FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2019/03/09 (Sat) 8話(11月12日0時 グラド)

02(2).jpg

8話(11月12日0時 グラド)





今回、ライサ市に侵略してきた部隊は二つ。
クリスティの部隊とアレクサンドラの部隊だ。






クリスティの部隊。
クリスティ・トーリノ。
大地の精霊製造兵器の長距離ライフル「ペルル」を持つスナイパーだ。
当然、クリスティの部隊はスナイパーの部隊で編制されている。
スナイパーとして特化した部隊になっており、他の部隊の支援はもちろん。
単独としても戦力として成り立つ。
そんな長距離射撃部隊となっている。





どうして、後方射撃のスナイパーが単独の戦力として成り立っているのか。
当たり前だが、いくつか理由がある。


まずはクリスティ・トーリノ自身の能力の高さだ。
「大地」の精霊製造兵器を保有しており、大体の防御を貫通して、致命傷を与えてくる。
さっきの射撃と同じである。
さきほど撃たれた兵士もそれ相応の歴戦の兵士であり、強き兵である。
そのような歴戦の兵士の防御を貫通して、致命傷を与えてくるのである。
長距離射撃の一発の威力が桁違いなのである。
相当な防御結界を張っていても、それを貫通して致命傷を与えてくる。
そういう長距離射撃をしてくる。
しかも、距離は3000mを超える。
ほぼ見えない距離から狙撃してくる。
質の悪いことに、今のような暗闇で正確に射撃してくる。
暗視スコープでも持っているのだろうが。
それでも相当な正確射撃を誇ってくる。




二つ目はその隠密性である。
この街や森の中に隠れて行動する。
それでいて、その障害物をかいくぐって射撃をしてくる。
要するにステルス性・隠密性が高い。
どこから攻撃しているのか分からない。
魔法で気配遮断を使用しているだろうし、魔法で姿を消している。
なるべく、姿が見つからないように警戒して動いている。
クリスティ・トーリノ自身も隠密性が高いし、
その部下のスナイパーも隠密性が高い。
それが別々に行動している。
そのため、どの射撃がクリスティ・トーリノかも分からない。
カモフラージュされているのである。
クリスティ・トーリノの達人の能力を更にサポートしている。
それがこの部隊である。
 



姿は見えない隠密性。
結界を貫通してくる威力。
戦場における戦略性は非常に高い。



・・・・・・・・というのが、ロークさんの見解!!!











・・・・。












・・・・・・・・・。
















・・・・・・・・・・・・・・・・・・。








s3(夜)





ダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!








やれやれ。
目の前の兵士が死んでしまったぜ。
悲しんでもいられない。。。
このまま悲しんでいたら、俺まで死んでしまう。



まったく。
索敵部隊は何をしていたんだ。。。
敵を見つけてないじゃないか。。。
あるいは、索敵部隊を潜り抜けて、ここにやってきているのか。
索敵部隊を全滅させているのか。。。
どのみち、索敵が効いていない。
それは確かだろう。






射撃手の居場所は射撃角度とかから分かるが。。。
相手も移動しているだろうから、あまり当てにはならない。
しかも、魔法によって気配や姿を遮断しているだろう。
不可視の存在になっている。
夜の森や市街地に隠れている。普通でも見つかりにくい。




クリスティ・トーリノを殺せば、
この部隊は撤退させられると思うのだが。。。
まあ、それが難しいだろう。隠密性もあるし、集団で動いている。
見つけた!!って動いても、他のスナイパーの可能性の方が高い。




ちょっと。
闘い方を考えないとな。。。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<9話(11月12日0時 クリスティ) | TOP | 7話(11月12日0時 グラド)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3464-f3225e3f

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード