FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2019/01/26 (Sat) 11話(11月11日8時 クロン)

シェクスピア立ち絵01

11話(11月11日8時 クロン)







シェクスピア
「ああ、ようやく戻ってきた。
 ・・・・ふう、、、疲れたわよ。。。
 ここまで待つのも。ミルフィールの指示でここにいるけど。」





カレン
「何だ?この化粧ババアは?」




ぐ・・・・・・・・・・!!!!!!







シェクスピアは歯ぎしりをしている。




まあ。
言ってみれば、シェクスピアは化粧ババアなのだが。
・・・というか、同年代のはずなのに、どうしてこんな扱いになるのか。



面白いようなコントだ。




シェクスピアも知ってか知らずか。
勇者の存在感というか威圧感からか銃を撃たずに我慢している。
こんな風に我慢しているシェクスピアの図も珍しいな。







私のもとには・・・・あれだ。
自由奔放に生きている・・・良い意味でも悪い意味でも。
・・・と思っていたのだが。




勇者の前では我慢もするのだな。。。。
・・・と改めて学習してしまった。







まあ、我慢するシェクスピアは好きではない。
もとい、嫌いなので、やっぱり私は魔王として勇者に接しないといけない。




・・・・と楽しんで接しよう。






クロン
「カレン。勇者と言えども茶化すな。
 これでも魔王のレディなのだ。
 フェルト国家の国王の娘なのだ。」


カレン
「魔王のレディ?
 ・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・・・。
 ミルフィールと言い、この女と言い。
 どうして、魔王のレディは馬鹿女なんだ?」



シェクスピア
「ムキーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」







それを聞いたのか。
勇者はまるで興味をなくしたような表情になった。


・・・というよりか。
全く興味をなくした。
そんな顔をしている。



たかが、魔王のレディ。
国王の娘。
それも瑣事なること。
興味をなくしたのかもしれない。


カレン立ち絵02



カレン
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・。
 ・・・・・・・ということは。
 魔王はミセス・ミルフィールとそこの化粧ババアで運用しているってことか?」



クロン
「そういうことだな。」





カレン
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・。
 西大陸も末だな。。。
 これだったら、ルネが西大陸を回した方がマシだったような気がするがな。」




クロン
「彼女にはそこまでの野望はない。
 そういうことだ。」





・・・ん?
どういう話かって?
まあ、話が進むにつれてわかることもあるさ。。。


今は。
ともかく。
西大陸の主導権を動かす人として。
ミセス・ミルフィール。
シェイクスピア・ノアール。
・・・・・・・がいるってことだ。









スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<12話(11月11日8時 クロン) | TOP | 10話(11月11日8時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3427-25c0bc4a

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード