FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2019/03/16 (Sat) 15話(11月12日3時 クリスティ)

グラド立ち絵07

15話(11月12日3時 クリスティ)






獣戦士。
・・・・の獣化。
人としての闘いを残しつつ、獣の本能として戦う。
闘いの本能。人としての戦い。
それを両立した戦いである。





獣戦士の獣化。
まず、発語はできない。
当たり前なのか、そうでないのか。
獣は言語をしゃべれない。
そういうことから獣になるということだ。
だからと言って、無作為に戦うわけではない。
敵味方の識別はできている。
獣でも、敵と味方の識別はできている。
・・・のだから、そういう。
闘いに必要な理性を残しつつ。
自分の最大能力を発揮する。
それが獣戦士の戦い方である。
もっとも、・・・というか、当たり前なのだが。
獣人しかこのクラスになれない。
獣から進化した獣人だからこそなれるクラスである。
もちろん、人間しかなれないクラスはあるし。
エルフしかなれないクラスもある。
獣人しかなれないクラスの一つである。






トイカ
「15時の方向3500メートル!!やっちゃえ、グラド!!」




グラド
「ウ・・・・オ・・・・・。
 オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!」






かといって。
それだけだと、狂戦士・・・バーサーカーとは違う。
理性は失っていない・・・それが獣戦士。
手綱を持てる人が必要。
それが・・・・トイカ・・・ということになる。

獣としての本能を活かしつつ。
人としての戦い方を忘れない。
手綱を持つ人を置いて戦う。
そういう闘い方ができるのが獣戦士の特徴である。






索敵能力を持つトイカ。
獣戦士として戦う俺。
両者の闘い方は一致している。
大地の精霊の恩恵を持つ俺である。
俺が獣戦士として闘えば、それだけで勝負は決まる。
・・・。
・・・・・。
・・・・・・・普通であれば。















効果背景3



ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!












獣として覚醒する俺。
筋力増強、魔力増強。俊敏性も上がる。
こちとら獣戦士。
戦闘に特化する獣化。
その戦いならば・・・・勝てる可能性は増える。
全身をバネにして、魔力の加算して。
トイカの指示する位置に突貫する・・・・・・!!!!
































・・・・届くか。










・・・・・・・・届くか!











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・届くか!!














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・届いた!!!!





















見えた。
クリスティ・トーリノ。
そして、その観測者と思われる男性。
対峙したら勝てる。
俺が接近したら、間違いなくクリスティ・トーリノに勝てる。
スナイパーは接近戦は圧倒的に不得手。
射撃で圧倒する。
そのための射撃手である。






勝った。
姿を見た瞬間にそう思った。





負けた。
姿を見た瞬間、本能がそう語った。








効果背景4




ドドドドドッドオッドドドドドドドオドドドドドドドオドドドン!!!!!!!!!!








銃撃の嵐が俺に巻き起こった。
多方面から、銃撃がやってきた。
他のスナイパー部隊が俺に標準を合わせている!!??
俺が獣化することも予想して。
俺がここまで来ることも予想して。
準備をしていた!!??


多方面からの射撃。
それによって、動きが止められる。





02_201901030736566b1.jpg



カチン。




動きが止められる間に、クリスティ・トーリノが射撃の準備をする。









クリスティ
「戦い方は悪くないけどね。
 グラディウス・オプトマイン君。

 だけど、個人の戦いでソレでは勝てないわね。
 ・・・・・・私たちは集団の戦闘をやっているのよ。。。。

 徹底して、10年かけてくみ上げた私・・・
 ・・・クリスティ・トーリノの射撃部隊。
『手札』を残した状態で勝てると思わないで頂戴?」






グラド
「ウ・・・・・ウ・・・・・・ウ・・・・・・・。」




クリスティ
「グッドラック。」




グラド
「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!」











ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンン!!!!!!!!









その瞬間。
俺の意識は消失した。










 


















スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<9章「宣戦布告」その3 | TOP | 14話(11月12日3時 クリスティ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんばんは


お互いに読みとそのとおりの行動をする・・・・
それも込みでの行動というのも上級クラスのものだからこその
対策と対応ですね

選択としては間違ってはいなかったけどこれが戦場じゃなく
地形を使っての試合だったならば十分な判断だったでしょうね・・・
そして無情にも嵐のような銃弾が響く・・・・

2019/03/16 17:19 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


 

ここは戦歴の差、意識の差というところでしょうか。
殺すつもりでかかる者と、殺さなくてもいいと思っている者の違いはやはり大きいのかな。
切り札を残したまま退場となってしまうと戦線も崩れてしまいそうですが、この先どうなるのか?
燃えました! 来週も楽しみにしております。

2019/03/16 19:12 | 椿 [ 編集 ]


 

スナイパーと獣戦士の戦い、
どちらも死力を尽くしているので、
決着をつけるのも難しい戦いでしたね(><)
最後は撃たれてしまったグラド君でしたが、
死んでしまったのか気になるところです。
個人と集団の戦い方の違いで結果も変わってしまって、
戦いの厳しさが分かりますね。

2019/03/16 21:09 | ツバサ [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

ま。確かに。
上級者だからこその戦い。
・・・というところがあるでしょうね。
だからこそ、地の利も影響するということですね。
これが平野だったら、グラドが有利だったでしょうし。
時の運もあるってことですね。
戦いとは難しい。。。

毎度、一番のコメント感謝です。
嬉しいです!!
(*'▽')

2019/03/16 22:38 | LandM [ 編集 ]


椿 様へ 

所謂、経験値の差ってことです。
能力は互角でも、地の利があれば、時の運もある。
最も大きいのは経験値の差ってことになるんでしょう。
クリスティも本気で戦ってないけど。
それを凌ぐ経験値があるってことで。
なんとかなっている。。。
来週もよろしくお願いします!!
(∩´∀`)∩

2019/03/16 22:43 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

どちらも制限された中での戦いですからね。
死力を尽くしたのは間違いないですね。
まあ、ここでグラド君が死んだら話にならないので。。。
まだまだ登場します。
個人と集団では戦い方も違う。
そういうところも描けて良かったです。
良い指摘をありがとうございます。
(●´ω`●)

2019/03/16 22:53 | LandM [ 編集 ]


 

こんにちは。獣化したグラド君達の勝利~!…かと
思いきや、クリスティさん達の強さを見せ付けられた
気持ちです…。クリスティさん達も好きなので
クリスティさんすごい!おめでとう!…な気持ち&
グラド君…え?これ死んでない…よね…?うわぁぁん!
…な気持ちが混在しちゃいます…。でもきっと!これだけ
では終わりませんよね。今後の展開も楽しみにしています!

先日はコメントありがとでした!守備範囲の広さ、尊く
感じて頂け嬉しいです♪2Dもすごいですが、3Dも
頑張ってて再現率高くて美しいですよね~!その影には
ブラックで下請けさんの予算度外視の努力も…大変そう
ですよね。これからも素晴らしい努力の結晶、紹介
したいです!では読んでくださり、ありがとでした☆

2019/03/17 14:12 | 風月時雨 [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

まあ、この戦いだけでは終わらないので。
どのみち、相手もこっちも殺すつもりのない。
様子見の戦いであることは間違いないですからね。
そう簡単にキャラクターは死なないです。
せっかく絵師んさんに絵も依頼してますからね。。。
今後もよろしくお願いいたします。
( `・∀・´)ノ

2019/03/17 14:57 | LandM [ 編集 ]


きゃーっ 

グラド君がーっ。
そんなまさか?大丈夫ですよねっ。
MMの好きなキャラなのですよぅ。
すごい緊張感の描写ですね。
どきどきして一気に読んじゃいます。
カッコいー攻防っ。
手に汗握る展開っ。
早く続きが~。

2019/03/18 06:10 | TYPE MM04 [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

まあ、緊張感はないといけないので。
どちらが勝つか分からない。
そういう展開に持っていかないと。
あまり緊張感がないと読んでいても面白くないですからね。
どちらが勝つかわからない。
その展開が面白いですからね。
一気に読んでいただきありがとうございます。
(●´ω`●)

2019/03/18 20:51 | LandM [ 編集 ]


こんばんは^^ 

今回は、狙撃兵と獣戦士との、闘いですねぇ^^
自分も『機動戦士ガンダムオンライン』や『荒野行動』で体験しましたが、狙撃キャラは本当に、どこから弾が飛んでくるか判らないので、対応が難しいですね^^;
かといって自分が狙撃キャラをやると、確実にやられる><
一応、拳銃や短剣は持ってるものの、狙撃キャラは懐に潜り込まれると、確実にやられますね^^;
まぁ上手い狙撃兵は、隠れるのも巧みで発見も難しいので、こちらが攻撃側の場合は懐に潜り込む前にやられてしまいますが・・・^^;

2019/03/19 17:23 | Tanja Steiner@1/48陸空専門 [ 編集 ]


Tanja Steiner@1/48陸空専門 様へ 

まあ、そういう話なんですよね。
・・・って言っても、私も戦場に出たことがないので、よく分からないですが。
一応、アクションゲームの体感で感じた狙撃手を描いたつもりです。
それが伝わっているかどうかは微妙ですが。。。
とりあえず、一生懸命書きました。
強い狙撃手は隠れるのも上手いですよね。絶対。
(--〆)

2019/03/19 21:51 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3472-1b725efc

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード