・のが医療ですからね。

ペットはお金がかかる。
そして、責任もある。それを考えると、結構大変ですね。
無責任にできない。。。
( 一一)

2018/10/22 13:24 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3362-a66d8f7c

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード