FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2019/02/02 (Sat) 19話(11月11日18時 クロン)

モーラ立ち絵05

19話(11月11日18時 クロン)



モーラ
「到着。」


クロン
「ああ、ご苦労。」


モーラ
「おひさしゅうございます。魔王様。
 今日のモーラがあるのは魔王様のおかげでございますれす。」


クロン
「私は道を示しただけだ。
 別にそこまでのことはやってない。」







モーラ・モーラ。



魂の精霊製造兵器。
通称ベルを装備する才覚の持ち主。
精霊製造兵器。
しかも、魂の精霊製造兵器であり。
会話も可能な精霊製造兵器だ。
会話もできる、自律意思の持つ精霊製造兵器。
攻撃的な威力は他の武器に劣るが、それ以外の能力が結構ある。。。
そういう能力のある精霊製造兵器である。
兵器っていうのは、威力だけではない。
他の能力を持つ兵器だってある、って話だな。



ベル
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・。
 リース・ガザルベルクが復活したか。」


クロン
「そういうことだ。」


ベル
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・。
 ・・・・・・因果だな。」


クロン
「そうかもしれない。」




・・・・とまあ。
喋ってくれる精霊製造兵器・・・・・。
・・・という位置づけでいい。


それよりも重要なものもあるのだが。
知識が所有者とシンクロできるとか、
能力が所有者とシンクロできるとか。
様々なことができるのが、この武器の特徴だ。






いきなりそれらのことを話しても仕方ないので。
とりあえず、モーラの持っている武器は特殊な武器ということで大丈夫だ。




カレン立ち絵01


カレン
「面白そうなガキ拾っているじゃねえか。」


モーラ
「ひい。」


カレン
「食ったりはしねえよ。」


モーラ
「イ・・・今にも食いそうなのれすが。」



クロン
「私が経営している学校で拾った。
 才覚を発見してな、そのまま活用している。」





通称グラル学園。
私が運営している学校がある。
冒険家や軍人を育てる学校でも有名な学校であり、
優秀な才覚を持っているものを引っ張り出すのに有用な学校である。

そこの実質経営しているのは私の愛人だからな。
融通も利く。




彼女は拾ったときはそこまでの才覚はなかった。
だが、ある特殊な才覚があった。
精霊製造兵器ベルとの適応能力である。
それがあったため、能力不足の面もあったが、私が融通して合格させた。
・・・という経緯がある。

もちろん、モーラはそんなことは知らず

自分の力でここまでのし上がったと思っているし。
私もそんなことで恩を売ろうとも思っていない。


実力は自分でつけるものだからな。






カレン
「学校の経営か。私もすればよかったかな。
 まあ、デュミナスには優秀な学校が沢山ある。

 私は私のやり方で育てるとするか。」



・・・とぼんやりと言った。








・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
そういえば。
お前が育てた。
魔王の息子がいると思うがな。。。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<20話(11月11日18時 クロン) | TOP | 18話(11月11日18時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3436-9fe84592

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード