FC2ブログ
2019・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/12/01 (Sat) 5話

a0001_017947_m.jpg


5話








光輝
「う~~~む。」



みらい
「あら?大学生になってまで勉強しているの?
 大学生は人生の夏休みとも言われているのよ。」




光輝
「そうは言われても医学部の勉強は難しい。
 分かっていないと話にならないのが医者だ。」



みらい
「ふ~~む。そういうものかしらね。」







案外。
・・・というのか。
予想通りというのか。
大学に行っても勉強が難しい。。。
・・・というのが現状である。



もとい。
普通の奴はそうでもないのかもしれない。
俺だけ苦労しているのかもしれない。
俺は要領が悪いし、医学部では努力型だからな。。。
医学部に行く奴らは要領はいいし、頭ももとからいいからな。
それを考えると、医者になるのは常に勉強だなあ。。。
・・・と感じてしまうぜ。







光輝
「みらいは勉強しないのか?」


みらい
「してるわよ。大学で。
 好きだから当然頭に入るし。」 




光輝
「・・・・・・・。」



みらい
「・・・・・・・・。」



光輝
「・・・・・・・・・。」




みらい
「・・・・・・・・・・ん?」








どうやら。
根本的に頭の良さが違うのか。
あるいは、好きだから頭に入りやすいのか。
どっちなのか分からないが。
どちらにしても大学の勉強では困っていないようである。


ううむ。
高校の頃の勉強だと俺の方が上だったのだがな。
大学に行って、専門分野になると差が出ているらしい。



もともと。
みらいは動物好きだったのだろうし。
そこから知識は得られていたのだろうから、
それなりに知識が入ったのだろう。


俺は医学部に入ることが精一杯だったので。
それ以外の勉強に余裕がなかったとも言える。






ふう。
医学部に入れば、あとは楽だと思ったが・・・。
そこからも勉強が必要なんだから難儀な商売だな。
それはどこの仕事でも同じか。。。
久遠先生や愛楽先生がかなりすごい人だと良く分かるぜ。。。









みらい
「・・・・ま。
 パパの書斎だったところだから好きに使ってくれればいいんだけど。」



光輝
「そうさせてもらう。」





もともと。
みらいのお父さんが使っていた書斎らしいが。
徐々に俺のモノが増えている。
・・・というか、圧倒的に増えている。
少しずつであるが、みらいが父親のものを整理しているというのもある。
思い入れのあるもの以外は処分している。









「にゃん。
 ごろごろごろ~~~~~。」



みらい
「猫も気に入っているみたいね。
 光輝さんがここで勉強するのは。
 昔と同じ光景が広がっていて。」




光輝
「・・・・・・・・・・そうか。」







どうやら。
少しずつだが。
ここの家族にも受け入れられているらしい。
ムッシュ以外だが。
あの犬はおいておこう。
あの犬はみらいがご主人様だ。
それ以外に変えることはないだろう。
俺がここの家にずっといたとしてもだ。



なんとなくだが。
猫には好かれている印象がある。
そして、みらいにも。
好かれている印象がある。

不思議なもので。
あれだけ愛情を重ねて愛し合ったのに。
心は通じ合わなかったのに。
こういう家庭的なもので心を合わせることができるのは。



もっとも。
これはほかの男友達にも言えることなのだろうが。
みらいには愛情を重ねるのではなくて。
他の何かが必要なんだと思う。
勿論、愛情を重ねることも必要なんだろうが。








さて。。。
これで華の大学1年生も終わるな~~~。



みらいの友達とも会ったし。。。
まあ、満足いく一年だったな。。。






スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<10章「後姿」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おはようございます

いよいよ最終回ですね

たまにこうしてご飯の炊き方にもこだわると
より米のおいしさがわかりますし普段洋食が多そうだから
光輝君も嬉しそうだしみらいちゃんもうれしそうですね
わさびは好き嫌いがありますからね

ふと思い出してぎゅっと抱きつく☆何気ない行動でも
みらいちゃんが笑顔になっているのが浮かびますね♪

みらいちゃんは要領いいでしょうし好きだからこそ
勉強も楽しんでやっていそうですもんね
光輝君もいばらの道だけども勉強もがんばってね

2018/12/01 07:20 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

こんにちは。

失ったものは返らないし、時間が経ったからといって傷が癒されるわけではない。
でもその傷と共に生きていくし、新たに得られるものもある。
……そんな風に感じました。ふたりがこれからも幸せに生きていけますように。
いろいろ考えさせられながらもほっこりしてしまう物語をありがとうございました。

みらいちゃんと同じく、ごはん > パン・麺派なのに冒頭のごはんには飯テロされましたぜ。美味しそう。

2018/12/01 15:04 | 椿 [ 編集 ]


はー。 

最後は今の家族の団らんで
良かったです~。
ライバルいっぱい登場で
ちょっとドキドキし過ぎでした。
ムッシュ君にはアレですけど
ネコたんたちにはモテモテで
いーですよね。
みらいさんにも家族の愛情で
仲良くとっても良い感じです~。

2018/12/01 20:42 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

ついに最終回ですね。
二人の話も一旦終わりと思うと寂しいです。
一緒に取る食事が洋食が多いだけに、
和食の良さも改めて実感したんでしょうね~。
こういう些細な好みの違いもありますが、
そこも上手くやっていって暮らして行って欲しいですね(´∀`)
大学の勉強も大変そうですがこちらも応援したいですね。

2018/12/01 22:36 | ツバサ [ 編集 ]


荒れぶるプリン様へ 

ま、確かに光輝くんが茨のみちなのは確かですね。
それでも決めた道のりですから、走りきるしかないってことですねー。

たまにね。
ごはんを直で炊くとまた美味しいですよ。
皆様もお試しあれ。
私はたまにしてます。

毎度、マッハなコメント感謝!!
(^-^ゞ

2018/12/01 22:38 | LandM [ 編集 ]


椿様へ 

ごもっとも。
失ったものは帰らないし。
傷も深いと傷跡が残る。
それは変えられない。
だから、抱えて生きていくしかないんですよね。。。

ごはん党ならば、
たまにはガスで炊くことをお勧めします!!
( ̄- ̄)ゞ
味変わって美味しいですよ。

2018/12/01 22:42 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04様へ 

当初はもう少し早めにしようかな、、、
と思ったんですけど。。。
まあ、総括という意味合いではこの終わり方が良いかな、と思いました。
二人の団欒で終わり!(  ̄▽ ̄)

2018/12/01 22:45 | LandM [ 編集 ]


ツバサ様へ 

まあ、また二人は出します。
定期的に出てきますし、
次回作品も作っているので。
また登場すると思います。
医学部はね、、、大学の勉強も大変。
頑張らないと。
最後まで読んで頂き感謝!!
(^○^)

2018/12/01 22:48 | LandM [ 編集 ]


 

こんにちは。光輝君、鍋でご飯を炊くとはできる男子ですね~!
自分より女子力あるなぁと感じました(笑)ちなみに私は
子ども舌でわさびは苦手です。急に抱きしめてくるみらいは
小悪魔…(笑)なんというか、この2人は恋人…というより
家族のようにも感じました。みらいに必要な「他の何か」
…この2人が将来どう転ぶかは…まだまだ想像できない
終わり方でしたね。個人的には、光輝君が幸せなら
それで良いかなぁと思う、最後まで光輝君びいきな私でした(笑)

先日は東方記事にコメントありがとでした☆
グッズ、すごい描き込みで線が細かく気合感じますよね…!
やはり販売、マネーも絡む!兼ね合いもあるからかもですね。
私の絵、ほんわかしていてGOOD、柔らかいイメージと優しい
イメージが本棚とリンクしていてとても良いとお褒め頂け感激です♪
では読んでくださり、ありがとでした!

2018/12/02 16:14 | 風月時雨 [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

まあ、何度も言うようですが。
みらいは好き嫌いが分かれて当然なキャラクターなので。
その関係上、光輝という主人公が際立っている。
って感じなんですよね。
これで光輝がクズだったら、アレですからね。。。

最近は電化製品が多いのでガスでご飯を炊くのが難しいですし。
電気で炊くと、底が焦げるので電気で炊くのは難しい。
オール電化だと、ご飯を炊くのは炊飯器が良いですね。
(*´ω`)

まあ、ご飯にこだわってみると、美味しさを感じる時もあると思います。

毎度丁寧なコメントありがとうございます。

2018/12/03 06:20 | LandM [ 編集 ]


こんばんは^^ 

物語も遂に、最終回を迎えましたねぇ^^
御飯は昔、『飯盒』という器を使って、焚き火で炊いた事がありますが、これもなかなか、美味かったですよ^^
自分はどちらかと言うと洋食派ですが・・・
和食はやはり、『天ぷら』が最高です^^

猫たちを通じて、更に二人の心が通じ合ったのは、良かったですね^^
どちらも辛い過去を持つ二人ですが、これからも強く生きて行って欲しいですね^^

ちなみに『大学』は・・・日本の大学と、欧米の大学。
どちらかが「入るのは難しいが、卒業は簡単」、どちらかが「入るのは簡単だが、卒業は難しい」と、言われてますね^^
どっちがどっちかは忘れましたが、イメージ的には日本の大学は前者かな?

2018/12/03 19:50 | パオリーナ・ベレッタ艦長@ヴェネツィア海軍 [ 編集 ]


パオリーナ・ベレッタ艦長@ヴェネツィア海軍 様へ 

大学に関しては、日本は前者ですね。
入学するのは難しいけど、卒業するのは簡単と言われてます。
アメリカは一番著名ですね。
されど、医学部は結構難しいです。
どのみち勉強が必要なのが、大学の医学部ってところですね。

そうなんですよね。
飯盒で食べるご飯もありますよね。
私も子どもの頃によく食べました。キャンプで。
そのころの味が忘れられなくて、今もガスでご飯を炊いたりします。
(*´ω`)

2018/12/03 20:49 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3399-dfd35cdf

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード