FC2ブログ
2019・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2018/11/17 (Sat) 1話

みらい

1話





みらい
「ふふ~~~~~~~~ん。」




光輝
「のわ・・・・・・。
 すごいドレスの準備をしているな。。。」




みらい
「貫(とおる)と会う時はいつもこんなもんだよ。」




光輝
「そうなのか。。。。」






貫。
東 透(あずま とおる)。
この辺では有名な衆議院議員・・・東家の孫。
今の東の国会議員が辞めたら、その孫が政治家になる。。。
・・・そういうもっぱらの噂の男である。
それが東 貫。
2文字で済むというのも魅力か?
・・・そうでもないか。







外出用の彼氏とは聞いていたが。
・・・まさか政治家の孫とはな。。。
しかも、東家と言えば、明治時代からの政治家じゃないか。。。
エリート政治家だぞ。
恐らく、選挙に出れば、負けないんじゃないか。
政治家確定路線の政治家なような気がする。





みらいめ。。。
いつ、どこで知り合ったのだろうな。
この辺の有力議員の孫まで彼氏にしているとは。。。
流石はみらいというか。。。
なんというか。。。





おいおい。
恭介と言い、貫と言い。
なんで普通の彼氏じゃないんだよ。
もっと普通の彼氏だったら、医学部の俺はトップに立てるのだけどな。
みらいの彼氏は普通に考えて尋常じゃないぜ。。。
まさに付き合う相手を選定しているというか。
この中で学歴云々言うのであれば。
俺が一番下になるぜ。。。










光輝
「見たことないドレスだな。」



みらい
「お母さんのよ。
 お母さんのドレスや着物は沢山あるから。
 それを拝借しているの。
 身長や体形は同じだったから。


 それはそうと。
 光輝さんもその女性も。
 ちゃんとした服装してよ。
 それ相応の店に行くんだから。」




光輝
「分かっている。」



みらい
「奢りなんだから。
 せめて恰好は良くしなさいよ。」










そうなのだ。
みらいや俺の分まで含めて。
全て、東 貫という男の奢りなのだ。
自分の分は自分払う・・・と言いたいところだったのだが。
コース料理が2万円を超えると聞いて、払うのを断念した。
俺のお金が一食で消す飛ぶ計算だった。




後。
同席者してもう一人呼んだ。
男性二人に女性一人では体裁が悪いということで。
貫がもう一人。
俺の女友達を呼べば良い。
それぐらいのお金は払う。
・・・という話になった。







色々とすごいな。
みらいの彼氏っていうのはここまで偉大なんだろうか。
一般庶民の俺には付いていけない領域の人間たちである。



スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<2話 | TOP | 7章「猫猫」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3383-8bb13aec

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード