FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2019/03/16 (Sat) 12話(11月12日3時 グラド)

グラド立ち絵05

12話(11月12日3時 グラド)







トイカ
「とりあえず、みんな匍匐前進&防御重視。
 索敵部隊とも合流できたから一進一退の攻防が続いているけど。」


グラド
「よし、じゃあ、俺はクリスティ・トーリノを狙うか。」



トイカ
「・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・・・。
 ・・・・・・大丈夫なんかい。」



グラド
「殺すことはできなくても、情報収集にはなる。
 今は無理する時期じゃない。」





s6(夜)



・・・。
・・・・・。
・・・・・・・・。
・・・・・・とは言うものの。
俺は手の内をあまり見せられないんだよな。
「切り札」に関しては、使用することはできない。
魔王から指示であるし、現場隊長のロークさんの指示である。
魔王は今の段階で手の内を見せることはできないし。
見せることは相手の対応策を練られることにつながる。
それを考えると、あまり「切り札」の乱用はできないってことだ。
まあ、そのことは賛成であるのだが。




どのみち。
この段階でクリスティ・トーリノを殺すことは、目的ではないし最優先課題でもない。
今は情報収集に努めて、守り切る。
・・・・今回はそういう戦いなのだが。
守るだけでは戦うことはできない。
相手はスナイパーだ。
守るだけではスナイパーに狙い撃ちされて、こっちが死んでしまう。
トイカに索敵をさせながら・・・。
クリスティ・トーリノを追い込む。
・・・っていうのが、今回の作戦になるのだが。。。





・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
そのためには。
随分、クリスティ・トーリノの攻撃を受けないといけないな。。。
防御重視で進んでいけば、俺ならば死なないだろうけど。
もともと。大地の精霊の恩恵ってそんな風になっているし。
物理防御の恩恵が極めて高い。
それを考えると、死ぬことも負傷することも少ないのが大地の精霊の恩恵を受ける戦士の特徴だ。
・・・と言っても。
相手も大地の精霊の恩恵を受けていると言われている。
大地属性ということを考えると。
相手はスナイパーだ。
たぶん、防御を捨てて、攻撃に全部回している。
スナイパーっていうのはそういうピーキーなクラスだし。
見つからないように殺す、それがスナイパーの戦い方だろうから。
・・・そこまで考えると。
結構大変なことだな。。。





効果背景2



ピカ!!







ガキン!!






ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンン!!!!!!!!








・・・うん。
防御はできる。
防御に徹していれば防ぎきることはできるし。
斧で弾くこともできる。
意表を突いた攻撃もしてくるだろうから、
そういう攻撃にも対応してかないと・・・・・。












ピカ!!




血飛沫1



ドン・・・・・・・・・・・・・・・!!!!






弾が胸に直撃・・・!!!???
防弾チョッキに大地属性。
胸を貫通することはないし、防御しきれているけど・・・・!!!
内臓が破裂するような威力があるぞ・・・!!!



ごろごろごろ。

痛みが身体を支配する。
弾丸が当たった衝撃もあり、身体を吹き飛ばされてしまった。
思わず倒れ込むような感じになってしまった。





・・・というか!!
さっきの銃撃と弾のスピードが圧倒的に違う!!
光と同じ速度で銃弾が飛んできたぞ!!
あの射撃手。
弾丸のスピードを調節することができるし、威力の調節もできるってことかい!!
最初の弾丸は単なるおとり。
次の射撃が本命で攻撃したってことか!!









ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンン!!!!!!!!








かなり遅れて。
弾丸の音が聞こえる。
音がかなり遅れて出ることとか、弾のスピードとかを考えると。
かなり遠距離から攻撃しているのは間違いないんだけどな~~~。



手ごわい。
流石は精霊製造兵器を使いこなせるだけのスナイパーである。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<13話(11月12日3時 クリスティ) | TOP | 11話(11月12日3時 クリスティ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3469-8f5f16f9

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード