FC2ブログ
2019・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/10/27 (Sat) 5話

a1130_000509_m.jpg

5話




光輝
「お腹一杯・・・夢一杯・・・。」



みらい
「それは良かったわ。」






満足だ。
好きなだけ肉を食べて。
そして、好きなだけ恩師と話をした。
かなり自分勝手な時間を過ごしたような。
まあ、みらいと犬のムッシュも好きに過ごしたので。
それはそれでいいのだ。


これはストレスのない時間である。
友人といる時間である。
ストレスを感じる相手といるのは友人ではない。
そういった意味では。
杏沙さん、久遠さん、愛楽さん。
この辺はストレスを感じない。
そして、みらいも感じていな。
まさに享楽的な過ごし方をしたものだと思った。










光輝
「今度行くときは俺が運転できるように頑張るよ。」



みらい
「そうね。私ばっかり運転するのは不公平だしね。」








まあ。
真面目に。
車の免許ぐらいはとらないとな。
みらいにばかり運転させるわけにはいかない。
そんなことを続けていると、久遠先生よろしく。
医療以外はポンコツ人間になりかねない。
そんな人間にはなりたくないし。
ポンコツ彼氏をみらいは望んでいないだろう。
それを考えると、目下、すぐの目標は車の免許を取ることか。






光輝
「それにバーベキューの仕込みもできるようにならないとな。」



みらい
「そうね。杏沙さんの家だとやりにくいところもあるし。
 私たちで出来ることはやった方がいいわね。」






現実問題。
杏沙さんの家ではやりにくいところもあるだろう。
当たり前である。
正妻がすぐ隣の家にあるのである。
爆弾というか、修羅場をすぐ隣に抱えているようなものである。
それを言ったら、みらいも同じようなことになるのかもしれないが。
それでも、杏沙さんの家でやるよりかは安全性は高いだろう。

・・・今回のお礼をかねて。
杏沙さんにおもてなしができるといいなあ・・・。。。
と感じる部分がある。




杏沙さんは好きでやっている部分もあるだろうが。
それでも、バーベキューをやりにくい部分もあるだろう。
それを解消することは、彼女を気楽にさせる。
それらを考えると、杏沙さんが自由に楽しめる環境も必要だろう。
久遠先生は・・・どこでも気楽なんだろうが。
杏沙さんは愛人である。
正妻に気にする部分はやはりあるだろう。











ブオオオオオオオオオオオオオオオ。












ううむ。
やはり。
杏沙さんや久遠さんのような大人に会うと色々と学ばないといけない点がおおいな。
勿論、勉強以外のことで。
私生活であったり、炊事であったり、家事であったり。
そういうことは杏沙さんからも学べるだろう。
・・・久遠先生からは勉強以外は学べそうもないが。












・・・・。












・・・・・・・・・・・・・。
















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。












杏沙さんみたいな人でも。
子どもはいる。
愛人でも、子どもがいる。
それを俺は見ていた。
今回はあまり見ていないが。
杏沙さんの両親が面倒を見ていたところもあるからなんとも言えないが。
それでも杏沙さんみたいな愛人でも。
久遠先生との子どもがいる。



ああいう関係でも。
愛人と言う関係でも。
やはり人は幸せになれるのだろうか・・・。。。
・・・という疑問が率直に生まれてしまう。
まあ。幸せなんだろうから、ああいう風に楽しそうに生きているのだろうが。









光輝
「みらいは・・・・子どもとか欲しいのか?」





みらい
「さあ?そんな未来の事まで考えていないわ。」




光輝
「・・・・・・・そうか。」




みらい
「そうよ。」








そんなに、
未来の話ではないだろうに。
今だって、妊娠する可能性はあるだろうし。
みらいは18歳である。
それを考えると。
別に妊娠することは普通にあるし。
それより若く妊娠することもある。





・・・・。
別に。俺との子どもという意味合いではなくて。
男友達と付き合っていたら、妊娠したって不思議ではない話だろう。
俺以外の男友達ともセックスはしているのだろうから。
もちろん、避妊はしているのだろうけど。
それでも100%ではない。
それを考えると、みらいに子どもが授かる可能性はあるってことだ。





事故で子どもができることがある。
そういうときにはみらいはどうするのだろうか。
堕胎するのだろうか。









・・・・。







・・・・・・・・・。











・・・・・・・・・・・・・・・。














みらいの人生は。
みらいのモノだと思う。
それは間違っていないし、束縛する気はない。
だが、みらいが危険に陥った時に守りたいと俺は思っている。
みらいがみらいらしく生きれるように、守っていきていきたいと感じる俺がいる。

・・・だが。
今の俺は学生である。

経済力もない。権利もない子ども。
それが俺である。



はやくみらいを守れる力がほしい。
それがあれば、俺はみらの真のパートナーになれる。
そういうことを想う自分がいる。








・・・・確かに。
みらいは本気で愛している相手ではないかもしれないが。
それでも、彼女の人生を守ってあげたいと思う人ではある。
昔ほど。中学生ほどではないにしても。
それでも、みらいのことは守ってあげたいと思う。








力が欲しい。
みらいを守れるだけの。
光り輝く未来を守れるだけの力が。
そう言った意味では、久遠先生や愛楽先生が羨ましかった。





スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<5章「バーベキュー」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

仕込みをして焼いて食ういいバランス(笑)で成り立っている
久遠先生の仕事以外がダメって感じが今回はよりわかりますね
いくつになっても仲睦まじいのはいいことでしょうね
あ~んは恥ずかしくなりそうですが><

ムッシュもバーベキュー満喫できて美味しいものも食べれて
よかったですね♪
みらいちゃんの珍しい対応、たしかにうわべだけでも
取り繕うような感じがするのでこれは貴重な姿かもですね

惚気姿を見つつほんわかしたり普段見ない姿を見たりと
バーベキューという場が持つ日常の中の非日常みたいな
そんなある1日の姿ですね

2018/10/27 09:19 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

体調悪いなか、今回も一番コメントありがとうございます。
誠に感謝しております。
<(_ _)>

そうなんですよね。
今回は日常の物語ではあるんですけど。
日常の物語だからこそ、本人の個性を出したい、と思っている作品です。
日常の中に非日常もある。
そういう話でもあります。
みらいや光輝のそういう姿を見てくれるととてもうれしいです。
(@_@)

バーベキューはね。
ペットがいるところではやりやすいのです。
動物も楽しめる、家族も楽しめる。
家でやるバーベキューは私も大好きです。

2018/10/27 18:47 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。正妻が隣に住んでいるというのに、愛人の家での
ドキドキバーベキュー(苦笑)久遠先生は医療以外はポンコツ(笑)
ここで愛楽先生ご登場!ファンとしては元気な姿が見られて
嬉しかったですね。久遠先生と杏沙さん…大の大人のあ~ん…は
お約束とはいえ、笑っちゃいましたね。そしてみらいの人生を守って
あげたい、力が欲しいと思う光輝君は優しくて良い子すぎます…!

それと前回は正直な感想を受け止めてくださって、本当にありがとう
ございました!念の為ですが…みらいの事は「嫌い」ではないです!
ただ同じ女としてそういう状況が羨ましいな、と嫉妬心が勝っちゃって
(笑)そして久遠先生はむしろ好き…なのは自分でも上手く説明ができない
ですね。どうして久遠先生はアリだと思ってしまうのだろう…(笑)
嫌われるキャラも作ってこその作品、書いた甲斐…は私も思いますね。

先日はハロウィンワンドロにコメントありがとでした☆ハロウィンは
日本では比較的新しい文化かもですね。甥っこさんや姪っこさんに
せがまれての準備は大変そうですが、可愛く仮装した子供達にトリック
オアトリートされるのは微笑ましいです!お祭りが増えると、その
イベントならではの絵も見れて楽しくて良いです♪では読んでくださり
ありがとでした!

2018/10/27 18:52 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

愛楽先生も合流しましたが、
各人楽しめたバーベキューになったようで良かったですね(´∀`)
確かに誰の子は別として子供ができるというのもあり得る話ですもんね。
二人が結婚するかはともかくとしても、
こういう日常のふとした事から将来の事を考えたりして、
みらいちゃんを守れる力が欲しいと密かに思うというのも、
物語上大切な事かもしれません。

2018/10/27 19:02 | ツバサ [ 編集 ]


 

おおー愛楽先生だ。
愛楽先生にとっても杏沙さん一家は子供の頃からのなじみですから気楽なのでしょうね。

しかし、隣同士の二軒の家で育つ母親違いの子供たちは互いに互いのことをどう思っているのでしょうか……気になります……(^^;

中学生の時とは全く違う恋。でも光輝くんがみらいちゃんとの将来を考えているのが感慨深いです。いつも真面目な彼だから、いいかげんな付き合いはしないのが巷間も持てますね。

芳恵ちゃんの姿が彼の中から消えることはなくても、みらいちゃんの存在は光輝くん自身が思っているより彼を癒しているのかもなあ……と思ったりしました。

2018/10/27 19:29 | 椿 [ 編集 ]


風月時雨様へ 

爆弾は設置されていますが、それが爆発しない状況。。。
それが、10年も放置されていて、不発弾になっている。
不発弾になっていることはわかっているが、
いつ爆発するか分からない。
そんな場所でやるバーベキューは格別なものがありますね。
(*´Д`)


みらいも久遠先生もかなり性格設計が複雑になっています。
光輝の視点から見ると、???って思っていることも。
みらいや久遠先生の視点から見ると全く別角度になります。
私自身は久遠先生やみらいを主人公にしても良かったのですが。
それだと、読み手が複雑怪奇になるので、やめています。
光輝が主人公で正解。
要するに。
光輝はみらいや久遠先生の思考を理解してない馬鹿野郎ってことです。
まあ、その辺は仕方ないですけど。
(*´з`)


2018/10/28 01:08 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

あ、うん。
確かに楽しめたのは良かったですね。
うん。。。

まあ、バーベキューをやっている真下に不発弾がある状況ですが。
それを、我関せずの立場の伊原木家の兄妹はすげえなあ。。。
って話ですが。
楽しければ問題なし!!
(@_@)

2018/10/28 01:10 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

子どもたちはどう思っているんでしょうね?
私も知らん。
・・・というのも。
久遠先生の子どもの設定はまったくないので。
登場するとなったら決めますけど。
まだ考えてないのが実情。
たぶん、個性あふれる子どもでしょうね。
(*´ω`)


案外とね。。。
みらいの存在は大きいですよ。
光輝にとっては。
なので、癒されている部分はあると思います。

2018/10/28 01:13 | LandM [ 編集 ]


こんにちは^^ 

いやぁ、やはり愛楽先生は、なんかいいですねぇ^^
あのボーイッシュと言うか、サバサバした所が、めちゃくちゃ好きです^^

守りたい物ですかぁ・・・
自分も昔、かつてはありましたが・・・
残念ながら、自分にその器は無いと悟ったので、今は世捨て人の様に、孤独を選んでいます^^;
まぁ要するに、他人とは関わらない『引きこもり』ですね^^;

2018/10/28 11:43 | カルラ・ロベルタ中尉@ジオン公国軍 [ 編集 ]


そーですよね。 

愛する人を守る力
欲しいですよね。
それは経済力や地位でも
いいし、腕力でも愛情でも
できれば全部。
特に光輝くんはかつて
愛する人を失ってますものね。
久遠先生は力すご過ぎですけど
隣で家族ぐるみで愛人って
どんだけすごい人ですか。
愛楽さんも相変わらずですね。
ムッシュくんお肉良かったね。

2018/10/28 13:12 | TYPE MM04 [ 編集 ]


カルラ ロベルタ中尉@ ジオン公国軍様へ 

あれをボーイッシュと呼んだらダメ(笑)。
なんだか次元が違う人ですからね。
独特な雰囲気を醸し出しているお人です。
(-_-)

まあ、私も休日は引きこもりなので、
なんとも言えませんが。
人の生き方はそれぞれです。

2018/10/29 01:26 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04様へ 

ま、子どもの頃はそんなこんなです。
経済力がないのが痛いですからね。
そこがフォローできれば、
ある程度問題点が緩和されると思います。
医者の場合はそれまでが長いのと、
お金がかかるのが難点ですが。

久遠先生は力持ちすぎなので、
変な事になっている。
倫理観が狂っていてもそれでなんたかなっているのが、
彼の魅力であり欠点でもあります。

2018/10/29 01:33 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3369-a6ce97cf

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード