FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2019/04/27 (Sat) 10話(11月12日10時 ホープ)

s1(昼)

10話(11月12日10時 ホープ)





ホープ
「魔王は・・・。
 ミセス・ミルフィールは。。。
 西大陸を制覇しようって考えているんですか?」



カレン
「そういう方法もある・・・・。。。
 ・・・と、ミセス・ミルフィールから聞いたことがある。
 そのほうが、実際に。
 人がたくさん死なない・・・良い方法だということだ。」



ホープ
「西大陸は。
 300年前、デュミナス帝国に負けて。
『西の大国』と呼ばれるフェルト国家も凋落した。
 その関係で、西大陸は確固たる指導者もいない。
 指導する国家もいない。
 だから、治安も悪くなり、統率されない大陸として揶揄されている。。。

 それを改善するために。
 魔王が覇権を握るって話ですかぁ?」




カレン
「ミセス・ミルフィールの言い方だと。
 ほかに適当な統率者がいるのだったら。
 その統率者に従う道を選ぶ・・・って物言いだったが?
 ・・・。
 ・・・・。。
 ・・・・・。。。
 多分、今の展開だったら、それだけカリスマを握れる人物はいないだろう。
 ・・・・そう。」


ホープ
「魔王を除いて。。。」








結果論的に。
西大陸をまとめる。
覇権を握る・・・ということから言えば・・・。
魔王が覇権を握るのが一番平和的なのだろう。
そのために。
シュライン国家と喧嘩を売って。
シュライン国家に圧倒的な力で勝って。
そして、西大陸の覇権のアドバンテージを握る。。。
ついでに、リース・ガザルベルクを取り込むことで、より優位に進める。
やり方は間違っていない・・・か。。。




やれやれ。
はじめっから。
お父さんは・・・・魔王は・・・胡散臭いだと思っていたけど。
結構。
思っていた以上に。
腹黒い人物だ。
まあ。
そうでないと、クロノス自治区を運営できないだろうが。







ホープ
「・・・ま。いいや。
 思惑を憶測するのは自由。
 とりあえず。
 今回の戦いに関しては。
 私は中立と貫きます。
 アレクサンドラのとっちゃんの味方もするし。
 魔王の味方もする。
 たまには敵に回る。」



カレン
「ま。妥当な線だな。私も。ホープも。」









どのみち。
今回の戦闘で魔王が負けるってことはあり得ない。
傍観するのが上策。
・・・・ということか。。。





スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(10) |


<<10章「愛の戦闘」その2 | TOP | 9話(11月12日10時 ホープ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

カレンさんは当面、お暇なのですね。
勇者だから理解できる魔王(とその妻)の思惑ですが、彼女の出番があるとしたら相当やばい局面だと思っておいた方が良さそうですね。

アレクサンドラさん親子も強敵なので忘れてしまいそうになりますが、一番放っておけないのはガザルベルクなのでした。そちらもどうでてくるつもりなのか、今までやって来たことを考えると怖いですね。

来週も楽しみにしております!

2019/04/27 18:02 | 椿 [ 編集 ]


椿様へ 

まあ。
今の状況だと、勇者の出番はないですからね。
勇者という肩書を背負っている以上、誰かの敵であってはならない。
ってことなので。
人類共通の敵が出てきたときに戦うのが勇者ってことですから。


リース・ガザルベルク女史も要注意ですね。
彼女をどう扱うかは大切なので。

来週もよろしくお願いします!!
(●´ω`●)

2019/04/27 21:14 | LandM [ 編集 ]


 

今回はカレン視点でしたが、
流石に人同士の戦争には介入しないのですね。
介入する時と場所はしっかりと弁えている辺り、
単に勇者としてだけではなく、
判断能力もしっかりとあるという事なのでしょうね~。
それにしてもミルフィールがそんな考えを持っているというのは、
確かにありそうですね^^;
明確な指導者が西大陸にいない以上は魔王をそこに添えたいと考えてもおかしくないですしね。

2019/04/27 21:33 | ツバサ [ 編集 ]


そー 

そーでした。リース・ガザルベルクさんが
復活してたのでしたー。なるほど
魔王様は、西大陸の掌握が最終目的でしたか
リース・ガザルベルクもこの戦争も
そのために…平和のためには…
ただこのまま終わるわけないですよね。
勇者もまだまだ出番ありそうですし、
ホープ君も?コレから楽しみなのですー。

2019/04/27 22:16 | TYPE MM04 [ 編集 ]


 

こんばんは

魔王とは違った感じだけども強大すぎる力でもって
介入してそこからさらに一方に肩入れするのは危険ですからね
事人間同士となると後々を見ると諦観しているのも大事ですよね

あ~なるほど、そういう思惑の元動いてるというものなんですね
他に適任がいれば任せられますが候補がいないとなると
能力だったりミルフィールさんから見ての人格や人柄とかから見て
魔王ならばって考えなんですね

2019/04/27 22:27 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

まあ、一応、そこは勇者ということで。
勇者も全く違うところの国家同士の戦争に関与することはないし。
あまり興味もないってことですね。
その辺は判断できるってことです。

ミルミルがその辺を考えているかどうか。。。
ってところは、また、そのうち、明らかになります。
"(-""-)"

2019/04/28 09:23 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04様へ 

国家同士の戦争が始まって。
忘れがちですが、リース・ガザルベルクが復活してます。
その辺の対処もしないといけないので。
結構、面倒くさいって話ですね。

そういった意味合いで、
勇者がアタッカーがいるってことなんですよね。
このまま終わるかどうかは・・・まあ、これからのお話ですね。
(´ω`*)

2019/04/28 09:26 | LandM [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

そうですね。
勇者は勇者で圧倒的な力があります。
どれぐらい力があるかっていうのは。
また、そのうち明らかになるので。
お楽しみ!!って、楽しみにしても仕方ないか。。。

ミルミルはミルミルで思惑はあって。
将来的な目標もあるってことですね。
単なる、天然人妻ではないってことです(笑)。
(*'▽')

2019/04/28 09:32 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。冒頭はかっくいーカレンさん♪
勇者はヒトを殺してはいけない…だから、ヒトの
戦争には絡まないのですね。でも今後リースの殺戮兵器も
登場しそうなので、そうなったら活躍しそうですね。
そしてホープ君との再会…ホープ君の嘘泣き炸裂、
「歩く核爆弾」「ヤバい臭い」発言やカレンさんが自分の
勇者美学に酔いしれる姿には笑っちゃいました!今回は
中立なホープ君、彼の今後も引き続き楽しみにしています☆

先日は大人なゲーム原作の記事にコメントありがとでした!
発売からしばらく経っているので、今だと以前より
お値段的にも手に入りやすくなってるかと思いますし
機会やお時間があれば是非♪この手のゲームは一通り
お勉強されているそうですが、最近のものは当時とはまた
違うかもですね。最近はこちらの小説はハードな
ドキドキバトル展開多めですが、作品によっては大人な描写も
期待しています!これからも幅広く色々な情報を取り扱おうと
思うので、情報収集のお役に立てると嬉しいです☆
では読んでくださり、ありがとうございました!!

2019/04/28 19:30 | 風月時雨 [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

まあ。
大体の勇者の性格はここで現れていると思います。
勇者の性格はこんなもんです。
ホープと勇者のやり取りも、この作品の清涼剤みたいな役割を果たしています。
中立で気楽な立場の人も必要ということですね。
(●´ω`●)

風月時雨さんのブログは色々と作品を提供してくれるので、
とても助かってますよ~~。

2019/04/30 00:48 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3507-253cf4dd

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード