FC2ブログ
2019・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2018/11/24 (Sat) 4話

a0001_017736_m.jpg


4話






光輝
「そういえば、みらいとの出会いはどうだったんだ?
 俺は荒んでいるみらいと出会った時が始まりだから、
 どうにも印象がそっちにいくのだが・・・。」




「・・・・ああ。あのときのみらいか。。。
 そこから今の立場を得られるのは逆に珍しいね。
 
 僕は小学生の頃からの付き合いだったけど。
 お互いにコミュニケーション好きでね。 
 交友関係が広いんだよ。
 もとより、こういう話し合いが大好きみたいな。」






確かに分かることではある。
貫にしても、みらいにしても。
相当なコミュニケーションのお化けというか。
交友関係が広い。
その二人が知り合ったら、俺じゃ処理しきれないぐらいの膨大なネットワークができるだろう。
それはそれで強みであるのだろう。







みらい
「今から小学生の同窓会の幹事やったりしているものね。」




「そうそう。小学生程度だったら、全部の連絡先知っているからね。
 年賀状も送っているし。みんなに。」




水谷
「みんなに~~~!!!???
 それって、100枚じゃ済まないような。」




「500枚ぐらいかな・・・。毎年の年賀状は。
 今は楽でいいよね。コンピューターで印刷できるんだから。」








凄いな。
政治家の孫。
まさに典型的な票集めというか。
交友関係を広げると言うか。
そういうところはみらいと親近感があるな。。。
成程。
仲良くなる地盤は出来ているってことだな。。。







「そういう積み重ねが政治家の票集めになる。
『知り合い』というだけで信用して票を入れる人だっている。
 投票するなんてそういうことだよ。」



光輝
「・・・・確かにな。」






色々な人はいると思うが。
日本人の感覚から言えば、政策云々というのもあるのかもしれないが。
それよりも信用ということも重要視される。
どれくらいその人が信用できるか。
・・・ということを考えると。
実績や経歴というのもあるだろうし。
知己であるとか信用度もあるだろう。
それらを鑑みれば、彼のやっていることは
今からでも政治活動であると言えるだろう。


それを考えると、結構感情的な生き物だな。
日本人というのは。



・・・・まあ。
日本人でなくてもそう言う風になっているか。
最近は。







「それにみらいの眼と言うか知り合いと言うのは外れがない。
 大体優秀な人物だ。その知り合いと会えるだけで、
 僕にとってもアドバンテージとなる。
 恭介くんにも会ったけど、彼も良い人だった。」



みらい
「まあねえ。」






恭介にも会ったのか。
まあ、徹の性格、みらいの性格を考えるとあり得ない話ではないというか。
会うのが当たり前のような気がする。
それを考えると、俺の交友関係が狭く見えてくるから不思議だ。


スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<5話 | TOP | 3話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3392-48cbe3f6

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード