FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2019/02/23 (Sat) 33話(11月11日21時 アレクサンドラ)

s2(夜)

33話(11月11日21時 アレクサンドラ)






クリスティ
「戦況としてはどうなの?
 お父さん。。。。」


アレクサンドラ
「現実論的に言うと互角。」


クリスティ
「五分五分?」


アレクサンドラ
「今の時点で。
 おそらく、経時的に不利になる。
 あの魔王が指揮を執るのであれば。」






予感がある。
直感が冴えわたる。
俺をここまで生き残って来た直感。
それが言っている。
今の時点で互角。
これ以上戦えば負ける。
死ぬ。
いや、死ぬ以上の苦しみがやってくる。
その確証がある。



魔王がどんな奴かってプロファイリングはやったけど。
よく分からない奴ってことになるんだよな。。。




いや。
ルネが伴侶の頃は分かりやすかった。
あくまでクロノス自治区の利益にかなった動きをしていた。
政治も、軍事も。
協力できることはやっていたし。
裏取引もよくやっていた。




クロン立ち絵01



・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・・・・・のだが。
今はよく分からない・・・っていうのが本音なんだよな。
正確にはミセス・ミルフィールになってから、ってことなんだが。
ミセス・ミルフィールが魔王の伴侶になってから。
魔王の動きが徐々に変わってきた。
それに伴って、シュライン国家に敵対する行動も増えてきた。
国境のライサの森での戦闘も増えた。
それに駆り出されているのが俺やクリスティだったのだが。。。


ミルフィール立ち絵01



何を狙っているのかね。
あの、天然魔王人妻は。。。。
あの女性のことだから、、、平和!!!、、、って言うのは分かっているのだが。
いまいち。
あの女性の言う「平和」って言うのが何なのか。
よく分からない部分があるからな。
・・・というか、不透明なところしかない。
それがミセス・ミルフィールである。








・・・・。









・・・・・・・・・。












・・・・・・・・・・・・・・・・・。










まあ。
ミセス・ミルフィールは政治を関与している人であって。
戦闘とか関与している伴侶は別にいるって話なのだが。
それが誰なのか・・・よく分からないのだが・・・。






s1(夜)


クリスティ
「魔王クロン・ウェスターノってそこまで強い印象がないのだけど。。。
 魔王って言っても。魔法の王様でしょ?
 そこまでの圧倒的な力を持っているとは思えないけど。。。」





アレクサンドラ
「単なる魔法使いということには変わらない。
 彼の特筆すべきところはそこじゃない。
 状況に応じて、全ての魔法を使えるところが反則ってことだ。」



クリスティ
「・・・・・・・・・・???」




アレクサンドラ
「魔法は万能じゃない。
 雨が降ったら火の魔法は使えにくい、とか相性はあるんだが。
 そういうことを考慮して、
 別属性の魔法を色々使える能力と知識があるのが怖い。」



クリスティ
「ケースバイケースで。
 その場で最大効果の魔法を選ぶことができる?」



アレクサンドラ
「しかも、それを戦闘の戦略に組み込むことができる。
 大魔法使い・・・まさに、魔王ってことだ。」










俺は。
そこまで魔王を過小評価はしない。
魔王っていうのは、かなり厄介な敵だと認識している。
厄介だと認識しているから、直接的に戦うのは避けている。
俺の本能というか、俺の直感というか。
その辺が。
「戦うな。魔王と戦うと死ぬ以上の苦しみが与えられる。」
・・・って、俺の直感が囁く。。。




スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<34話(11月11日21時 アレクサンドラ | TOP | 32話(11月11日21時 アレクサンドラ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3453-acae0e2c

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード