FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2019/04/27 (Sat) 7話(11月12日10時 ホープ)

ホープ立ち絵01
7話(11月12日10時 ホープ)





ホープ
「あ、勇者さあああああああああああああああああああああん
 私・・・私・・・・・・~~~~!!!

 寂しくて、怖くて・・・・・・・・!!!


 あわああああああああああああああああああああ。」



カレン
「ん。ホープじゃねえか。
 鼻水垂らして、泣くんじゃね~~!!!!


 つ~~~~か、嘘泣きやめろ!!!」






ホープ
「てへ。」





カレン
「全く・・・・。」






まさか。
勇者さんにここで遭遇するとは思わなかった。

ん?

ここに出るってことは。
やはりトラブルがあるってことだろうか。
私に会いに来た~~~。
なんてロマンチストな人ではないことは知っているし。




トラブルを嗅ぎつけた。
しかも、世界的なトラブルになることに・・・・。











s3(昼)


ホープ
「今度はどんなトラブル抱えているんですか・・・・!!!???」



カレン
「お前、私のこと歩く核爆弾としか思ってないだろう。」



ホープ
「いや、それ以上の存在かと・・・。
 動く天変地異ぐらいのお人だと思っていまするん。」



カレン
「まあ、そうなりそうだから動いている。。。
 のだが・・・ひとまずはヒトとヒトとの戦争になるから静観している。」


ホープ
「え~~~と。勇者美学。
 ヒトを殺さないこと。ヒトに恨まれるから・・・???」



カレン
「その通り!!!」








キラリーーーーーーーーーーーーーーーン。










うわ~~~~~~。

何というか。
自分の勇者美学に酔いしれているな~~~。
まあ、それがこの人だから別にいいんだけど。




この人みたいな強さが欲しいとは思う。
想いが強さになるというのであれば、この人の想いは本物だろう。
自己の想いに酔いしれている時点でその強さは本物なのだろう。


だけど、この人みたいに自己陶酔になりたくないから、
やっぱり強くなるのはもう少し先でいいや。




・・・。
・・・・・。
・・・・・・・。
とりあえず、当面の目標は果たした訳だし。
今は、強くなる必要性はないのだが。。。







カレン
「お前は何をしているんだ?」



ホープ
「成行きでシュライン兵士の手紙配達を。」



カレン
「相変わらず、荒唐無稽なことをやらされているなあ。
 流されるなよ。状況に。」



ホープ
「そこは大丈夫です。勇者さんと同じでマイペースに動くので。」




まあ、私たちには関係ない。
ヒトとヒトとの戦争は静観するしかない。






・・・・・・もっとも。
それに真剣な人もいるからそこはそこの人に任せるしかない。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<8話(11月12日10時 ホープ) | TOP | 6話(11月12日10時 カレン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3504-4491fea0

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード