FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2019/02/09 (Sat) 21話(11月11日20時 クロン)

グラド立ち絵01

21話(11月11日20時 クロン)





グラド
「グラディウス・オプトマイン。。。
 見参しました。魔王様でございますか。」


クロン
「ほう。オプトマインの後胤か。
 ガザルベルクの殺戮兵器とは縁がある。」

グラド
「・・・・・・・?」


クロン
「いや、知らないなら知らなくていいことだ。
 知っておいてもいいかもしれないが、
 

 ・・・それは自らの力で知るべきものだがな。」





相手にとっては意味不明なことを言ってしまったな。
グラドにとってはよくわからない内容を言ってしまった。






ネタばれをすると。
彼の父親には縁がある。
いや、実の父親の方であるのだが。
あれの才覚は家系かと思ったからな。
養父を緊急手配して、それの子どもを拾ってもらった。






それももう20歳か。。。




やれやれ。
私が若い頃にやった、布石が今になって生きてくるとは。
若い頃って言うのは、私が15歳ぐらいのときの話なのだが。
色々とルネに振り回されたものだ。
それが、、、今生きている・・・ということなのだが。。。



学校を運営に関与したこと。
あるいはあのときに縁になった人物。
その子ども。





何かと、情けは人の為ならず。
・・・・あるいは恩を売っておくとそれがためになるということか。








オプトマインの後胤。
オヤジさんと同じぐらいの活躍を見せてくれると良いのだがな。
まあ、ここに見参してくれただけでも良い。
・・・ということにしておこう。








クロン
「養父は息災かね。」


グラド
「あ、はい。今回の戦いには参加できませんが。
 魔王にはよろしく伝えてくれ、と言われております。」



クロン
「そうか。」




グラド
「養父殿は今回の戦いは宿命の戦いになると言っていた。
 その真意を知りたい。」



クロン
「・・・・・・・・・・・。」



グラド
「・・・・・・・・・・・・・。」



クロン
「・・・・・・・・・・・。」



グラド
「・・・・・・・・・・・・・。」



クロン
「・・・・・・・・・・・。」



グラド
「・・・・・・・・・・・・・。」


クロン
「真意は自分で知るべきだ。
 それ以上に言葉はないな。」



グラド
「・・・・・・・・・・。
 ・・・・分かりました。」





これ以上は本人から知るべきだからな。
私からは知らせない。




真実は自分で知るべきものだ。
・・・・・それがどんな真実であっても。






スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<22話(11月11日20時 グラド) | TOP | 8章「再誕」その4>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3439-da770645

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード