FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2019/05/18 (Sat) 23話(11月12日14時 グラド)

ラキル立ち絵01

23話(11月12日14時 グラド)





ラキル
「え~~~~~と。。。。」



クロン
「できれば。」



ラキル
「わあ!!」


クロン
「投降してくれると助かる。
 一歩でも動けば殺す。」






カチン。









フーーーーーーーーーーーーー。





クロン立ち絵02




・・・。
・・・・・。
・・・・・・・・。
こんなときでも煙草を吸うのか。。。
魔王殿は。。。
まあ、それを気にしても仕方ない。




クリスティの観測者。
それも同時に捕虜にすれば。
かなり有益な展開になると思う。
特に、魔王がそういうことの展開に持ち込めるのは大きい。
魔王なら色々な優位な展開に持ち込めるだろう。
それを考えると、やっぱり状況が良くなる。










ラキル
「・・・・分かりました。投降します。。。。」



クロン
「出来れば、
 二人が捕まったことを他の仲間にも知らせてくれないか?
 残りの部隊にはなるべく死んでほしくないから。
 早めに撤退してほしい。」



ラキル
「・・・・仰せのままに。」



クロン
「助かる。心配するな。国際条約に従って、丁重に扱うさ。」








s3(昼)




ヒュウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!














観測者は。
信号弾を出していた。
おそらく、二人が捕まった・・・という旨の信号弾だと思う。
これで撤退してくれると思うが。。。
あ、いや、撤退しなくてもいいのか。
その展開だと、アレクサンドラの部隊を包囲できる。
完全包囲してしまえば、もうアレクサンドラの部隊も全滅させることはできる。
どのみち、こちらの勝利は変わらない。




信号弾を出したことで。
敵の士気も落ちるだろう。
その中で戦えば、おそらく勝てるだろうし。
どのみち。
これで俺たちの勝利は絶対!!
・・・に近づくという展開になる。








クロン
「では私はクリスティとともに自陣に戻る。
 グラドはソイツを連れて行ってくれ。」


グラド
「分かりました。」





ズズズズズズ・・・・・・・・・・・・。







空間転移の魔法。
相変わらず、チートな魔法だよな。
一瞬で、思い通りの場所に行けることができるんだから。
誤差は多少あるにしても、かなり有益な魔法だ。
残念なのは、魔王を含めて二人しか移動できないことだけど。
まあ、その辺は難しいのだろう。





さて。
魔王が自陣にクリスティを持っていけば。
もう任務達成だ。
最悪、そこの観測者は逃げてもそこまで問題にはならない。
問題にならないが・・・まあ、逃がしたら怒られるのは間違いない。
そこはちゃんとしよう。
彼もクリスティの観測者なのだ。
それなりの情報と権限は持っているだろう。







ラキル
「え~~~~。さっきの。。。
 単独の空間転移が出来るってことは。。。
 ひょっとしたら、魔王?ってこと?」


グラド
「多分。」




ラキル
「やれやれ。
 アレクサンドラ隊長も魔王と戦わない方が良いって言ってたけど。
 確かに、単独の空間転移の魔法が使えるだけで十分、反則の魔法使いだよね。
 アレクサンドラ隊長が言ってたことが分かる。」



グラド
「それは俺も思う。」





・・・。
・・・・・。
・・・・・・・・。
・・・・・・・・さて。
この観測者を連れていくか。。。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<24話(11月12日14時 アレクサンドラ) | TOP | 22話(11月12日14時 グラド)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/3527-fc0f5074

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード