FC2ブログ
2020・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2019/05/04 (Sat) 15話(11月12日11時 ローク)

ロークイラスト02

15話(11月12日11時 ローク)







・・・・・・チ!!





思わず舌打ちをした。
アレクサンドラ・トーリノが登場した場所。


私からは少し距離がある。
そこへ向かおうとしても、少し時間がかかるだろう。
そうなると。
私の部下が何人か死ぬだろう。


私の部下も防御重視で戦っているとは思うが・・・。。
それでも損害は大きいものになるような気がする。








これだったら。
私とアレクサンドラ・トーリノが正面衝突した方が良かったか。
・・・と思うような展開になっている。
満遍なく陣を編成して、守りやすいようにしたのが仇となったか。


アレクサンドラ・トーリノがその陣の一点を突破した。
・・・ということである。


アレクサンドラは私の居場所を知らないだろう。
情報としては流していなかったから。
今回は、たまたま、位置が離れたところにいる。
・・・ということになってしまった。





そうなると。
早く、アレクサンドラの場所に行って、アレクサンドラと戦わないと。
私の部下がたくさん死ぬ展開になってしまう。
これからの戦いを考えると。
まだまだ部下に死んでもらうわけにもいかない。





血飛沫1



ローク
「・・・・・・・どけ!!!」




ザシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!








一人、兵士を斬った。
鎧ごと斬ることができた。




聖剣アングロバスト。
私が愛用する秘中の聖剣。
圧倒的な威力、圧倒的な魔力を保有する聖剣。
まさに模範的な聖剣と称される業物。
通常武装ではまず太刀打ちができないほどの威力を持っている。


一般兵士の武装であれば、一蹴することができる業物である。
私だって、隊長をまかされるほどの強さはある。
アレクサンドラの部下を同じように殺すことはできるが。。。
お互いに潰しあいをしても仕方ない。。。







ローク
「私の行く手を阻むものは斬る!!」





ひとまず。
アレクサンドラのところへ急行する。
それが第一目的になるか・・・・!!!!





スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<10章「愛の戦闘」その3 | TOP | 14話(11月12日11時 フロル)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

因縁の決着、となるのでしょうか。激戦の予感です。
長年の戦いで、互いの手の内は知っていて、ロークさんたちが戦力的にやや不利というのも互いにわかっていて。
うむう、緊張と期待が高まります。
来週も楽しみにしております!

2019/05/04 12:53 | 椿 [ 編集 ]


 

こんばんは

相手によっての性格や癖とかdめお相性の良し悪しがありますが
今回は直感という結構厄介な能力ゆえに
致命傷となる一撃が加えづらいですね

それでも少しでも行動がワンテンポでも遅れたり
居場所が探れるような攻撃があたれば成果になりますしね

果たしてこの因縁のある対決はどちらに軍配があがるのか・・・

2019/05/04 19:25 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


椿 様へ 

ひとまず因縁の対決。ってところですかね。
ベテラン兵士同士の戦いなので、
ある程度の手の内は分かっている感じですし。
状況はどっちもどっちですね。
要するにどっちが勝っても変ではないってことです。
戦いなんてそんなものですが。
期待と緊張していただきありがとうございます!!
来週も頑張ります!!
(*'▽')

2019/05/05 09:01 | LandM [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

そうですね。今回は、直感、注目ですね。
ローク、フロル、アレクサンドラ、この3人に関しては、
そこまで実力的には変化がありません。
それを超える実力としているのがアレクサンドラの直感ですね。
彼の直感は人外であり、未来予測できるような直感があります。
なので、先読みして行動できる分、アレクアレクサンドラは優位に立つってことですね。

因縁の対決。
どうなるか。。。
来週もお楽しみ!!
(*'▽')

2019/05/05 09:04 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは。冒頭はかっこいいアレクサンドラさん!
最前線に出て、ロントラを使いこなす姿にしびれます!
直感のスキルは反則ですね…(苦笑)
またアングロバストで敵を切るロークさんも
かっこいいです!引き続きどちらも応援しています!

先日はお忙しい中、コメントありがとでした!
やはり医療職、中でも1日しか休みがないのは本当に
鬼畜ですね…病院でのお仕事本当にお疲れ様です!

デレマス総選挙はやはり、普段使用しているアイドルに
声がなかったら寂しいですし、声入れてほしいアイドルに
つぎ込みますよね~(笑) 総選挙はその辺の意味合いも
ありますよね。!悔いが残らないよう、最後まで
お互い、各アイドル達の応援を頑張りましょう!!
では読んでくださり、ありがとでした☆

2019/05/05 17:48 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

こんばんは( ¯﹀¯ )/+*

いよいよ戦闘開始、ロークVSアレクサンドラという展開ですね。
アレクサンドラの武器はマシンガンが内蔵された槍。
一方ロークの武器は剣ということで、
この世界では銃がどれぐらい有効なのか…
これまでの展開では銃はなかなか当たり難い武器だという印象を感じます。
「ファイナルファンタジー」でも銃よりも剣の方が威力がありますからねえ。

2019/05/05 19:29 | らす [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

敵も味方もかっこいい!!
・・・というのを目指したので。
アレクサンドラもかっこいいとコメント頂き、
誠に感謝しております。
アレクサンドラの見せ場はまだまだこれから!!


仕事は。。。
うん、死ぬな。。。
ってぐらいですね。
連休中だから、職員はいないけど、
患者はたくさんいるという負のスパイラル状態。。。
( 一一)

2019/05/05 19:58 | LandM [ 編集 ]


らす 様へ 

リアル世界ほど、銃は強くないですね。
最大の理由は魔法防御というのがあるので。
アレクサンドラのマシンガンでも、
牽制になる程度で致命傷にはなりにくいです。
良い指摘で、この辺は王道ファンタジーFFを参考にしてます。
(∩´∀`)∩

良い指摘のコメントありがとうございます!!

2019/05/05 20:00 | LandM [ 編集 ]


 

ついにアレクサンドラが自ら出るんですね。
相手もこちらも死力を尽くした戦いになりそうですが、
果たしてどちらに軍配が上がるのやら……。
直感というスキルは味方なら頼もしいですが、
敵だと本当に厄介な能力ですね。
因縁の戦いの決着も気になります|ω・`)

2019/05/06 20:46 | ツバサ [ 編集 ]


はうー。 

緊張感が増してきましたねー。
アレクサンドラさんの直感は
ちょっとずるいのです~。
コレは致命傷を与えるのも難しいかも?
ロークさんのアングロバストも
すごいのですけど当たらなければ
どうということではないですモノね。
かなり苦戦しそうですねっ。
ギリギリのやり取りカッコいーのです。
どきどき。
連休中お仕事たいへんでしたねー。
お疲れ様でした。

2019/05/06 22:11 | TYPE MM04 [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

因縁の対決。どうなるか。
ってところですね。
まあ、拍子抜けするかもしれないし。
どうなるかは、その人次第!!ってことですね。

直感はある程度なら問題ないですけど。
アレクサンドラの直感は反則級なので。
これが顕在化すると、敵としてはかなり厄介。
ってことで描写されています。
( `・∀・´)ノ

2019/05/07 16:43 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04様へ 

まあ、ちょっと、ではなくて、かなりズルいって話ですね。
彼の直感は。
それでなくても、魔王の存在自体がズルいので。
それを考えると、反則級の人が多いのがグッゲンハイムってことです。

GWが終わって、ようやく一息ってところですね。
忙しい時期は終わったので、少しゆっくりしてます。
お気遣いいただきありがとうございます。
(*'▽')

2019/05/07 16:45 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3517-f90e32f4

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード