FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2019/01/19 (Sat) 9話(11月10日20時 クリスティ)

ミルフィール立ち絵01

9話(11月10日20時 クリスティ)








そもそも論。
ミセス・ミルフィールには相当な謎が多い。
出生がどうにも曖昧なのだ。
こちらでも色々調べてみたのだが。
魔王の方は色々分かったのだが、それは後に割愛。
ミセス・ミルフィールはクロノス自治区が設立された15年前からしか登場してない。





ミセス・ミルフィールは。
クロノス自治区が設立された15年前に戸籍登録されたところからしか登場してない。
要するに。それより前の行動は全く分からないし。
生まれもまったく不明。
シュライン国家が総力を挙げて調べてみたのだが。
それでも、ミセス・ミルフィールの生まれは全く分からない、というのが結論だったら。
まあ、その辺はどうでもいいか。
もし、貧乏人だったら、まったく取り上げられないということは十分にあり得る。
そうやって捨てて置ける。




問題は。
ミセス・ミルフィールはどうやって魔王と結婚したのか。
それすら全く不明だった。
そもそも、その当時の魔王は完全隠密のダークヒーローの魔王だった。
登場することはない。
姿形を見たものは絶対に死ぬ。




ルネイラスト


その時の伴侶はルネだったか。
ルネが伴侶だったときの魔王はとにかく酷かった。
いや、色々な意味で。
魔王に反対する勢力は街ごと吹き飛ばす・・・なんてことを平気でやっていた。
それでいて、魔王が直接姿を現すことはない。
影で巨大魔法を操り、その恐怖によって支配する。
そんなダークヒーローだったのが伴侶がルネだったときの魔王だったはず。

その時の魔王にどうやって、ミセス・ミルフィールは出会ったのか。
そして、伴侶のルネを追い出して、ミセス・ミルフィールが伴侶になったのか。
その当時の記録が全くない。
そもそも魔王の公式の記録がまったくないのだから仕方ないのだが。



たぶん。
その事情を知っているのはミセス・ミルフィールとルネだけだろう。
そして、その二人は犬猿の仲だと聞く。
あるいは水と油。
・・・要するに、相性は最悪だということだ。


たぶん、いや、確実に。
何かあったのだろう。
ミセス・ミルフィールが魔王を簒奪するための何かが。
魔王を簒奪する出来事があった、そのためにミセス・ミルフィールとルネは仲が最悪なのだろう。






・・・。
・・・・・。
・・・・・・・・。
そもそも論、今のミセス・ミルフィールがどこに向かっているかもよく分かっていない。
一度だけ、会ったことがあるが。
単なる、天然お馬鹿人妻だった。
それが感想だし、おそらく、それは事実なのだろう。
高レベルの預言はできる。
だが、性格は天然馬鹿だし、政治知識は全くないのだろう。






・・・これだったら。
ルネが伴侶だったときの方が相当マシだったのだが。
行動予測ができたし、そっちの時の方がシュライン国家と仲は良かったのだから。


・・・そうなのだ。
伴侶がルネだったときは、それなりにシュライン国家とクロノス自治区はまだ正常だった。
それを滅茶苦茶にしたが、ミセス・ミルフィールである。
ミセス・ミルフィールが魔王の伴侶になった途端。
シュライン国家と断絶状態になり、何度か紛争になった。






ミセス・ミルフィールは何か狙っている。
シュライン国家を潰す・・・それ以上の何かを狙っている。
・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・世界征服の文字がよぎるが。
それは行き過ぎだろう。
現実論から言えば、西大陸同盟を作ることぐらいだろうが。




仕事絵空(夜)



・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
ミセス・ミルフィールが魔王の伴侶である限り、
シュライン国家との戦争は避けられない。
そして、ミセス・ミルフィールは暗殺できない。
魔王も暗殺できない。
・・・・・・。
・・・・・。
・・・・。
西大陸は、ミセス・ミルフィールの預言通りに動くのか。。。




スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<8章「再誕」その2 | TOP | 8話(11月10日20時 クリスティ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

なるほどなるほどー! クリスティさんのミルフィールさん評が笑えもし、うすら寒くもあり。別視点、面白かったです。シュライン国家からはこういう風に思われているんですね。

しかしつくづく魔王は過激な女性と縁がある人ですな。
ルネさんも、ミルフィールさんも…… それだけ強い願いを持つ人たちだからなのか。

シュラインの考えもわかって、この先どう展開するのか楽しみにしております!

2019/01/19 13:45 | 椿 [ 編集 ]


椿 様へ 

確かに。
今まで、他の人の視点から魔王やミルフィールを述べたことがないですからね。
こういう別視点の話も必要だなあ・・・と思いました。
大体は、他の国はおおむね、クリスティ評価と同じです。
魔王とミルフィールの評価は変わりないですね。
天然人妻馬鹿です(笑)。


ルネと言い、ミルフィールと言い。
まあ、過激な人が多いです。そういうのに魔王も惹かれるのかもしれないです。

こっから、どう話が進むか!!
お楽しみ!!
(*´ω`)

2019/01/19 20:30 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは

複数の未来を視ることができて、その中で確実な未来も視ることができるというのはたしかにほぼ間違いないでしょうから
使い方によっては恐ろしいものにも思えますね

クリスティさんから見てのミルフィールさんが面白かったです
まあ一見するとかわいいし天然だしが目立ちますからね

ひょっとしてミルフィールさんは人であって人じゃないような
なんていうか作られた人とかなのかなって今回読んで思いました

2019/01/19 21:16 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

そうですね。
プリンさんの指摘は正しいですね。
ミルフィールは「平和の怪物」のようなものであって、人ではないような生き物です。
まあ、預言できるだけなら、人の領域だったんでしょうけど。
魔王と一緒に行動しているので、こういう者になったのだと思います。

クリスティ評価に関しては、普通の人から見たミルフィールです。
単なる天然人妻馬鹿です(笑)。

大変な中コメントありがとうございます。
(*'▽')

2019/01/19 21:21 | LandM [ 編集 ]


カッコいー。 

スナイパー、クリスティさん
カッコいーですねっ。
仕事ぶりもプロですし、
状況判断も的確ですねー。
それにしても言われてみれば
ミルフィールさん魔王も勇者も
使役できて高的中率の占い師って
もう無敵じゃないですか。
今回はあちら側からの視点で
またおもしろかったです。
それぞれに立場が、ありますモノね。

2019/01/19 22:55 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

こんばんは。冒頭のカットのクリスティさんが好みすぎて
心にずっきゅんでした(笑)長く綺麗なぱっつん髪、黒い服、
ライフルを構える姿が美しかっこいいです!クールな感じの
話し方も好きで これからの活躍も期待です!リースはもう
なんというか…ある意味もてもてですよね(笑)ミルフィールさんが
「ミセス・ミルフィール」と呼ばれているのがなんだか新鮮&改めて
やはりミルフィールさんは色々考えているような感じがしました。

先日はコメントありがとでした!ラブライブは映画化される
位まで認知度が高まっていて、昨年は紅白でも取り上げられて
いましたし凄いですよね。お友達さんに、ラブライブのグッズを
沢山持っている方がいらっしゃるんですね♪やはりLandM様は
ロボット系アニメがお好きで色々見ていらっしゃるとの事、
余裕や機会があれば色々な方向性のアニメもお楽しみ下さいね!
では読んでくださり、ありがとでした!

2019/01/20 17:31 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

カレンを狙撃したのはシュライン側の人間だったんですね。
学者としてのリース・ガザルベルクの確保、
確かに国家からしたらその叡智は是が非でも欲しいでしょうし、
争奪戦になるのは納得ですね。
それにしても、ミルフィーユさんも相手からしたら、
こういう風に見えているんですね。
預言者だから未来も自分の良いと思った方に導こうとする、
そう思うとミルフィーユさんも今後注目して読むとまた違った作品の魅力が見えてきそうです(´∀`)

2019/01/20 20:59 | ツバサ [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

ま。普通から考えて。
ミルフィールは無敵ですね。
魔王と勇者という駒があるので、それだけで無敵です。
普通から考えて、勝てることはないです。
・・・かといって、なんでもかんでもミルフィールの言いなりになるわけにもいかない。
って事情もあって。
その辺が結構難しい。
ってことですね。

2019/01/20 21:47 | LandM [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

クリスティ自身の評価は高いですね。
この辺はイラストの勝利なのかもしれない。
スナイパーは絵になりますねえ。。。
私も好きです。
(*´ω`)

まあ。
他人から見ると、
ミルフィールは「ミセス・ミルフィール」ということであって。
実質。クロノス自治区で一番影響力のある人物ですからね。
そういった意味では「ミセス・ミルフィール」は正しい呼称です。

2019/01/20 21:51 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

リース・ガザルベルクは単なる虐殺者として有名なわけではなく。
発明家としても有名ですからね。
要するに、アインシュタインとかと同じです。
今の地球にアインシュタインが蘇ったら、どんな理論構築するか・・・。
・・・とか考えると、ロマンがありますよね。
それと同じですね。

それぞれの視点がありますからね。
その視点の違いも楽しんでくれると面白いと思います。
(*´ω`)

2019/01/20 22:21 | LandM [ 編集 ]


こんばんは^^ 

ミルフィールはこれまでは、完全な天然キャラだと思っていたのですが・・・
はてさて、クリスティの分析は的を得ているのかどうか、見物ですね^^
あの『織田信長』ですら、当初は『うつけ者』と思われていたので、ミルフィールが何かしらの野望を抱いていたとしても、実はおかしくないのかも知れません・・・
敵側からの、逆視点の考察も、面白いですね^^

2019/01/22 17:23 | ハーフ&ハーフ [ 編集 ]


ハーフ&ハーフ 様へ 

魔王から見れば、ミルフィールは単なる天然キャラです。
この辺は、誰が誰をどう見ているか、、、ということですね。
ミルフィール野望?と言えるのはどうなるのか・・・というのは。
まあ、これからお楽しみってことですね。
コメント返し遅れて申し訳ありません。
m(__)m

2019/01/23 21:34 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3424-b84b06e2

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード